オペラやコンサート鑑賞後のタクシー事情

オペラやコンサート鑑賞後、カーテンコールに盛り上がり、
劇場の雰囲気も後押しし感動の余韻に浸る愉しみは、日本のそれとまた違って
かけがえのない体験です。

でも、オペラなどは3時間以上の演奏時間となることも少なく無いので、
終演時間の後の帰り道のことを考えるとやはり不安ですよね。
劇場に歩いていけるホテルなら安心ですが、ちょっと離れてしまう場合、
トラムや地下鉄、バスという手段が一般的ですが、遅い時間ですとそれも心配です。
そんなとき、タクシーは強い味方。
ちゃんと登録されたタクシー会社のものであれば、たいていは間違いは無いと
いってよいでしょう。

ただ、このタクシー事情、いざ現地に行ってみると色々と難しい場合があります。

例えば、

・劇場前にタクシーが待機できるスペースが無い。
・劇場前に停まっていても、台数が少ないので捕まえるのが大変。
・劇場自体が郊外や田舎町にある場合。そもそもタクシーが少ない。

流しのタクシーもヨーロッパではなかなかいませんので、利用するとすれば
タクシースタンドなどで待つしかありません。
劇場の近くにタクシースタンドが無い場合、どうすればよいでしょうか?

・劇場から一番近いホテルに行き、そこに停まっているタクシーを利用する。
・行きのタクシーの運転手と交渉して帰りも迎えに来てもらうよう頼む。
・ホテルまたは旅行会社に往復の専用車を依頼する。
・タクシー会社に電話して迎えに来てもらう。

悪天候ですと、さらにタクシー争奪戦が勃発しますので、早めに手配を
しておいたほうが安全ですね。

弊社のツアーでは、ツアーに組み込まれている公演で劇場まで徒歩10~15分
以上かかる場合には、往復バスでご案内をします。
また、オプションで選べる別手配公演などの場合には往復のタクシーの手配を
添乗員がお手伝いをしますので、安心です。
個人旅行の場合も、例えば帰り道だけの専用車を手配する、といったことも
可能ですので、ぜひお問合せください。

最後に、劇場別(?)タクシー事情を独断&勝手にランキングしてみましたので、
ご参考までに☆ 

【難易度★★★】
・フォルクス・オパー(ウィーン) 
・祝祭劇場(バイロイト)
・祝祭大劇場(ザルツブルク)
・モーツァルテウム(ザルツブルク)

【難易度★★】
・ロイヤルオペラハウス(ロンドン)
・楽友協会(ウィーン)
・アン・デア・ウィーン劇場(ウィーン)
・オペラ座ガルニエ(パリ)
・ベルリンドイツオペラ(ベルリン)
・シラー劇場(ベルリン)
・スカラ座(ミラノ)
・チューリヒ歌劇場(チューリヒ)
・コンセルトヘボウホール(アムステルダム)

【難易度★】
・バイエルン国立歌劇場(ミュンヘン)
・ウィーン国立歌劇場(ウィーン)
・コンツェルトハウス(ウィーン)
・ドレスデン国立歌劇場(ドレスデン)
・オペラ座バスティーユ(パリ)
・フィルハーモニーホール(ベルリン)


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年10月13日 | Permalink

安心、安全の旅のヒント『たびレジ』登録のススメ

「海外旅行・・・最近はちょっと不安が増えてきたし、家族も心配しているんです」

昨今の情勢も影響し、私たちもお客様からこういったお話をお聞きすることが

少なくありません。

みなさまは『たびレジ』をご存知でしょうか?

