平安時代の添乗員は大変だった? ~現代の熊野詣はクルーズでらくらく~


熊野古道(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)


 「陸の孤島」という言葉があります。文字通り、陸地にありながら絶海の孤島のように容易にたどり着けない場所です。日本列島の約70%が山岳地帯と丘陵地に占められているためこのような場所が多いのですが、その一つが紀伊半島の南端、熊野です。昭和34年(1959年)に紀州本線が開通するまで「陸の孤島」と呼ばれていました。

 車も列車もない平安時代、907年の宇多法皇から1281年の亀山上皇までの374年の間におよそ100度の熊野御幸(上皇・法皇が外出すること)が行われました。その後、中世期には「蟻の熊野詣」と言われるほどブームになり、庶民にも広がったそうです。とはいえ京都から最短でも片道約200km、現在ですら、クルーズ船が寄港する新宮港までは車でも列車でも4時間もかかるにもかかわらず・・・です。


熊野那智大社 牛王神事
(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)

 当時の熊野御幸の様子は平安時代の有名歌人藤原定家の日記「明月記(国宝)」に残っています。これによりますと、当時22歳の後鳥羽上皇の御幸に供奉(同行)した藤原定家は40歳。
 1201年10月5日に京都の城南宮を出発、16日に熊野本宮大社、18日に熊野速玉大社、19日に那智の滝に到達し、難所を越えて26日に京都に帰着する22日間のグランドツアーです。

 彼の任務は一行に先駆けて船や昼食、宿所を設営することでした。日頃はインドア派、小倉百人一首の選者になるほどの歌人は、不慣れながら上皇のために馬を馳せ、御経供養や奉幣(社寺に御経や供物の提供)に奔走します。予定していた宿舎が忌中で利用できないなどのハプニングに見舞われ、夜は上皇に請われエンターテイメントとして歌会の開催。とにかく、ボロボロになるほど大変だったと日記には記載されています。南紀の暑さで体調を崩し、後半は日記の筆がすすまなくなるほど、辛い状態になりました。
 京に戻った翌日は、早朝から旅で利用した雑物(アウトドア用品?)を洗い、先達(山岳の指導者)に返却したとも書いてあります。ご苦労さまでした。


熊野速玉大社
(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)

 あれ、筆者は全く縁が無いと思っていた平安歌人に急に親近感がわきました。定家が行ったことは、まさにお客様のために東奔西走する旅行会社の添乗員!旅行会社の業務は手数料が収入になる営利行為ですが、こんなに大変な目に遭いながらも手配を請け負った定家の目的はなんだったのでしょうか?

 ズバリ出世です。一説によるとこの時の位は左近衛少将でしたが、中将に取り上げて欲しかったそうです。功績をあげて、課長から部長になりたい、という感じでしょうか。
 この話には残念なオチがあります。この年の12月23日徐目(任官の儀式)の日、定家には何の音沙汰もなかったとか(泣)。

  来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くや藻塩(もしほ)の 身もこがれつつ
                          (藤原定家 小倉百人一首) 


熊野古道(画像提供:新宮市観光協会)

 藤原定家のように苦労しなくても、現代の熊野詣はクルーズなら、らくらくです。ちなみに、熊野御幸は天皇を引退した上皇・法皇のみで、現役の天皇は1度も行っていません。
 熊野詣は聖地を目指し、蘇りを願う信仰であり修行であったのですが、実際には遊興の意味合いも兼ねていました。時間もお金も自由に使える引退後の長旅は、いつの時代も現役では難しいようです。

 平成16年(2004年)熊野古道は「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されました。代表的なルートは紀伊半島の西側「紀伊路」、東側は「伊勢路です。前者がご紹介した御幸が通った道で、道筋には休憩所を兼ねた王子社がまつられていました。後者は、江戸時代に伊勢参宮を終えた旅人達が辿った道で、いわば庶民の道でした。そして中央には熊野三山を結ぶ「中辺路」が通じています。これらの熊野古道は今ではトレッキングを楽しむ方が多く、木々に囲まれた石畳を歩くと夏でも涼やかな風が吹いています。

 熊野古道は新宮市の熊野速玉大社、田辺市の熊野本宮大社、そして那智勝浦町にある熊野那智大社を詣でる道です。古代より神々の霊が隠れ籠る独自の聖域をなした場所に祀られていた熊野三山ですが、不便な場所にあるからこそ、いにしえの高貴な方々を魅了したのかもしれません。すでに訪れている方も多いかもしれませんが、34回も御幸した後白河上皇のように、蘇りを願い、何度も訪れてみてはいかがでしょうか?          


