トヨタ自動車博物館

6月9日、日本一周クルーズ中の「にっぽん丸」は最後の寄港地、名古屋に停泊中。
アヒル船長はオプショナルツアー「日本で唯一の『磁気浮上式鉄道(リニモ)』体験乗車と懐かしの乗り物探訪」に同行です。前回のブログでは「JRリニア・鉄道館」をレポートさせていただきましたが、鉄道の次は自動車です。
ここは愛知県、自動車というといえば何と言ってもトヨタ。
オプショナルツアーの次の訪問先は「トヨタ博物館」です。

トヨタ博物館は、平成元年にトヨタ自動車創立50周年を記念して建てられ、平成11年には、新館もオープン。本館、新館あわせて 19,250平方メートルという広大な施設に160台もの車が展示されています。
その展示内容はトヨタ車だけに限らず、ガソリン自動車誕生からの100年の歴史を、実車や、古いものはレプリカで展示しています。
本館1階は、シンボルゾーンやショップ、2階は自動車の黎明期から日本車の誕生まで、3階には日本車が展示され、自動車関係の書籍が1万冊以上。


展示されている自動車に目を向けると、これはベンツの「パテント モトール ヴァーゲン」のレプリカ。
1886年のガソリン自動車第一号と言われているそうです。馬車に代わるものとして考案、最初は三輪車だったのですね。
なんとエンジンは「水冷式」! 時速15キロメートルだそうです。  



次はイギリスの「ランチェスター、1904年製です。 独創的な水冷、水平対向エンジンだけでなく着座時の目の高さ、サスペンション、全自動給油装置など、独自の設計により、視認性、安全性、乗り心地などを追及したそうです。

館内では「ガソリン自動車誕生からの歴史」ガイドツアーもあり、きっちりと教育されたと思われるコンパニオンの女性が説明してくれます。コンパニオンの数も多く、少人数のグループでも対応してくれました。

スタッフ同士で、新人のスタッフを教育されている様子も見られました。
建物や設備だけでなく、人も教育して伝えていく、この辺にトヨタ自動車のパワーを感じます。

さて、鉄道、自動車と陸上の乗り物の世界を楽しんだ後は、船に戻って最後の夜を満喫しましょうか。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年08月03日 | Permalink

名古屋 JRリニア・鉄道館

にっぽん丸は6月9日の朝、日本一周クルーズ最後の寄港地、名古屋に到着しました。
5月31日に名古屋から乗船されたお客様はこの日で下船となりますが、神戸・博多乗船組のお客様は夕方6時の出港までゆっくり名古屋観光です。


今回のクルーズで初めての小雨の中、アヒル船長はオプショナルツアーのひとつ、「日本で唯一の『磁気浮上式鉄道(リニモ)』体験乗車と懐かしの乗り物探訪」に同行させていただきました。JR東海のリニア・鉄道館を訪ねるツアーです。乗り物好きにはたまりませんね!


ところで「リニア」と言うので、JR東海のリニアモーターカーだけが展示されているのかと勝手に思っていたアヒル船長でしたが、このリニア・鉄道館、外から見ると、なんだか大きな建物です。
それもそのはず、中に入ってみると、リニア鉄道の技術解説の展示や車両のモックアップはもちろんのこと、なんと本物のJRの鉄道車両が39両、そして歴代の在来線、新幹線の実物車両が、広々とした展示場にゆったりと鎮座していました。


SL時代のC62機関車や、新幹線300X、超伝導リニア試験車両。いずれもその時代の世界最高速度を記録した車両です。人々の夢を乗せ、新しい時代を切り開き…いつの時代も変わらない挑戦の記録が本物だけが持つ存在感とともに迫ってきます。

実際に見て、触って、乗ってみることができる車両も展示されており、新幹線や在来線の運転シュミレーターや、在来線の車掌体験もできます。
ただし、こちらは有料で抽選となっており、夏休みとなった今では、館内はきっと目を輝かせた子供達で一杯でしょう。

オプショナルツアーはまだまだ続きます。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年07月30日 | Permalink

日本の闘牛

突然ですが、日本でも闘牛が行われていたのをご存知ですか!?
今日は闘う牛のお話です。
では、早速ご登場いただきましょう、にっぽん丸を背に現れたのは白樺王、7歳のオスです。


顔に飾りを付けていますね。久慈市の平庭高原では、東北地方で唯一、闘牛が行われていて、これは闘牛の出で立ちなのです。白樺王の番付は横綱。体重は1トンあるそうです。

なぜ東北で闘牛なのか。少し歴史を紐解いてみます。
にっぽん丸が停泊している久慈を含む、青森から岩手県北部にかけての太平洋沿岸地域は、献上品にも用いられた優秀な「南部駒」で有名ですが、馬と並んで「南部牛(なんぶうし)」も重要な特産で、江戸時代には多くの農家が数頭の牛を飼い、荷物などを運ぶ役牛として利用されていたそうです。

岩手県の沿岸部の村では農閑期には海水を利用して塩が生産されていましたが、南部牛は塩を背に積んで内陸部に輸送する「駄替え」と呼ばれる交易に活躍しました。北上山地を超えて盛岡方面まで運ぶこの交易ルートは「塩の道」と呼ばれました。

牛による交易は発達し、やがてより多くの牛を利用した輸送を生業とする「牛方(うしかた)」という人々が現れました。このような中で生まれたのが有名な『南部牛追い歌』です。

