瀬戸内海を漂うように過ごす、人生最高の旅を「ガンツウ」で。


切妻屋根が美しいラウンジ <画像提供:株式会社せとうちクルーズ>


 幼きころ、夏になると母の実家のある香川県丸亀市を訪れていました。まだ、本州四国連絡橋はひとつも架けられておらず、山陽新幹線も開通前。神戸から特急「うずしお」に乗り、宇野まで2時間以上の列車旅。そして宇高連絡船に乗り換えて瀬戸内海を渡ること約1時間。高松に着くと座席の奪い合いでスタートダッシュをかける乗客がいるほど激しく混雑している予讃線のローカル列車で30分、祖父母の待つ城下町、丸亀へやっとたどり着いたのでした。
 現代のクルーズの旅とは比べるまでもなく、優雅とは言えない帰省でしたが、連絡船から眺める移り行く島々は筆者にとっての船旅の原風景でもありました。


<画像提供:株式会社せとうちクルーズ>

 瀬戸内海には周囲100m以上の島が727あり、広島県が最も多く142を数えます。内海多島海という庭園のように穏やかな自然と、漁業や海運業に従事する多くの人々に培われた歴史、文化が織りなす海のタペストリー。温和な気候、明るい住民、豊かな海の幸・・・初めて訪れる人にもふるさとを思わせる親しみを感じて頂けるのではないでしょうか。

 すでに明治時代に西洋からも「世界第一ノ景」と評されてきた瀬戸内海の島々、2010年に開催された瀬戸内国際芸術祭で日本のみならず、海外からも注目されるのですが、大きなクルーズ船の寄港地とはなり得ませんでした。

 小さな島はクルーズ船規模の乗客を一度に受け入れられない環境、大型バスはなくタクシーも島で1台、大きな桟橋はひとつもありません。牡蠣や鯛などを養殖する筏や漁網がひしめき、商業船やフェリーがひっきりなし行き交い、大型船で島に近づくのは容易ではありません。

 そんな中、広島県福山市に拠点を置く常石造船はせとうちの海に最もふさわしい宿泊可能な小型クルーズ船を建造。日本初の瀬戸内海専用の「ガンツウ」は起工より約1年後の2017年10月17日、満を持して就航しました。


スパで極上ののリラックスタイムを <画像提供:株式会社せとうちクルーズ>

 船のデザインを手掛けたのは建築家 堀部安嗣氏。コンセプトは「せとうち、漂泊」。キーワードは「ちょうど良い加減の、おもてなし」。堀部氏によると、瀬戸内海は海面がシルバーに輝くような色合いになることがよくあり、景色に溶けるようにシルバーの外装を選択したそうです。また、瀬戸内海の町の風景にも合うように、日本的な切妻屋根。内装には防火処理したアルダーという木材をふんだんに使い、場所によっては壁に漆喰も塗られています。

 船内のすべての場所が「居心地」を最優先に考えられて設えられていて、なによりも船の中に縁側があるなんて、想像もしたことがありません。ここに座って、木のぬくもりにくるまれ、島影が過ぎていく風景を楽しむ・・・まさに大人の時間。眩しい朝日からシャンパンカラーに染まる夕景まで、だれにも邪魔されず、潮風を感じながらただ座っているだけでいい、そんな場所がある船が他にあるのでしょうか。


縁側より海を臨む
<画像提供:株式会社せとうちクルーズ>

 唯一無二のガンツウは客室わずか19部屋。最少のお部屋でも50㎡で海を眺めることができるお部屋とお風呂が設えられています。さらには乗船条件は15歳以上、2名1室または1名1室のみのご利用となります。なぜなら、大人の旅は自分の時間を過ごす旅、ご自身のペースで癒しの時間をお過ごしいただきたいからなのです。


 ガンツウはどこにも寄港しません。3日間、漂う船にいるのも良いですし、洗練された堀部安嗣氏デザインのテンダーボートに乗って喧騒とはかけ離れた、まだ誰もいない早朝の安芸の宮島に上陸して厳島神社を参拝するも良し、夜は光輝く水島コンビナートの夜景を眺めながら冷えたシャブリを傾けるひとときを楽しむ・・・そんな時間を過ごすことができます。