『たびレジ』
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

これは外務省が提供しているサービスで、海外旅行や海外出張される方が、日程や、

滞在先などを登録すると、最新の情報や緊急事態発生時にメールが届くシステムです。

メールアドレスは自分だけでなく、家族や職場のメールアドレスも登録が可能です。

実は、わたしも昨夏ドイツに出張に行った際に、このサービスを初めて利用しました。

ドイツに到着して数日が経ったとき、ミュンヘンの郊外のショッピングセンターで銃を使った

事件が発生しました。

発生後、1時間も経たないうちに(日本はその時点で深夜でしたので、

日本のニュースサイトは更新されていませんでしたが)、現地に持って行った

スマートフォンにメールが次々に届きました。

その後、約1時間おきに最新の情報がメールで届きましたが、

日本のニュースサイトにアップされたのは、事件発生から数時間経ってからでした。

当然、現地のテレビでは中継と報道が続いていましたが、英語ないしはドイツ語

ですので、正確な理解にはやはり限界があります。

『たびレジ』は日本語で最新の情報が入ってきますので、とても助かりましたし、

何より発信元が在外公館でしたので安心感がありました。

テロだけではなく、地震などの天災であったり、ジカ熱などの感染症情報など、

安全情報はひとつでも多く手に入れておきたいものです。

さらに、この『たびレジ』は旅行先で緊急事態が発生した際には、登録の電話番号が

滞在先への連絡も行われるそうですので、万が一のサポートも期待できます。



旅行のお守りのひとつとして、ぜひ一度ご登録をされてみてはいかがでしょうか?



投稿者名 マエストロ 投稿日時 2016年10月11日 | Permalink

うっかりホテルに忘れ物にご注意を

うっかり、ホテルに忘れ物・・・。

時差ボケにも身体が慣れてきたころ、旅も中盤を過ぎると、
ちょっとだけ緊張の糸がほぐれてしまうのも理由?のようです。
さて、そんな忘れ物、ホテルを出てすぐに気づけば対処できますが、
たいてい気づくのは翌日、とか、帰国便の機内だったりすることが多いです。
ホテルを離れて丸一日以上経つと、モノにもよりますが、
ほとんどの場合、残念ながら見つかりません。
忘れた人にとってはどれほど大事なものでも、ホテルにとっては日常茶飯事。

日本のように、ベッドメーキングが見つけて取り置いておきました、とか、
お客様にホテルから連絡をするなんてことは、ヨーロッパの場合は殆どありません。

忘れ物の多くは、メガネ、携帯やスマートフォンの充電器、アクセサリー、
時には○百万円もする宝石・・・!など様々ですが、小さいものばかりでは
ありません。ジャケットやコート、和服、、というケースもありました。

運よく見つかっても、ホテルから自宅に送ってもらうための送料は、
それなりの金額になります。
モノの値段によっては、保険料が加算されビックリするような金額になります。

忘れ物追跡のための調査にも、今は手数料が必要になるケースが増えていますので、
ホテルを出るときには、確認を必ず!
いうまでもなく、忘れないのが、何より一番の防御策ですね。


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年06月17日 | Permalink

寒い時期の旅のヒント

ベルリン(ジャンダルメン マルクト)のクリスマスマーケット


ヨーロッパでは冬の時期もたくさんの素晴らしいオペラやコンサートが
各地で開催されます。

ところが、日本から遥々出かけるとなると、春や夏に比べると
ちょっとだけ億劫になりますね。

「夏に比べると荷物が多くなるし、スーツケースも重くなるのでは?」
「ヨーロッパは日本より寒いし、日も短いから観光もあまり楽しめない?」などなど。

一方で、航空券やホテルなど年末年始などを除けば「割安」なことが多いので、
あたたかい時期に比べると、少しお得な料金設定になるというメリットもあります。


寒い時期ならでは!グリューワイン(ホットワイン)。身体の奥までポカポカになります。


さて、いざ寒い時期の音楽ツアーに参加することなった場合に備えて、
あると便利!なグッズなど、ちょっとだけお伝えいたします。

(1)マフラー、冬用の帽子、イヤーウォーマーなど
 → 特に朝晩などは、氷点下になることもあるヨーロッパの冬。
   マフラーは必須のアイテムですが、帽子やイヤーウォーマーなどもあると重宝します。

