ご愛顧感謝プレゼントキャンペーン!

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、郵船トラベルのウェブサイトからツアーの申込み、ご成約いただいたお客様の中から抽選で『2017年ウィーン国立歌劇場カレンダー』をプレゼントいたします!



【『2017年ウィーン国立歌劇場カレンダー』プレゼントキャンペーン】
対象期間:2016年10月11日(火)~2016年11月11日(金)
対象となるお客様:上記期間内に、郵船トラベル音楽ツアーをウェブサイトのお申込フォームからお申込いただき、ご成約いただいたお客様の中から10名様(ご家族でお申込の場合には代表者1名様)

※ 当選の発表は発送をもって代えさせていただきます。


投稿者名 music2 投稿日時 2016年10月11日 | Permalink

速報!来年1月~4月までの新ツアー発表(2)


新ツアー速報!続きましては、新年のオペレッタの旅、そしてMET来シーズン後半の
ハイライトといえるツアーをご紹介します!

【1月4日発】音楽評論家 田辺秀樹と行く オペレッタへの旅 10日間
 2017年1月4日(水)~ 1月13日(金)
 498,000円(2名1室/エコノミークラス利用)
 新年のウィーン、バーデン、ブダペストでオペレッタ5公演を鑑賞!
 フォルクス・オパー ベナツキー《天国の扉の前に立つアクセル》
           カールマン《サーカス女王》
 ・バーデン市立劇場 J.シュトラウス2世《ローマの謝肉祭》
 ・ウィーン国立歌劇場 J.シュトラウス2世《こうもり》
 ・ブダペスト国立オペレッタ劇場 カールマン《伯爵家令嬢マリツァ》
 ※上記公演のほか、別手配(別料金)で《セヴィリアの理髪師》《夢遊病の女》
  トンキュンストラー管弦楽団コンサートなども鑑賞可能!

 上記5公演の鑑賞チケット代込み!!

【4月21日発】華麗なるメトロポリタン・オペラ!陽春のニューヨーク6日間
 2017年4月21日(金)~4月26日(水)
 448,000円~458,000円(2名1室/エコノミークラス利用)
 METライブビューイング公演《エフゲニー・オネーギン》と、新制作《ばらの騎士》!
 [4月22日]ネトレプコ&ホヴォロストフスキー出演《エフゲニー・オネーギン》
 [4月24日]フレミング&ガランチャ出演《ばらの騎士》~新制作~
 上記2公演の鑑賞チケット代込み!!

【5月4日】華麗なるメトロポリタン・オペラ!陽春のニューヨーク6日間
 2017年5月4日(木)~5月9日(火)
 518,000円~528,000円(2名1室/エコノミークラス利用)
 新制作《ばらの騎士》と 豪華スター歌手が集結!
 リンカーンセンター創立50周年記念ガラコンサート!!
 [5月5日]フレミング&ガランチャ出演 《ばらの騎士》~新制作~
 [5月7日]リンカーンセンター創立50周年記念ガラコンサート
 (出演予定:P.ドミンゴ、R.フレミング、A.ネトレプコ、E.ガランチャ、
 D.ダムラウ、J.ディドナート、P.ベチャワ、J.D.フローレス、
 J.カマレナ、R.パーペ、M.ポレンザーニ、R.ヴィラゾン、S.ヨンチェーヴァ、
 V.グリゴーロ、M.クヴィエチェン、S.グラハム、F.フルラネット、
 Z.ルチッチ、K.オポライス、M.フォレ、J.モリス、I.レナードほか

 上記2公演の鑑賞チケット代込み!!

 ★コンパクトな6日間の行程で世界最高峰のオペラに出逢える充実のプログラム、
 来シーズン見逃せません!!


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年09月02日 | Permalink

11月~3月までの新ツアー発表です!!(1)

早いもので、8月もあとわずかとなりました。 
このブログも、約2か月ぶりの更新です。

お待たせをいたしました、11月以降の新ツアー発表です!

【11月20日出発】ロンドン&ミラノ&チューリヒ!珠玉のオペラ紀行10日間
 2016年11月20日(日)~11月29日(火) 
 698,000円(2名1室/エコノミークラス利用)
 ヨーロッパ屈指の名門歌劇場めぐり!
 「コヴェントガーデン王立歌劇場」「ミラノ・スカラ座」「チューリヒ歌劇場」
 ダムラウ、グリゴーロ、ハンプソン、パーペ、キーンリサイド、ハルテロス、
 ラドヴァノフスキー、ヨンチェーヴァ・・・ スター歌手達の競演!!
 ※スカラ座博物館、ルツェルン近郊トリプシェンのワーグナー博物館等にもご案内します。


【1月28日発】 モーツァルト紀行「ザルツブルク・モーツァルト週間」&
           ウィーン10日間
 2017年1月28日(土)~2月6日(月)
 478,000円~498,000円(2名1室/エコノミークラス利用)
 
 世界最高峰の演奏家たちによる、モーツァルトの珠玉の音楽に出逢える旅!!
 ウィーン国立歌劇場 キーンリサイド&レシュマン他 《ドン・ジョヴァンニ》
 コンツェルトハウス A.シフ「カペッラ・アンドレア・バルカ」
 モーツァルテウム ティチアーティ&M.J.ピリス「スコットランド室内管」
 祝祭大劇場 Y.N.セガン「ウィーン・フィル」オール・モーツァルトプログラム
 フェルゼンライトシューレ M.ミンコフスキ「ルーブル宮音楽隊」《レクイエムニ短調》
 祝祭大劇場 A.フィッシャー「ウィーン・フィル」《交響曲第41番「ジュピター」》他
 
 
 【3月17日発】春のドイツ&オランダ!珠玉の音楽紀行11日間
 2017年3月17日(金)~3月27日(月) 
 598,000円(2名1室/エコノミークラス利用)

 ドイツ&オランダ、来シーズン注目のプログラムが目白押し!!
 H.ブロムシュテット指揮「ゲヴァントハウス管弦楽団」オール・ベートーヴェン・プロ
 ゼンパー・オパー(ドレスデン国立歌劇場) 《ドン・ジョヴァンニ》
 K.ペトレンコ指揮「ベルリン・フィル」モーツァルト《交響曲第35番「ハフナー」》
                    チャイコフスキー《交響曲第6番「悲愴」》
 T.ヘンゲルブロック指揮「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」
                   シューベルト《交響曲第7番「未完成」》
                   モーツァルト《レクイエムニ短調》!! 


