選択されているタグ : リバークルーズ

3月3日は人気リバー船でイラワジ川を悠々クルーズしませんか?12月22日までの募集です。

沈む夕日に映えるバガンの仏教遺跡群。ああ、この風景が見たかった!


ここがイラワジ川のハイライトです。

2016年3月、新しい民主化政権が発足し、11月にはアウンサンスーチー国家顧問が来日し、安倍首相と会談が開かれたことで記憶に新しいミャンマー。長い軍事政権下の間は観光も制限され、バガンを代表する仏教遺跡群はあたかも秘境かのごとく、日本からも気楽に訪れることは難しい場所でした。
時は流れ、イラワジ川沿いのマンダレーとバガンの間になる古い王朝や仏教遺跡群は世界から注目され、今や多くの人々がそれらに魅了され訪れています。


ところがミャンマーは1年を通して高温多湿の国。乾季の3月は最高気温が40℃まで達することもあり、ここで大活躍するのがリバークルーズ船です。午前、午後と観光をしてお昼はゆったり船で休憩しますので、体調にあわせてお過ごしいただくことができます。また、ミャンマーのインフラはまだまだ遅れていてイラワジ川にはほとんど橋がかかっていません。このため、陸路での観光ですと、両岸にある観光地に訪れるためにはフェリーの利用や迂回を強いられてしまいます。それもあり、リバークルーズ船は大活躍なのです。


マホガニーをたっぷり使った落ち着いた内装のオリエント・パンダウ

今回ご紹介するのはチーク材をたっぷり使ったコロニアル風のリバークルーズ船、オリエントパンダウ。アジアのリバークルーズには定評があり、メコン川でも多くの船が就航していて欧米のお客様には高い評価を得ています。暖かいサービス、地元の特産品を使い、洗練されたアジア料理は日本のお客様にも毎日食べても飽きないと、好評を博しています。


人気のミャンマーカレー「ヒン」

味も盛り付けも繊細なお料理


新鮮な野菜たっぷりのビュッフェもご用意


ここからクルーズは始まります

マンダレーの船着場から仏教遺跡がお出迎え。繊細な白い塔が丘の上に並んでいます。このあたりは良質の大理石が産出されることもあり、白く美しい建築物が多いのです。特に有名なのがマンダレーより上流にあるミングォンのシンビューメエ。他界した王妃のために建てられた須弥山に見立てた仏塔です。


7段になった波状の回廊は須弥山の山並みを表しています。


馬車はインワ観光の強い味方です。

次に訪れるインワはかつて王朝のあったところ。14世紀から約400年間もビルマ族王朝の都として栄えました。総チーク製のパガヤー僧院など見所も多く、それらが点在しているので観光には馬車がうってつけ!


なんともフォトジェニックなウー・ベイン橋を渡る僧のシルエット!

ウー・ベイン橋は19世紀前半にインワからアラマプラに遷都された際、インワの旧王朝からチーク材を運ぶために架けられた1.2kmもある木造の橋。160年間も修復されながら利用され、現在でも人々の生活に役立っています。


まだまだご紹介したい場所が目白押しのイラワジ川流域なのですが、ここで皆様に朗報!ずっと満席であったオリエント・パンダウ イラワジ川クルーズに若干の空席ができました。12月22日(木)でお部屋を返す都合で締切が迫っていますが、どうぞこのチャンスにお急ぎご検討下さい。
成田発着の航空機は安心の全日空、ヤンゴンとの往復は乗り換えなしの直行便です。到着日の夜は、ヤンゴンのシンボル、シェダゴォン・パヤーの黄金に輝く姿をご覧いただきます。
今一番行ってみたいアジアの国、ミャンマーに是非この機会に訪れてみてはいかが?


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2016年12月12日 | Permalink

ドナウ川クルーズ 発売開始♪

カテゴリー3

カテゴリー3

ドナウ川クルーズが発売となりました!!

昨年のクリスマスにも設定をし、好評をいただきまして
今年も設定しました!
クリスマスムード一色のドイツとオーストリアを訪ねる
ドナウ川クルーズです。

船は大きくはありませんが、木目調のヨーロッパスタイルで
落ち着いた暖かい雰囲気が漂っていました。
クリスマスクルーズということで、船内にはツリーが飾られ、部屋の扉にも小さなオーナメントが掛けられていました☆
そして、クルーもみんなフレンドリーですのでアットホームな
印象を受けました。



そして、旅のメインは各地のクリスマスマーケットを
巡る事です!

どの街も中心地にある広場に小屋が建ち並び、
オーナメントや伝統菓子が売られていますが、同じ国でも
都市が違うと、マーケットの印象が変わるんです☆
雪が降り積もる寒さではありますが、名物のソーセージや
グリューワインを片手にお楽しみいただけます。

マーケットの他にも、クラシックの聖地ウィーンでは
サロンコンサートへ
各地の教会では厳かなオルガン演奏
聴く事もできます♪

パンフレットもございますので、ご希望の方はご連絡ください。
お送りさせていただきます。
また、ご質問等がございましたらお気軽にお問い合せください。



「今から、クリスマス!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、皆さんも今年のクリスマスは、日本とは一味違うヨーロッパのクリスマスを過ごしてみませんか。
ぜひ、お待ちしております。


投稿者名 gluckspilz 投稿日時 2010年06月22日 | Permalink