(2)カイロ
→ 貼るタイプの軽量のカイロなどは、やはりあると便利です。

(3)温度調節のしやすいアウター、インナー
→ ヨーロッパの多くの建物内と屋外とは、寒暖差があります。たくさん着込んで外に
  でかけたものの、屋内に入った途端汗だく・・・ということもありますので、
  温度調節のしやすいアウターやインナーをうまく利用すると良いでしょう。
  (小さいポーチにしまえるダウンジャケット、フリース地やヒート効果のある
  インナーなど軽くて重宝します)

(4)滑りにくい靴
→ 雪の多いヨーロッパは、雪が降っても都市部などは比較的、早い段階で融雪剤が
  撒かれますが、それでも路面凍結してしまうことが少なくありません。
  安心して旅を楽しむためにも、滑りにくい靴をご用意されると良いでしょう。

(5)オペラ、コンサート鑑賞のときにはショールやストールがあると便利
→ お洒落してワンピースやドレスなどお召しになると、首元などちょっと
  寒くなってしまうのでは?と不安になります。殆どの劇場、コンサートホール
  では、きちんと温度調節がされており、むしろ「ちょっと暑いかな」と感じる
  ことも多いのですが、寒さが苦手な方は、ショールやストールなど
  持って行くと便利です。(教会などでコンサートを鑑賞する場合などは、底冷え
  しますので、あたたかい服装で行くと良いでしょう)
  
(6)悪天候時には靴はクロークに預ける
→ 劇場やコンサートホールまで徒歩で行けるものの、冷たい雨や雪が降っていると、
  せっかくの靴が汚れないかどうか不安ですね。そんなときは、会場までは
  滑りにくい普段履きの靴で行き、クロークに預けて履き替えてしまいましょう。  
  クロークでは気持ちチップ(1ユーロ程度)を渡すとスマートです。

最後に、日本より空気が乾燥しているヨーロッパ。喉を傷めやすいため、
風邪の予防にマスクを・・・と思われる方も多いのですが、ヨーロッパでは、
マスクの着用は「顔を隠す=犯罪を企んでいる?」「危険な病気だからマスクをしている?」
、、と誤解されてしまうことが多いのが実状ですので、避けたほうが無難です。

 


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2016年01月19日 | Permalink

途中合流、途中解散のおはなし

『○○ツアーに参加をしたいのだけれど、
どうしても仕事の都合で最後の2日間が被ってしまう』

************************************

『既に▲▲来日公演のチケットを買ってしまったので、○○ツアーに
参加したいが出発日が重なってしまい、断念せざる得ない』

************************************

ときどき、こういったご相談をいただいております。

音楽ツアーは一期一会。
今年と同じ演目、歌手、指揮者などに、
翌年も出逢えることは殆ど無いのが実際のところです。

私たちは、海外の素晴らしい音楽の機会に1人でも
多くのお客様にご紹介し、感動の出逢いが実現することを
いつも願っております。

そこで、一部のツアーでは、こうしたご要望に応えられるよう、
「途中合流 & 途中解散」
など出来る限りのお手伝いをさせていただいております。

つまり、

『○○ツアーに参加をしたいのだけれど、どうしても仕事の都合で最後の2日間が被ってしまう』
 →帰国を2日だけ早めてホテルを減泊、航空券をアレンジすることも可能。

『既に▲▲来日公演のチケットを買ってしまったので、○○ツアーに参加したいが
出発日が重なってしまい、断念せざる得ない』
 →日本出発を1日遅らせて、航空券をアレンジし、行程の途中から合流することも可能。

こういったことが可能になるわけです。

※現地空港⇔ホテル間の往復、日本から現地までの航空便等
ツアーと別行動になる箇所はお客様ご自身でご移動となります。
(ご希望に応じて、送迎車などの手配が可能です)


ツアーにより対応ができない場合もございますので、
詳しくはお問い合わせ下さい。
また、原則として、手配開始はツアー本体の催行決定後となります。
変更の内容によって、別途手配条件が加わる場合もあります。

お問い合わせに際しましては、ご希望のツアー名と
「途中合流 & 途中解散」ご希望の旨を担当までお伝えください。





投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2015年08月11日 | Permalink