 4月以降のツアーも続々発表予定です。どうぞお楽しみに!
 


ロイヤルオペラハウスのホワイエ


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年08月30日 | Permalink

速報!秋以降の音楽ツアー企画


【華麗なるメトロポリタン・オペラ!秋のニューヨーク7日間】
2016年9月29日(木)~10月5日(水)

--- リンカーンセンター創立50年、新シーズンのオープニングを飾る
《トリスタンとイゾルデ》(S.ラトル指揮)と、
F.ルイージ指揮&S.キーンリサイド出演《ドン・ジョヴァンニ》を鑑賞!

※申込は受付中! 詳細パンフレットは、6月中旬完成予定

【華麗なるメトロポリタン・オペラ!秋のニューヨーク7日間】
2016年11月19日(土)~11月25日(金)

--- 圧倒的な存在感で魅せるA.ネトレプコ、&M.アルヴァレス出演《マノン・レスコー》
METならではの豪華な舞台が魅力の《アイーダ》を鑑賞!!

※申込は受付中! 詳細パンフレットは、6月中旬完成予定


【南ドイツ~フランス・アルザス~チューリヒ10日間】 
2016年11月19日(土)~11月28日(月) 

--- モーツァルト・オペラ3公演&レクイエム鑑賞!
ダムラウ出演《フィガロの結婚》(バイエルン国立歌劇場)、
鬼才クルレンツィス指揮《後宮からの逃走》(チューリヒ歌劇場)、
キュヴィリエ劇場《コジ・ファン・トゥッテ》など

※申込は受付中! 詳細パンフレットは、7月中旬完成予定


【ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート鑑賞ウィーン6・7日間】
2016年12月29日(木)~2017年1月3日(火)
2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)

--- 2017年の指揮者は、歴代最年少となる G.ドゥダメルが登場!

※申込は受付中! 詳細パンフレットは6月中旬完成予定


【年末年始ドイツ!ジルベスター・コンサート鑑賞!ライプツィヒ&ドレスデン、ベルリン】
2016年12月28日(水)~2017年1月3日(火)

--- S.ラトル指揮&D.トリフォノフ(ピアノ) 「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」
--- C. ティーレマン指揮 「シュターツ・カペレ・ドレスデン」
--- A.ネルソンス指揮 「ゲヴァントハウス管弦楽団」 ベートーヴェンの《第9》

※申込は受付中! 詳細パンフレットは7月上旬完成予定


上記のほか、ザルツブルク・モーツァルト週間(2017年1月予定)、
バーデン・バーデン イースター音楽祭、ザルツブルク・イースター
音楽祭(2017年4月予定)など、続々企画中!どうぞご期待ください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
お問い合わせは下記までお気軽にどうぞ!

下記の「総合お問合せフォーム」をご利用下さい。
「お問い合わせ内容」欄に「ご希望のツアーパンフレット希望または申込希望」とご入力下さい。




投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年06月15日 | Permalink

新特集ページのお知らせ♪ペーザロ・ロッシーニ音楽祭

2008年より、ほぼ毎年実施のオペラツアーのひとつ。
オペラファンを魅了し続けるペーザロ・ロッシーニ音楽祭の魅力とは・・・?

【音楽評論家 水谷彰良と行くペーザロ・ロッシーニ音楽祭】

**********************************************************************
1980年にロッシーニ生誕の地ペーザロで始まったこの音楽祭は、
ザルツブルク音楽祭やバイロイト音楽祭に匹敵する上演水準でも有名です。

学問的な研究を基盤にした取り組みでも知られ、1984年にアバド指揮で
《ランスへの旅》を蘇演して脚光を浴び、リッチャレッリ、カバリエ、
ヴァレンティーニ=テッラーニ、ホーン、デヴィーアらの出演で
ベルカントの復興にも寄与しました。

1989年にアカデミア・ロッシニアーナを創設して歌手の発掘と育成にも力を注ぎ、
23歳でデビューしたフローレスが瞬く間にベルカント・テノールの最高峰に成長を
遂げたことは皆さんご存知でしょう。
会期は8月お盆前後の2週間。オペラ3演目をメインに若者公演《ランスへの旅》、
有名歌手によるベルカント・コンサートを含めた多彩なプログラムも魅力的です。

観客の約6割が女性でリピーターも多く、34か国から訪れる外国人が約65%を占め、
日本人の観客がフランス、ドイツ、イギリス人に続いて4番目に多いことも満足度の
高さを証明します。(本文より)
**********************************************************************

特集ページには、写真、ツアーレポートなども満載。

今夏は、マリオッティ指揮&フローレス主演《湖上の女》(新制作)
シュロット&ペレチャッコ主演《イタリアのトルコ人》(新制作)、
A.シラグーザ主演《バビロニアのチーロ》の3公演に、もう一か所どこかの
音楽祭とを組み合わせたツアーを企画中です!!


若き日のロッシーニの肖像


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年01月19日 | Permalink