東京スカイツリーの謎とオークランドでのスリリング体験 ~世界の高層建造物のお話~


オークランド港に入港する飛鳥Ⅱ photo by Tsuneo Nakamura<画像提供:郵船クルーズ株式会社>


 飛鳥Ⅱ2023年オセアニアグランドクルーズはオークランドに寄港し、特典プランとしてオークランド半日観光が含まれています。オークランドシンボル、スカイタワーにも訪れるそうなので、今回は(高所恐怖症の方にはちょっと苦手かもしれませんが)高層建造物の話題を集めてみました。
 世界で最も高いタワー(電波塔)は日本が誇る「東京スカイツリー」。2012年に完成し、高さは634m(ムサシと覚えましょう)。この東京スカイツリー、江戸時代の浮世絵に描かれていたのでは、と注目を集めたことはご存じでしょうか。


「東都三ッ股の図」歌川国芳(1831年)

 江戸時代末期、多くの弟子を育て数々の作品を残した人気浮世絵師、歌川国芳が天保元年(1831年)に描いたとされる「東都三ッ股の図」。現在の日本橋あたりで船大工が船底を炙って頑丈にする様子を描いたものなのですが、赤枠内に描かれた高い方の塔が東京スカイツリーそっくり!タイムトラベラー、預言者なのか?と新聞にも取り上げられました。右側には永代橋が描かれ、現在でも日本橋付近から同じ方向に東京スカイツリーを見ることができるそうですから、果たして本当か、謎解きに挑戦してみて下さい。

 さて、世界最高峰の建造物ならドバイの「ブルジュ・ハリファ」で829.9m、ホテルやホールが入っている163階建てのビルです。このビル、今年の8月に公開されたエミレーツ航空のキャビンアテンダントがビルのトップでサインボードを出すCMで話題になりました。驚きとともにご覧になった方も多いかと思いますがCGではありません。



 この女性、本物のキャビンアテンダントではなく、プロのスタントウーマンだそうで納得。とはいえ見ているだけで足がすくみます。撮影チームは160階から1時間15分をかけて撮影現場に到達。朝日に輝くドバイの風景を撮るため日の出前から登り始め、最後はチューブ内のはしごで頂上にたどり着いたそうです。頂上には約5時間滞在し、1台のドローンを使ってワンテイクで撮影。お疲れ様でした。


ウィリス・タワーのスカイデッキ・シカゴ

 少し前のことですが、2019年6月に話題になったのはシカゴの「ウィリス・タワー」。頭頂部までの高さは527.3mで1998年までは全米で最も高い建造物でした(2021年10月現在全米3位)。このビルには103階、地上413mのところにスカイデッキ・シカゴと言う全面ガラス張りの展望室があります。ミシガン湖が一望できる素晴らしい展望台なのですが、ガラスの床に無数の亀裂が入り大騒ぎとなりました。
 実はこれは足元の床部分を覆う耐性を強める保護材の亀裂でした。スカイデッキ自体は重さ5トンまで耐えることが可能で、ガラス表面に塗装されている保護材はひっかき傷なども防ぐそうです。とはいえ、亀裂が走った瞬間に居合わせた女性と子ども2人は顔面蒼白。ともかく無事でなによりです(スカイデッキは現在も営業しています)。

 最後にご紹介するのがオークランドの「スカイタワー」。高さは328mで東京スカイツリーの半分ほどですが、南半球では最も高いタワー(電波塔)です。タワーの上部には、夜はバーとしても利用できるエレガントなダイニング、回転レストラン、カフェがあります。ニュージーランド唯一の‎‎回転レストラン‎‎は、地上から190mに位置し、1時間で一周します。‎‎この他、スカイタワーには高さが異なる3か所の展望台があり、それぞれ360度の景色を望めます。


スカイタワー(オークランド)

 このスカイタワー、他にはないスリリングなアトラクションを行っていることで有名。高さ192mから飛び降りるスカイジャンプとタワーの外側を歩くスカイウォークです。


スカイウォーク

 究極のスリルを味わうなんてさすがバンジー・ジャンプ発祥の地ニュージーランドです。いずれも、ハーネスと専用のウエアを着用し、安全には万全を期しているのですがスカイジャンプは時速85kmで落下、スカイウォークは幅1.2mの通路を手すりなしで歩きます。スカイジャンプは足首をくくられ落下するバンジー・ジャンプに比べると怖くないそうですが、それでも挑戦するのは勇気が必要です。スカイタワーを訪れた際は是非挑戦してみては?(とは申しませんが)、チャレンジしている勇者を見物することができるかもしれません。

 2022年2月に予定していました飛鳥Ⅱ2022年オセアニアグランドクルーズは新型コロナウイルス感染状況や寄港各国の状況を総合的に鑑み、運航中止が決定しました。また、同時に2023年オセアニアグランドクルーズが新たに発表になりました。オークランドでは1泊停泊しますので、スカイタワーのレストランで夕日に染まる絶景を堪能しながらニュージーランドの特産品を使ったディナーを満喫、というのも可能です。