おしゃれなテンダーボートでいざ上陸! <画像提供:株式会社せとうちクルーズ>

 ガンツウは3,013トン、最大乗客数の38名で割ると一人当たりのスペースレイシオは約80トン。これは世界最高峰の客船と言われるオイローパ2と肩を並べます。乗組員は乗客数を超える46名。海洋を航行するクルーズ業界でもこの二つのラグジュアリーな条件をクリアする船はほぼありません。とはいえ「ちょうどいい加減の、おもてなし」が貫かれ、乗客があくまでの自由に、思うままを過ごせるよう、上質で、細部まで行き届きながらも、そっとしたサービスなのです。 
 お客様の期待は当然、船内でのお食事、特に瀬戸内海の海の幸にも目が向きます。素晴らしい瀬戸内海の食材の数々は次回のブログで詳しくご紹介するとして今回は「人生最高の旅」の片りんにふれて頂きました。それでは最後にガンツウが生まれるに至る常石造船の客船guntûメイキングムービー「Behind The Scenes : guntû」をご覧ください。 


 郵船トラベルでは初の試みとなるガンツウのチャータークルーズを12月に実施します。全行程はベラビスタ スパ&マリーナ尾道での宿泊と郵船トラベルのお客様だけに贈る、南里沙(クロマティックハーモニカ奏者)によるクリスマス・ハーモニカコンサートをはさみ、ガンツウに2度乗船する6日間となりますが前後4日間の行程も設定しています。残席がごくわずかとなっていますのでお急ぎお問合せ下さい。

✿2021/12/3-12/8 【郵船トラベルチャータークルーズ】
ガンツウ 冬の絶景を巡る 瀬戸内・多島美コース Aコース 6日間

東京・品川・新横浜(新幹線)-福山-(ガンツウ)-尾道泊-(ガンツウ)-福山-(新幹線)東京・品川・新横浜

✿2021/12/3-12/6 【郵船トラベルチャータークルーズ】
ガンツウ 冬の絶景を巡る 瀬戸内・多島美コース Bコース 4日間

東京・品川・新横浜(新幹線)-福山-(ガンツウ)-尾道泊-福山-(新幹線)東京・品川・新横浜

✿2021/12/5-12/8 【郵船トラベルチャータークルーズ】
ガンツウ 冬の絶景を巡る 瀬戸内・多島美コース Cコース 4日間​

東京・品川・新横浜(新幹線)-福山-尾道泊-(ガンツウ)-福山-(新幹線)東京・品川・新横浜

※全コース、名古屋、新大阪、新神戸からもご参加いただけます。

 上記の他にもガンツウに個人で乗船できる多数コースを設定しています。詳しくはこちらをご覧ください。船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年07月28日 | Permalink

にっぽん丸 8月クルーズ(一部)発着地変更のお知らせ

にっぽん丸8月出発の以下2つのクルーズにつきましては、発着地が「東京港」から「横浜港」に変更となりました。

8月11日発 夏休み 伊東花火クルーズ
・入出港時間の変更(8/11 横浜17:00出港 8/13 横浜10:30入港)
 清水の入出港時間に変更はございません。

8月14日発 夏休み 熊野クルーズ
・入出港時間の変更(8/14 横浜17:00出港 8/16 横浜16:30入港)
 新宮の入出港時間に変更はございません。

ご予約いただきましたお客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願い致します。
ご不明な点はお問合せ下さい。
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218
■福 岡☎ 092-475-0011


投稿者名 mojimoji 投稿日時 2021年07月20日 | Permalink

~オリンピックとクイーン・エリザベスの意外な繋がり?~ 船上でフェンシング体験はいかが



 あと数日で開催となる東京2020オリンピック、ここに至るまで大会関係者には予想外の事態に見舞われ、大変なご苦労があったと推察します。紆余曲折がありましたが、開幕後は、頂点を目指し、たゆまぬ努力を重ねてきたアスリートの活躍に世界中の人が心躍らせ、魅了されることは間違いありません。クルーズファンの皆様も、今しばらくはTV観戦を楽しんで下さい。


