飛鳥IIの七五三

飛鳥IIと七五三。
豪華クルーズ客船と小さな子供。

一見ミスマッチな気もしますが、親子や三世代でのご旅行に、クルーズ客船はとても便利で快適なのです。
乗船してしまえば車や電車、飛行機のように移動中座席にじっとしている必要がありませんので、小さなお子様にもストレスが少なく、また、大人数でのご旅行でもご家族のコミュニケーションの時間がたっぷり取れることでしょう。

中でも、ファミリー向けのコースを選べば、子供料金やベビーシッタールームなど、ご家族に嬉しいサービスが用意されています。

少し先ですが、飛鳥IIで七五三のお祝いをできるコースがあるのでご紹介します。

秋の駿河ウィークエンドクルーズ 3日間<2018年11月16日出発>
旅行期間: 2018年11月16日(金)~2018年11月18日(日)
出発地/帰着地: 横浜港
日数: 3日間

☆ 晴れの日を飛鳥IIで ~七五三祝~ ☆彡
[事前申し込み/定員制]
・募集予定数:15組様、対象:2018年に七五三のお祝いをされるお子様を含むグループの方
●船内で七五三のお祝いイベントを開催
●七五三のお子様には飛鳥オリジナル千歳飴とフォトショップスタッフが撮影したお写真を1枚プレゼント
●貸衣装/着付け/ヘアメイク(定員制・有料)
※クルーズお申し込み時に「飛鳥II七五三祝希望」とお申し出ください。詳細はお申し込みのお客様に別途ご案内いたします。

☆ ご家族に嬉しいクルーズ ☆彡
子供代金とベビーシッタールームを設置した、ご家族連れにおすすめのクルーズです。さらに6名様以上のグループでのご乗船でお得になる割引をご用意。

ご家族でクルーズ客船の中で祝う七五三は、きっと素敵な思い出となることでしょう。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年07月05日 | Permalink

ホノルルに到着 [飛鳥II 2018年世界一周クルーズ]

ホノルルの飛鳥II〈イメージ〉画像提供:郵船クルーズ


飛鳥IIは6月23日(土)、24日(日)にホノルルに寄港し、現在、太平洋を横浜に向けて航行中です。
3月末に日本を出発し、花粉症のシーズン後半と梅雨をスルーして、夏の日本へ。
102日間あると季節も変わります!

ところでハワイには何度も行った、というお客様もたくさんいらっしゃるかと思いますが、日本出発の客船でハワイに行くというのはかなり貴重な体験ですね。


ワイキキビーチ〈イメージ〉

日本からの航空機での旅だと、早朝にハワイに到着するため時差ボケ&寝不足の身体に強い日差しが少々こたえることがありますが、飛鳥IIでゆっくり眠って到着する朝には元気いっぱいお日様の光を浴びることが出来そうです。
何よりホノルルでの宿泊が飛鳥IIだなんて、素敵です。


ちなみに、私のお気に入りのハワイ土産は可愛らしいパイナップル型のクッキー。クッキーの生地とコーティングのチョコレートの組み合わせがいろいろあって楽しいのです。


クインシー・マーケット〈イメージ〉

飛鳥IIでハワイ、いいな~と思っていたら、2019年の飛鳥II グランドクルーズ第2弾は「ハワイ・アラスカ グランドクルーズ」になることが発表されました。
郵船トラベルのスタッフから見ても、非常に貴重な機会です。
現在、パンフレット請求と、仮申し込みを承っておりますので、ご興味のある方はぜひ郵船トラベルまでお問合せください!
「ハワイ・アラスカ グランドクルーズ」速報
パンフレット請求


このあと、飛鳥IIは7月4日に横浜港に到着、同日神戸に向けて出港し7月5日に神戸に到着します。
ご乗船の皆さま、引き続き良い旅を!


太平洋のど真ん中~。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年06月26日 | Permalink

サンディエゴに到着 [飛鳥II 2018年世界一周クルーズ]

サンディエゴ〈イメージ〉


飛鳥IIは本日6月17日(日)、サンディエゴに到着します。

ボルチモアでいったんアメリカ合衆国から離れ、カリブ海、南米、パナマ運河通航を経て、再び合衆国入りです。


サンディエゴ港〈イメージ〉

サンディエゴはメキシコ国境に近く、メキシコ文化も感じることができるひと味違うアメリカです。
街の中心部に広がるのは全米最大の都市公園、バルボアパーク。パーク内には動物園、博物館、科学館、美術館、庭園があります。


サンディエゴの見どころは、バルボアパーク内にある世界有数の規模を誇るサンディエゴ動物園、趣向を凝らしたショーで有名なシーワールド、超巨大空母が迎えるミッドウェイ博物館など。