 発売開始は2021年11月5日(金)午前10:30~となり、郵船トラベルでは現在、発売前に事前受付を行っています。皆様からのお問合せを心よりお待ちいたしております。

<クルーズスケジュール>
Aコース横浜発着 2023年2月11日▶3月20日 38日間
Bコース神戸発着 2023年2月12日▶3月21日 38日間


クリックするとパンフをご覧いただけます。

 飛鳥Ⅱのグランドクルーズの中でも、最も人気のオセアニア。2023年にはすべての不安要素が払拭されて、皆様が安心してご旅行いただけるよう願っております。

 飛鳥Ⅱ2023年オセアニアグランドクルーズについてさらに詳しくお知りになりたい場合は郵船トラベルへお問合せ下さい。ご希望の方へはパンフレットをお送りいたします。
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年10月04日 | Permalink

~事前のワクチン接種をおすすめします~ 飛鳥Ⅱ新型コロナウイルス感染症予防対策 Part7(10月改定/変更点抜粋)



 秋・冬商品2021年10月8日~2022年1月3日出発までの飛鳥Ⅱクルーズは発売を開始しておりますが、新型コロナウイルスの感染予防策が10月に改定となりました。

 飛鳥Ⅱの新型コロナウイルス感染症対策については、4月12日付け4月15日付け4月21日付け6月21日付け8月10日付け各ブログにて詳しくご案内していますが、今回は主な変更点について記載させて頂きます。(以下は2021年10月現在の措置です。今後の状況により、検査時期・方法の変更または検査を取りやめる場合があります。)

<ワクチン接種済み/接種を予定されているお客様>
 飛鳥Ⅱご乗船に際し、新型コロナワクチン接種をお勧めしております(各製薬会社が定める所定の接種回数)。お申込の際に、新型コロナウイルスワクチン接種完了の旨を、また接種を予定されているお客様はその予定日を旅行会社にお知らせください。
 お申込時にワクチン接種が完了していない場合は、ご乗船日の15日前までにワクチン接種完了いただき、その旨を旅行会社へお知らせください。
 乗船受付の際は新型コロナウイルスワクチン接種完了を確認できる書類(新型コロナワクチン予防接種済証、接種記録書など。コピー可)をお持ち下さい。当日お持ちでない場合はご乗船はいただけません
①事前PCR検査「低リスク判定」(船会社実施)▶②当日PCR検査「低リスク判定」(船会社実施)▶乗船受付▶ご乗船!  

<ワクチン未接種のお客様>
 ワクチン未接種のお客様については、ご乗船日の3日前(または4日前)に、お客様ご自身で民間または医療機関の検査を受検の上、低リスク(陰性)を確認できる書類を取得ください。乗船日の当日検査受付時に確認させていただきます。
・有効な検査方法
 PCR検査、等温核酸増幅法(LAMP法、SmartAmp法など)

 抗原検査、抗体検査は無効となります。
・有効な検査日
 乗船日の3日前(または4日前)に限ります。 

以下に記載の船会社実施による2回のPCR検査①③とは別途受検が必要です。②の検査費用はお客様のご負担となります。
①事前PCR検査「低リスク判定」(船会社実施)▶②3日前PCR検査等「低リスク判定」(ご自身で手配をお願いします)▶③当日PCR検査「低リスク判定」(船会社実施)▶乗船受付▶ご乗船!  

<乗船条件>
「飛鳥Ⅱ新型コロナウイルス感染症対策プラン(随時変更/運航会社:郵船クルーズ株式会社発行)」の内容、並びに、お客様の個人情報を優先クルーズ株式会社およびお申込みの旅行会社・販売店、検査会社へ提供することについてご同意いただくことがクルーズお申込をお受けする条件となります。

<下記いずれかに該当するお客様はご乗船いただけません>
1)日本国内で承認された新型コロナワクチン接種を完了していないお客様のうち郵船クルーズ株式会社当社所定の条件を満たさない場合。お子様も同条件です。
2)ご乗船前日より遡って14日以内に、発熱(37.5度以上)、咳、のどの痛み、全身の倦怠感、味覚・嗅覚の異常などのいずれかの症状があるお客様。※新型コロナワクチン接種後の上記条件も含みます。
3)ご乗船前日より遡って14日以内に、海外(新型コロナウイルス感染症発生国に限らすべての国と地域)へ渡航歴のあるお客様。
4)ご乗船前日より遡って14日以内に、新型コロナウイルス感染者もしくは感染疑いのある方と濃厚接触が疑われるお客様。または、新型コロナウイルス感染者が立ち入ったとされる場所に居合わせたお客様。
5)ご乗船前の事前PCR検査にて、検査結果が「高リスク」もしくは「再検査」と判定されたお客様。
6)ご乗船当日に実施する検温にて、発熱(37.5度以上)のあるお客様。
7)ご乗船当日のPCR検査にて、検査結果が「高リスク」と判定されたお客様。