ベルヴェデーレのアポロ像 バチカン美術館蔵

 オリンピックの起源は紀元前8世紀ごろ、古代オリンピア(ギリシャの ペロポネソス半島 西部)が発祥の地とされています。クルーズ船の寄港地、イオニア海に面したカタコロンから東へ車で30分ほど、神殿などの多くの遺跡が残り世界遺産に登録されています。
 古代オリンピアでなぜ競技が始まったのか、諸説ありますが、伝染病の蔓延に困ったエーリス王・イーピトスがアポロ神殿でお伺いを立てたところ「争いをやめ、競技会を復活せよ」という神託を賜ったと伝えられています。アポロは最高神ゼウスの息子で光輝くイケメンの太陽神。音楽、医療の神でもありました。

 神託の通り、争いが疫病蔓延の原因であるのなら、元来「平和の祭典」である東京2020オリンピックが開催されることは世界の安寧のために意味あることかもしれません。
 
 さて、近代オリンピックの夏季大会は1896年、古代オリンピックの祭典に敬意を表し、第一回はアテネ(ギリシャ)で開催されました。2度の世界大戦で大会の中断を余儀なくされたものの、この第一回から継続された競技の一つが「フェンシング」です。今回はクイーン・エリザベスの船上でも定期的に開催されているイベント、フェンシングについて調べてみました。

 え?フェンシングって、なんだか馴染みがないですよね。日本人にとって剣道は柔道と並び誰しも知るように、中世の剣術から発展した競技、フェンシングは欧州ではとてもポピュラーな種目なのだそうです。目にもとまらぬ速さで勝敗が決まる競技のため、楽しく観戦するには基本ルールだけでも押さえておきたいですよね。


 フェンシングは一瞬の隙を狙う素早い剣の応酬が最大の魅力です。個人、団体ともにフルーレ、サーブル、エペの3つの種目があり、それぞれ有効面(オレンジ色の相手を突くポイント)の範囲が異なります。動きがあまりに速いため、判定には「電気審判機」が使われ、試合はピストと呼ばれる伝導性パネルの上で行われます。照明が落とされた試合会場で、ライトアップされた2人が剣を激しく交わす姿は幻想的かつ、まばたきもためらうほどの緊張感です。


Foil(フルーレ)
攻撃は胴体への突きだけ。攻撃の優先権があり、攻撃ー防御ー攻撃ー防御といった攻防が瞬時に行われる戦いが特徴です。

Sabre(サーブル)
剣身のどの部分でも攻撃ができるため、突きと斬りがあります。有効面に触れただけでランプが点灯しますが、フルーレと同様に攻撃の優先権があり、駆け引きが繰り広げられます。

Épée(エペ)
全身が有効面。同時に突いて、ランプが両側点灯すれば両方の選手にポイントが付きます。判定がシンプルでわかりやすいため初心者でも観て楽しむことができます。

 日本人選手で過去にオリンピックの個人メダリストになったのは2008年の北京大会フルーレで銀を獲得した太田雄貴(おおた ゆうき)ただ一人。引退後は日本フェンシング協会の会長として組織改革に尽力されましたが、2021年6月19日、日本フェンシング協会の会長を退任。後任は「多くの人にフェンシングを知ってもらうために」タレントの武井壮が就任しました

 東京2020のフェンシング競技は7月24日(土)~8月1日(日)に開催されます。今回の大会では7月30日(金)の男子団体エペで日本初の悲願、金メダルを獲得しました!!今後の日程はこちらをご覧ください。


クイーンズ・ルームで開催されるフェンシングのレッスン

 オリンピック観戦でフェンシングの基礎知識を得たら、2022年に横浜発着のクルーズを実施するクイーン・エリザベスの船上でフェンシング体験はいかがでしょうか?

 現在、クルーズ船でフェンシングイベントを開催しているのはキュナードの船だけで
、全く未経験の方でも参加できる1時間のレッスンが行われています。白の専用ジャケットを着用し、防護マスクを被り、剣を持てばヨーロッパのアスリート気分が味わえます。めったに経験できない機会ですので、是非チャレンジしてみてください。また、フェンシングのデモンストレーションも行われるそうですから、こちらも楽しみですね。
※イベント内容は変更となる場合があります。

 2022年、クイーン・エリザベスは4月~5月にかけて日本に寄港し、横浜発着クルーズ4コース、区間クルーズも2コース設定しています。一部のコースは2021年9月17日(金)までにBA~CB(海側バルコニー)を2名1室でご予約いただいた方はお1人あたり20,000円割引となる早期予約特典や、お1人でBA~CBをご予約される場合はシングル料率が175%→150%となるソロクルーズ特別代金を設定しています。