サンディエゴ動物園〈イメージ〉

シーワールド〈イメージ〉

ショッピング好きの方には、人気のショッピングエリア、シーポートがおすすめ。お洒落な雰囲気で地元の人や観光客で賑わいます。
メキシコ情緒が楽しめるレストランやショップがある観光スポット、オールド・タウン・マーケットを散策するのも良いですね。

赤いとんがり屋根が目印の老舗ホテル・デル・コロナドはエジソンの電球を世界で初めて使用したホテルとして有名です。また、マリリン・モンロー主演の映画『お熱いのがお好き』のロケ地としても知られます。ホテル前には全米のベストビーチのひとつに数えられる素敵なビーチもあります。


シーポートヴィレッジ〈イメージ〉

ホテル・デル・コロナド〈イメージ〉


オールド・マーケット〈イメージ〉


少し足を延ばすと、海沿いにお洒落なショップが並ぶ高級ビーチリゾートのラ・ホヤがあります。セレブに人気なのだとか。

ラ・ホヤ・コーヴでは野生の珍しいアザラシに出会えます!


ラ・ホヤ〈ビーチ〉

ラ・ホヤ・コーヴ〈イメージ〉


サンセット・ビーチ〈イメージ〉


さて、飛鳥IIはサンディエゴで北米大陸を離れます。
5日間の太平洋クルーズを経て、いよいよ最後の寄港地ホノルルに向かいます。


太平洋クルーズが始まります


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年06月17日 | Permalink

パナマ運河通航 [飛鳥II 2018年世界一周クルーズ]

パナマ運河の飛鳥II〈イメージ〉画像提供:郵船クルーズ


飛鳥IIは本日6月8日(金)、パナマ運河を通航します。

4月18日にスエズ運河を通航して紅海から地中海に入りましたが、今度はカリブ海(大西洋)から太平洋へ抜けます。
世界の地形を肌で感じる感動的な体験ですね。
全長80kmの大運河を抜けて海の色はどのように変わるのでしょうか。


さて、このパナマ運河、上り下りにそれぞれ3段階の閘門があり、24時間かけて海抜26メートルを昇り降りしつつ、通航します。



カリブ海 → 【ガツン閘門】 → ガツン湖 → ゲイラード・カット(切り通し) → 【ペドロミグエル閘門】 → ミラフロア湖 → 【ミラフロア閘門】 → 太平洋

それにしても、水や湖をエレベーターのように使って船に丘を越えさせようだなんて、すごい発想ですよね。


ロック(閘門)を通って

「パナマックス(Panamax)」という言葉をご存知の方もいらっしゃることでしょう。
パナマ運河を通過できる船の最大許容サイズのことで、パナマ・マキシマム(Panama Maximum)とも言います。


どれくらいのサイズかというと、船幅32.31メートル、船長294.1メートル、水深12メートルまで。
パナマ運河では船を上下して航行するロック(閘門)の幅が32.31メートルで、これ以上の幅がある船はパナマ運河を通過できないため、このサイズに決まっているのです。
ちなみに、飛鳥IIのサイズは船幅29.6メートル、船長241メートルです。



パナマ運河を抜けた飛鳥IIはプエルトケッツァル(グアテマラ)に向かいます。


太平洋に戻ります!


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年06月08日 | Permalink

カルタヘナに到着 [飛鳥II 2018年世界一周クルーズ]

カルタヘナ旧市街の時計塔〈イメージ〉


飛鳥IIは本日6月7日(木)、カリブ海に面した南米コロンビアの街カルタヘナに到着します。

2018年世界一周クルーズ、ついに南米大陸到達です!


頑丈そうな旧市街の城壁〈イメージ〉

リゾート地として開発された新市街〈イメージ〉


カルタヘナは16世紀のスペイン植民地時代に貿易港として発展し、海賊の強奪を退けるために強固な城壁が築かれました。この城壁に囲まれた街が旧市街で、高層ビルが建ち並ぶ新市街と対照的な景観を見せています。


さていかにも質実剛健そうな城壁の中に入ると…壁の中は雰囲気一転、カラフルなコロニアル調の街が広がります。カルタヘナは活気あふれる観光都市なのです!


カルタヘナの大聖堂〈イメージ〉


カルタヘナの港、要塞、歴史的建造物群は世界遺産に登録されており、その街並みの美しさは折り紙つきです。
陽気な人々と、新鮮なシーフードやフルーツ、緑豊かなゆったりとした雰囲気にラテンのリズム。
馬車で巡る観光ツアーもあります。



サン・フェリペ要塞〈イメージ〉

旧市街のサン・フェリペ要塞は歴史が感じられる人気の観光スポット。
旧市街の城壁と同様、大航海時代にカリブの海賊による被害を防ぐために造られた堅牢な要塞は、現在は展望台になっています。


カルタヘナを出港した飛鳥IIは、明日パナマ運河を通航します。


明日は世界三大運河第2弾!


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年06月07日 | Permalink