ところでこの「牛追い」という言葉、牛を「追う」なのですね。
牛は馬のように人が先に立って「牽く」ものではなく、人が後ろから「追い立てて」移動させます。ところが牛たちを制御するのは実は大変で、牛には強い牛に従って群れを形成する習性があるため群れの中での順位が明確でないと進む方向が決まらずケンカをしてしまうのだそうです。
逆に、先頭を歩く牛が決まっていると、群れの統制がとれ移動させやすいのだそうです。

ここでいよいよ、闘牛のルーツです。
群れの中のリーダーを決めて統制がとれるように、牛方たちは春に牛同士を戦わせる「角突き」を行いました。この角突きが現在の闘牛の起源となりました。

現在は、観光として闘牛が行われていますが、平庭高原では明確に勝敗がつく前に引き分けで試合を終わらせます。これは、徹底的に戦わせてしまうと負けた牛は闘争心をなくし、それ以上戦えなくなってしまうためなのだそうです。闘牛に関わる人は牛を飼育している畜産農家。「わが子同然」の牛をいたわり、長く一緒に闘牛を楽しむために守られている決まり事です。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年07月23日 | Permalink

本州北のはての下北ワイン

にっぽん丸の日本一周クルーズ、この日6月6日は大湊に寄港中です。

鉄道でいうと大湊は本州北の終着駅。
この先は線路がなく、あの有名な恐山のある荒涼とした土地をイメージしますが、意外なことに、ここにブドウ畑とワイナリーがありました。下北のワインです。


冬は雪にとざされ、初夏でも「やませ」が吹くと一気に気温が下がってしまうこの地域ですが、陸奥湾の水深が浅いため、太陽熱で暖められた海水の影響で気温が保たれ、周辺でのブドウ栽培が可能となっているのだそうです。
除草剤を一切使用せず、減農薬(青森県認定)でワイン造りに取り組んで、ワイン作りを成功させ見事賞まで取ったワイナリーです。


さて、お味見です。
遅い春と短い夏のおよそ100日で育った、ビノ・ノワール品種の赤ワイン。
涼しい気候を好み、早熟であるピノ・ノワールは温暖な気候で栽培するとかえって成熟しすぎ香りが飛んでしまうので、下北での栽培には向いているようです。
ただし、大変デリケートな品種なので栽培も難しいそうです。
ライヒェンシュタイナー品種を使用している白ワインは、少し甘口でデザートを頂いているようなワインでした。

今回、オプショナルツアーで訪れたお客様も、ワイナリーで試飲し、その美味しさ知ると皆さん購入されていました。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年07月19日 | Permalink

佐渡金山で金の延べ棒つかみ取り!?

6月5日、にっぽん丸は佐渡島に停泊中。寄港地観光で佐渡金山に来ています。

歴史では佐渡は流刑地。大河ドラマや時代劇で「佐渡送り」とは、重罪人が罪の償いとして金山の労働力として酷使され一生を終えることとして描かれます。(ドラマなどではかなり脚色も入り実際とは違う部分もあるようですが。)

そんなドラマチックな要素に満ちた佐渡金山とはどんなところだったのかというと…

佐渡金山では1601年に金脈が発見され、江戸幕府の所領となって以来、幕府の財源を支えるだけでなく、世界にも知られるようになるほど大量の金と銀が産出されました。江戸から平成まで388年間に産出した金は78トン、銀2,330トンにのぼり、まさに日本最大の金銀山でした。

坑道は東西3,000メートル、南北600メートル、深さ800メートルに渡って、まるでアリの巣のように拡がります。その総延長は何と約400キロメートルに及び、佐渡~東京間の距離と同じだそうです。


当時の史跡として公開されている、道遊坑、宗太夫坑の中へ。
採掘当時を再現した人形などが展示してあり、当時の様子を知ることができます。

鉱山では通常、坑道を掘り進むと湧水が出ます。この水を運び出す役割を担っていたのが「水替人足(みずかえにんそく)」と呼ばれる人々ですが、真っ暗な中で海底よりも深い地底に延びた坑道に噴出する湧水を運び出す労働が如何に過酷だったかが伺えます。
水替人足は過酷な仕事ゆえに賃金も良かったようですが、あまりの重労働に次第になり手が少なくなり、やがて罪人が働き手として送り込まれるようになったのだそうです。このように水替人足として送り込まれることを「島送り(佐渡送り)」と言い、昨日のブログで書いたような知識人に対する流罪である「島流し」とは区別されるそうです。


女性の手では持ち上がりもしませんでした

坑道を出た後の金山資料館では、金採掘の流れや町並みなどを再現しています。
ここで面白いものを発見しました。その名も「金塊チャレンジ」。アクリルの箱に入った金塊を小さな穴から取り出すのですが、羊羹ほどのサイズでも重さ12.5キロもある金塊は、男性でも片手で半分持ち上げるのも大変です。そして首尾よく持ち上げることができても簡単には取り出せません。金塊を上から握るように持つと穴に手が引っかかってしまうのです。
では、どうするか? 指先に金塊を乗せるしかありません。
見事金塊を取り出すことが出来ると金塊をお持ち帰り出来る! 
そんなはずがなくちゃんとガードマンが見張っています。成功すると記念品がもらえるそうです。

金のアヒルですか、銀のアヒルですか…?


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年07月16日 | Permalink