英国の伝統と格式あるクイーン・エリザベス、他船では体験できないフェンシングイベントで船上にいながらにしてヨーロッパの気分を味わえる旅に出かけてみませんか?
船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年07月19日 | Permalink

平安時代の添乗員は大変だった? ~現代の熊野詣はクルーズでらくらく~


熊野古道(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)


 「陸の孤島」という言葉があります。文字通り、陸地にありながら絶海の孤島のように容易にたどり着けない場所です。日本列島の約70%が山岳地帯と丘陵地に占められているためこのような場所が多いのですが、その一つが紀伊半島の南端、熊野です。昭和34年(1959年)に紀州本線が開通するまで「陸の孤島」と呼ばれていました。

 車も列車もない平安時代、907年の宇多法皇から1281年の亀山上皇までの374年の間におよそ100度の熊野御幸(上皇・法皇が外出すること)が行われました。その後、中世期には「蟻の熊野詣」と言われるほどブームになり、庶民にも広がったそうです。とはいえ京都から最短でも片道約200km、現在ですら、クルーズ船が寄港する新宮港までは車でも列車でも4時間もかかるにもかかわらず・・・です。


熊野那智大社 牛王神事
(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)

 当時の熊野御幸の様子は平安時代の有名歌人藤原定家の日記「明月記(国宝)」に残っています。これによりますと、当時22歳の後鳥羽上皇の御幸に供奉(同行)した藤原定家は40歳。
 1201年10月5日に京都の城南宮を出発、16日に熊野本宮大社、18日に熊野速玉大社、19日に那智の滝に到達し、難所を越えて26日に京都に帰着する22日間のグランドツアーです。

 彼の任務は一行に先駆けて船や昼食、宿所を設営することでした。日頃はインドア派、小倉百人一首の選者になるほどの歌人は、不慣れながら上皇のために馬を馳せ、御経供養や奉幣(社寺に御経や供物の提供)に奔走します。予定していた宿舎が忌中で利用できないなどのハプニングに見舞われ、夜は上皇に請われエンターテイメントとして歌会の開催。とにかく、ボロボロになるほど大変だったと日記には記載されています。南紀の暑さで体調を崩し、後半は日記の筆がすすまなくなるほど、辛い状態になりました。
 京に戻った翌日は、早朝から旅で利用した雑物(アウトドア用品?)を洗い、先達(山岳の指導者)に返却したとも書いてあります。ご苦労さまでした。


熊野速玉大社
(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)

 あれ、筆者は全く縁が無いと思っていた平安歌人に急に親近感がわきました。定家が行ったことは、まさにお客様のために東奔西走する旅行会社の添乗員!旅行会社の業務は手数料が収入になる営利行為ですが、こんなに大変な目に遭いながらも手配を請け負った定家の目的はなんだったのでしょうか?

 ズバリ出世です。一説によるとこの時の位は左近衛少将でしたが、中将に取り上げて欲しかったそうです。功績をあげて、課長から部長になりたい、という感じでしょうか。
 この話には残念なオチがあります。この年の12月23日徐目(任官の儀式)の日、定家には何の音沙汰もなかったとか(泣)。

  来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩(もしほ)の 身もこがれつつ
                          (藤原定家 小倉百人一首) 


熊野古道(画像提供:新宮市観光協会)

 藤原定家のように苦労しなくても、現代の熊野詣はクルーズなら、らくらくです。ちなみに、熊野御幸は天皇を引退した上皇・法皇のみで、現役の天皇は1度も行っていません。
 熊野詣は聖地を目指し、蘇りを願う信仰であり修行であったのですが、実際には遊興の意味合いも兼ねていました。時間もお金も自由に使える引退後の長旅は、いつの時代も現役では難しいようです。

 平成16年(2004年)熊野古道は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。代表的なルートは紀伊半島の西側「紀伊路」、東側は「伊勢路です。前者がご紹介した御幸が通った道で、道筋には休憩所を兼ねた王子社がまつられていました。後者は、江戸時代に伊勢参宮を終えた旅人達が辿った道で、いわば庶民の道でした。そして中央には熊野三山を結ぶ「中辺路」が通じています。これらの熊野古道は今ではトレッキングを楽しむ方が多く、木々に囲まれた石畳を歩くと夏でも涼やかな風が吹いています。

