クルーズ乗船記

お客様によるクルーズ乗船記をお楽しみください

船旅がこんなに楽しいものだとは


埼玉県 C.S様

ご乗船いただいたクルーズ:
飛鳥IIで航く春の新宮・高知・別府クルーズ(横浜発着)6日間
(2016年3月20日~25日)


今まで船の旅はした事がなかったのですが、チャンスがあれば一度はしてみたいと思っていました。
今回、友人に誘われて、コースと日数が良かったので、「豪華客船」とはどんなものなのか、はじめて体験してみることになりました。

テレビやパンフレットで見ていても、やはり未知の世界。乗船するまでは期待よりも不安のほうが大きいくらいでしたが、乗船してみると船内すべてが「これが船の中なの?」と思うほど素晴らしく、嬉しい驚きでいっぱいでした。
不安はあっという間に消え去り、毎日が楽しいことの連続でした。



意外な程に乗船中は何の不便も感じることなく、むしろ船に乗っていることを忘れるほど。
特にスパがあったのが、とても気に入りました。ゆったりと快適で、大きな窓の外に広がる海原だけが船の上であることを思い出させます。
また「桜」をテーマにしたクルーズだったので、乗船中に一度、服装にワンポイントで「桜色」の物を身に着けるというドレスコードの日があったのですが、何を持っていこうか、と乗船前から楽しむことができたのも良かったです。

船内では自由参加のイベントが盛り沢山で、セイルアウェイ・パーティー、プロの口笛演奏家である柴田晶子さんの演奏会、LOS TACUNAUのコンサート、ウクレレ教室、フラダンス教室、ゲーム大会など、次々と参加していたら部屋にいる時間がないほどでした。


寄港地の祖谷のかずら橋と大歩危も、とても素晴らしい所でした。
昼食の郷土料理が美味しく、また港では物産展が開かれ、地元のものが手に入ったのも良かったです。
別府では物産展がほとんどなかったのが少し残念でした。


友人と2人で参加したので、食事はいつも2人席で、他の人と話す機会がほとんどなかったのですが、最終日には7~8人の方と一緒にお食事ができて、おしゃべりができたのが良かったです。
他の方も同じ意見のようでした。


船旅がこんなに楽しいものだとは思っていませんでした。
次回は、海外にも行ってみたいと思います。


投稿者