飛鳥II チャータークルーズ 直前情報 ★その3★

郵船トラベル特別企画チャータークルーズ 飛鳥IIで航く 春の新宮・高知・別府クルーズ (横浜発着) 6日間 <2017年3月出発>

直前情報第3弾です!

横浜港出港まで1週間をきりました。チャータークルーズにご参加いただく皆さま、お荷物の準備は進んでいますでしょうか。

大きな荷物はすでに送ってしまった、という方もいらっしゃるかもしれませんね!

横浜港大さん橋国際客船ターミナルまでは、最寄りのみなとみらい線日本大通り駅からも徒歩で7分ほどの距離がありますので、ご自宅から港まで荷物を送ることのできる宅配サービスはとても便利です。今回のクルーズに限らず、ぜひ活用してみてくださいね!

さてさて、今日の関東地方は3 月とは思えない寒さですが、横浜を出港する3月20日は今のところ雨の予報はでておりません!


いい天気になりますように!

出港は17時を予定していますので、天気が良ければ出港後、海に沈む夕日をご覧いただけるかと思います。また、港から夕暮れの横浜を背に出港する飛鳥IIを見送るのもおすすめです!


投稿者名 せんべい 投稿日時 2017年03月15日 | Permalink

ぱしふぃっくびいなす 菜の花シーズンの館山港より


東京駅から約1時間半の高速バスで館山に到着。そこは温暖な気候と一面、黄色の菜の花畑。館山港は駅から徒歩約20分に位置し、国内でも珍しく海に突き出た岸壁なのです。ですから岸から岸壁までは約300Mの歩道を歩くことになりますが(乗船客にはシャトルバスあり)、出港時の地元中学生のプラスバンドによる演奏、大漁旗、多くの市民に見送っていただき感動、感動!!


何と、地元高校のボート部が見送りに駆けつけ、若者のパワーをいただきました。そして小高い山頂にある館山城へ”また来るね~”と心の中で叫びながら、館山港を後にしました(翌朝は名古屋港入港・下船)。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2017年03月13日 | Permalink

飛鳥II チャータークルーズ 直前情報 ★その2★

郵船トラベル特別企画チャータークルーズ 飛鳥IIで航く 春の新宮・高知・別府クルーズ (横浜発着) 6日間 <2017年3月出発>

直前情報第2弾です!

6日間をかけて新宮、高知、別府を巡る、今回のチャータークルーズのテーマは『桜Style』。

3月24日(金)の終日航海日は“桜Style Day”となっており、船内でのイベントをお楽しみいただく一日となっています。各種船内イベントのほか、桜御膳の昼食や“桜Styleスペシャルディナー”など春を感じていただけるお食事をご用意して皆さまをおもてなしいたします。

ご乗船いただくお客様にもワンポイントで“桜色”を身に付けてお過ごしいただきますので、桜色のアクセサリーや小物があればお忘れなくお持ちくださいね!桜色が見つからないという方は、ご乗船の特典としてお渡しする“桜Style記念ピンバッジ”を身に付けてお過ごしください!

3月20日(月)横浜港出港の際は、桜色のロゼワインや色とりどりの紙テープを利用した“桜Style 出港セレモニー”も予定しています。このセレモニーは船上のお客様だけではなく、岸壁にいる方も一緒に楽しむことのできるセレモニーとなっています。

普段はなかなか遭遇することのできないセレモニーですので、お時間のある方はぜひ横浜港にお越しください!


出港セレモニーもお楽しみに!(写真はイメージです。)


“桜Style”オリジナル特典も多数ご用意!


投稿者名 せんべい 投稿日時 2017年03月10日 | Permalink

飛鳥II チャータークルーズ 直前情報 ★その1★

郵船トラベル特別企画チャータークルーズ 飛鳥IIで航く 春の新宮・高知・別府クルーズ

横浜港出港まで、残り10日あまりとなりました!

チャータークルーズにご参加のお客様は、お手元に届いた書類をもとに、そろそろ準備を始めていらっしゃる頃でしょうか。

私ども郵船トラベルのスタッフも、皆さまにお会いできる日を心待ちにしながら、最終チェックに励んでおります。

これからチャータークルーズの出発に向けて、プチ情報などをお伝えしていきたいと思いますので、どうぞお付き合いください!

今回のチャータークルーズにはご参加いただけなかった方も、次回のクルーズの参考にしてみてくださいね!


皆さまのお手元にも届きましたでしょうか。


投稿者名 せんべい 投稿日時 2017年03月09日 | Permalink

2017年平昌冬季オリンピックが楽しみ!

韓国セミナーにて

2017年2月韓国の平昌にて開催される冬季オリンピックが楽しみです。前哨戦とも言われる世界選手権にて日本人の選手がかなり良い成績を残しておりますね。想えば、1972年札幌冬季オリンピックの男子団体ジャンプスキー大会で金・銀・銅を総なめしたことが脳裏に焼き付いています。現在のユニフォーム、道具とは異なる素材だったのでは思いますが、”日の丸部隊”は感動そのもの、そして長野冬季オリンピックもしかり。本番に一番力を発揮する体調で臨むのは並大抵の努力ではないでしょうね。年1回の健康診断で2週間前からダイエットして減量する自分が恥ずかしいです。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2017年03月07日 | Permalink