 熊野古道は新宮市の熊野速玉大社、田辺市の熊野本宮大社、そして那智勝浦町にある熊野那智大社を詣でる道です。古代より神々の霊が隠れ籠る独自の聖域をなした場所に祀られていた熊野三山ですが、不便な場所にあるからこそ、いにしえの高貴な方々を魅了したのかもしれません。すでに訪れている方も多いかもしれませんが、34回も御幸した後白河上皇のように、蘇りを願い、何度も訪れてみてはいかがでしょうか?          


熊野本宮大社(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)

 長らく、運航中止となっていたクルーズは再開となり、にっぽん丸は8月と9月に熊野を訪れるクルーズを実施します。古代からの聖地でいにしえの人々の足跡をたどってみてはいかがでしょうか?下記のクルーズが予定されています。

✿2021/8/14-8/16 夏休み 熊野クルーズ 2泊3日<お盆休み・花火鑑賞>
 横浜-新宮(白浜沖)-横浜(東京発着より変更)
☆新宮での観光をお楽しみいただいた夜は、白浜沖で「SHIRAHAMA2021花火ラリー」(約800発)を船上から観覧。

✿2021/9/23-9/26 にっぽん丸で航く 秋の熊野古道 3泊4日<新宮停泊>
 横浜-新宮(停泊)-横浜
☆熊野エリアを2日間かけてたっぷり楽しむクルーズ。熊野古道への連絡バスを運行します。
 熊野三山や熊野古道 伊勢路(松本峠と馬越峠)を歩くツアーを実施予定です(別料金)。

 上記の他にも多数コースが発表になりました。詳しくはこちらのブログもご覧ください。にっぽん丸の船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年07月09日 | Permalink

【にっぽん丸】7月~10月 新コース&ラインアップのご案内

#にっぽん丸 #クルーズ #郵船トラベル
にっぽん丸7~10月の新コース・ラインアップが発売となりましたのでご紹介いたします!

毎年人気の花火を観覧できるクルーズから、
こだわりのお食事がいただけるクルーズまで20コースをご紹介!
「陸の孤島」ともよばれる熊野へもクルーズなら船内イベントを楽しんでいる間に到着!
>>>クルーズ部ろぐ「平安時代の添乗員は大変だった? ~現代の熊野詣はクルーズでらくらく~」

【新コース・ラインアップ スケジュール一覧】
●7月27日(火)~7月29日(木)にっぽん丸ファミリー クルーズ ~マジックフェス
横浜~(伊豆諸島周遊)~横浜
☆Mr.マリックはじめとするマジシャンが驚きのエンターテイメントをお届け
お子様とコンフォートステートに乗船すると子供代金が適用されます

●7月31日(土)~8月2日(月)夏旅にっぽん丸 ~青ヶ島周遊
横浜~(青ヶ島周遊)~横浜
☆歌舞伎俳優の尾上松也氏がエンターテイナーとして登場!

●8月3日(火)~8月6日(金)にっぽん丸花火と熱海花火 クルーズ
東京~終日航海~熱海~東京
☆にっぽん丸 のお客様だけが楽しめるシークレット 花火大会 」と
「熱海海上花火大会 」の 2つの花火を 船上から 観賞する 特別感満載の クルーズ

●8月7日(土)~8月10日(火)にっぽんの楽園 クルーズ ~志摩・熱海花火
横浜~浜島~熱海~横浜
☆リゾート感満載のイベントと、熱海海上花火大会をお楽しみいただける
 夏休みの三連休を利用したクルーズ

●8月11日(水)~8月13日(金)夏休み 伊東花火 クルーズ
横浜~清水(伊東沖)~横浜(東京発着より変更)
☆「按針祭 海の花火大会 」 を船上からゆったり観賞
 夕食には静岡産のうなぎ(養殖)などを取り入れた「駿河御膳」をご用意

●8月14日(土)~8月16日(月)夏休み 熊野クルーズ
横浜~新宮(白浜沖)~横浜(東京発着より変更)
☆夜に白浜沖で「SHIRAHAMA2021 花火ラリー」を観賞