<不織布マスクご着用のお願い>
 ご乗船当日からご乗船中は、マスク着用(室内およびご入浴・プール利用時を除く)、こまめな手洗いや手指消毒の励行、ソーシャルディスタンスにもご理解とご協力をお願いいたします。また、毎日の健康状態を確認し「乗船中健康チェックシート」のご記入をお願いいたします。 なお、マスクにつきましては、感染予防対策効果が高いとされる不織布マスクのご着用にご協力をお願い申し上げます

 お客様に安心してご旅行していただくよう、この他にも多くの厳しい対策の実施や乗船中のお客様へのソーシャルディスタンス確保やマスク着用、手洗い等のご協力のお願いをしています。
 上記の対策が改定される場合はまたブログ等にてご案内を致しますが、さらに詳しい内容をお知りになりたい場合は郵船トラベルへお問合せ下さい。また、10月8日以後の飛鳥Ⅱクルーズスケジュールについてはこちらをご覧ください。
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年10月04日 | Permalink

【緊急のお知らせ】10月29日(金)発 飛鳥Ⅱ30周年アニバーサリーウィークエンドクルーズに空きがでました



緊急のお知らせです。大人気の2021年10月29日(金)発 飛鳥Ⅱ30周年アニバーサリーウィークエンドクルーズ4日間のCスイートとEバルコニーに空室がでました。ご希望のお客様は郵船トラベルへお急ぎ、お問合せください!
お申込・お支払いの期日は10月8日(金)となります。

■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレットのご請求はこちら


投稿者名 とらお 投稿日時 2021年09月28日 | Permalink

飛鳥Ⅱ2023年オセアニアグランドクルーズ発表!11月5日(金)発売開始


ミルフォードサウンドを通航する飛鳥Ⅱ
photo by Tsuneo Nakamura<画像提供:郵船クルーズ株式会社>


 2022年2月に予定していました飛鳥Ⅱ2022年オセアニアグランドクルーズは新型コロナウイルス感染状況や寄港各国の状況を総合的に鑑み、運航中止が決定しました。また、同時に2023年オセアニアグランドクルーズが新たに発表になりました。

 発売開始は2021年11月5日(金)午前10:30~となり、郵船トラベルでは現在、発売前に事前受付を行っています。皆様からのお問合せを心よりお待ちいたしております。

<クルーズスケジュール>
Aコース横浜発着 2023年2月11日▶3月20日 38日間
Bコース神戸発着 2023年2月12日▶3月21日 38日間


■食事:A・Bコース共通/朝27回、昼37回、夕37回
■N:オーバーナイトステイ 1泊停泊します。
■観光:寄港地観光ツアー 寄港地での半日または1日観光ツアーです(別料金・定員制)。
■特典:特典ツアー:運航会社・郵船クルーズ株式会社が提供する無償の特典サービスです。
※不参加もしくは不催行の場合でも他ツアーへの振替や相当額の補償はありません。

<旅行代金について>
 今回もお申込・お支払い時期により下記の割引が適用されます。お早目のご予約、お支払いがお得です。



※7デッキの客室K、F、D3の販売は当面の間休止します(船会社の都合により客室Kでお申し込みのお客様を一部7デッキの客室へご案内する場合もございます)。販売を再開する場合はホームページ等でお知らせします。
※客室をお一人様でご利用の場合は、客室Sは200%、客室W、Aは180%、客室Cは150%、客室D、Eは130%、客室Kは160%の割増代金が必要です。お一人様でご利用いただける客室には限りがございます。相部屋は承っていません。
※燃油サーチャージは2021年9月1日現在不要ですが、今後原油価格の動向により旅行代金とは別にお客様にご負担いただく場合があります。
※Aコースのお客様で2023年3月21日神戸にて下船される場合は、1泊分の追加代金が必要です。

<旅行代金のお支払いについて>
この旅行商品で利用する飛鳥Ⅱを手配するにあたり、事前にその運賃の全額の支払いが必要となります。このため、この旅行商品の旅行代金は、お申し込み時にお支払いいただく申込金のほか、2022年10月31日( 月)までに残額をお支払いいただきます。グランド特別割引適用のお客様は2022年6月30日(木)までに、早期全額支払割引適用のお客様は2022年8月31日(水)までに全額お支払いいただきます。2022年10月31日( 月)以降にお申し込みの場合は、ご予約時に全額をお支払いいただきます。

<取消料について>
横浜発は2022年10月13日までのお取消し、神戸発は10月14日までのお取消しについては取消料が発生しません。この場合、お預かりした旅行代金は全額お返しいたします。詳細はパンフレットの旅行条件をご覧ください。

 飛鳥Ⅱのグランドクルーズの中でも、最も人気のオセアニア。2023年にはすべての不安要素が払拭されて、皆様が安心してご旅行いただけるよう願っております。
 飛鳥Ⅱ2023年オセアニアグランドクルーズについてさらに詳しくお知りになりたい場合は郵船トラベルへお問合せ下さい。ご希望の方へはパンフレットをお送りいたします。
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年09月24日 | Permalink

10月の飛鳥Ⅱ 8本の運航が確定しました


投稿者名 とらお 投稿日時 2021年09月17日 | Permalink