●8月17日(火)~8月19日(木)夏休み 熱海花火クルーズ
東京~熱海~東京
☆迫力の「熱海海上花火大会 」 を 船上から 観賞する
船内では第2回温泉まんじゅう総選挙を開催。
にっぽん丸スタッフが各店を回り買い付けたベスト5を船内にご用意いたします。

●8月20日(金)~8月22日(日)にっぽん丸 夏のオペラクルーズ
横浜~終日航海~横浜
☆にっぽん丸で人気のオペラクルーズが今年も開催されます。
1日目はガラコンサート、2日目の「鑑賞講座」で予習をしてから本番のオペラ鑑賞へ。
オペラディナーもお楽しみに。

●8月24日(火)~8月27日(金)瀬戸内海・周防大島と九十九島クルーズ
神戸~周防大島~佐世保~神戸
☆瀬戸内海の島々と長崎観光の人気エリア九十九島の絶景をご覧いただけます。

●8月28日(土)~8月31日(火)にっぽん丸 岬めぐり クルーズ ~都井岬・佐多岬・足摺岬
神戸~終日航海(都井岬・佐多岬接航)~(足摺岬接航)土佐清水~神戸
☆日本有数の岬をめぐるクルーズ
 双眼鏡やフォトブックをプレゼント
 船内では岬の通過時間に「めぐりCafé」をオープン

●9月3日(金)~9月6日(月)新潟発着 初秋の北海道クルーズ ~函館・釧路
新潟~函館~釧路~新潟
☆新潟から行きづらい北海道を満喫するクルーズ

●9月7日(火)~9月10日(金)金沢発着 出雲大社・長門 クルーズ
金沢~境港~仙崎~金沢
☆日本海の名所を巡る、 7 回目となる金沢発着クルーズ

●9月11日(土)~9月13日(月)金沢/大阪クルーズ
金沢~終日航海~金沢
☆夕食は加賀野菜を使った「にっぽん丸和膳」が登場。
 また特別企画の「にっぽん丸寿司まつり」を開催します。

●9月15日(水)~9月18日(土)船旅にっぽん丸 ~柳井 と 沖ノ島周遊~
大阪~柳井~(沖ノ島周遊)~大阪
☆白壁の町並みが残る歴史的な港町・柳井と“世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島 を周遊するクルーズ
※宗像への上陸はございません

●9月19日(日)~9月22日(水)名古屋発着 ぐるり四国一周クルーズ
名古屋~土佐清水~高松~名古屋
☆四国を一周する船ならではの旅。
 小豆島へのオプショナルツアーもおすすめです(別料金)

●9月23日(木)~9月26日(水)にっぽん丸で航く 秋の熊野古道
横浜~新宮~新宮~横浜
☆にっぽん丸のお客様のためだけの熊野速玉大社でのスペシャルコンサートと
行楽シーズンの熊野エリア観光をたっぷり楽しむクルーズ

●9月27日(月)~9月29日(水)にっぽん丸紀行 焼き物の街・常滑 ~スペシャルエンターテイメント
横浜~常滑~横浜
☆常滑へ初寄港
 知多半島の魅力たっぷりのオプショナルツアーが追加代金なしで参加可能です!

●10月11日(月)~10月14日(木)秋の味覚クルーズ ~蒲郡・鳥羽
横浜~蒲郡~鳥羽~横浜
☆世界的ソムリエとして名を馳せる田崎真也氏が乗船。
にっぽん丸の総料理長が考案したメニューに、田崎氏がワインのペアリングを
施した秋の味覚特別ディナーで皆様をおもてなしいたします。

●10月15日(金)~10月18日(月)週末利用 別府・生口島クルーズ
神戸~別府~瀬戸田~神戸
☆生口島は全国的に有名な瀬戸田レモンの産地で、
 日本画の重鎮平山郁夫の美術館など現代アートが楽しめる観光スポットです

お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンターへ。お待ちしております!!
■東 京☎03-5213-9987 
■神 戸☎078-251-6218
■福 岡☎092-475-0011
パンフレット請求はこちらから!!
※パンフレットは7月中旬以降順次お送り致します


投稿者名 チョコ 投稿日時 2021年07月05日 | Permalink