熊野本宮大社(写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟)

 長らく、運航中止となっていたクルーズは再開となり、にっぽん丸は8月と9月に熊野を訪れるクルーズを実施します。古代からの聖地でいにしえの人々の足跡をたどってみてはいかがでしょうか?下記のクルーズが予定されています。

✿2021/8/14-8/16 夏休み 熊野クルーズ 2泊3日<お盆休み・花火鑑賞>
 横浜-新宮(白浜沖)-横浜(東京発着より変更)
☆新宮での観光をお楽しみいただいた夜は、白浜沖で「SHIRAHAMA2021花火ラリー」(約800発)を船上から観覧。

✿2021/9/23-9/26 にっぽん丸で航く 秋の熊野古道 3泊4日<新宮停泊>
 横浜-新宮(停泊)-横浜
☆熊野エリアを2日間かけてたっぷり楽しむクルーズ。熊野古道への連絡バスを運行します。
 熊野三山や熊野古道 伊勢路(松本峠と馬越峠)を歩くツアーを実施予定です(別料金)。

 上記の他にも多数コースが発表になりました。詳しくはこちらのブログもご覧ください。にっぽん丸の船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年07月09日 | Permalink

熊野大花火 [花火で巡る日本 8月]

300年以上の歴史がある熊野大花火大会は毎年8月17日に三重県熊野市の七里御浜海岸で開催されます。
見どころは全速力で走る2隻の船から点火した花火をつぎつぎと海に投げ入れ、船を追うように海上で花火が開くスリリングな海上自爆、また重さ250kgの三尺玉が海上で花開き直径600メートルにも広がる豪華な三尺玉海上自爆、そして、ここでしか体験できない「鬼が城大仕掛け」です。
国の名勝天然記念物でもある鬼ヶ城という岩場や洞窟を利用した仕掛花火は、岩場や洞窟といった自然の地形を利用して行うため、岩場ならではの反射音や洞窟での響鳴音が加わり大迫力でフィナーレを飾ります。


熊野大花火には、クルーズ船も大集合。3隻が寄港して港に華を添えます。

ダイヤモンド・プリンセス 熊野大花火と夏の日本南国めぐり・韓国 8日間 <2018年8月15日出発>
旅行期間:2018年8月15日(水)~8月22日(水)
出発地/帰着地:横浜港
日数:8日間

飛鳥II 鳥羽・熊野大花火クルーズ 4日間 <2018年8月16日出発>
旅行期間:2018年8月16日(木)~8月19日(日)
出発地/帰着地:横浜港
日数:4日間

にっぽん丸 夏休み 熊野大花火大会と徳島クルーズ 3日間 <2018年8月17日出発>
旅行期間:2018年8月17日(金)~8月19日(日)
出発地/帰着地:四日市港
日数:3日間

既にキャンセル待ちのコースもございます。最新のクルーズ情報はメールマガジンでお届けいたしますので、ぜひご登録ください。

郵船トラベル 花火クルーズMAPはこちら



投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年02月25日 | Permalink

どんどん高松 [花火で巡る日本 8月]

四国の四大祭りのひとつに数えられる「さぬき高松まつり」は香川県高松市で毎年8月12日から14日に行われます。ゆかたグランプリや、さぬきうどん大食い選手権、音楽ライブ、お笑いライブ、お化け屋敷にビアガーデン、そして最終日の「総おどり」まで、地域が一体になって様々な関連イベントがあり、「ものっそ高松」を合言葉に繰り広げられる一大イベントです。ちなみに「ものっそ」は香川の方言で「ものすごい」という意味です。

さぬき高松まつりのハイライトは13日の夜に行われる花火大会「どんどん高松」。
四国最大級の迫力の花火大会が高松港の夜空を華やかに彩ります。

この数年は、花火大会に合わせて飛鳥IIが毎年寄港しています。

飛鳥II 阿波おどり・高松花火クルーズ 6日間 <2018年8月11日出発>
旅行期間:2018年8月11日(土)~8月16日(木)
出発地/帰着地:横浜港
日数:6日間



郵船トラベル 花火クルーズMAPはこちら


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年02月23日 | Permalink

館山湾花火大会 [花火で巡る日本 8月]

波が穏やかで、まるで鏡のように見えることから「鏡ヶ浦」とも呼ばれる千葉県館山市の館山湾。
この館山湾で毎年8月8日に館山観光まつり館山湾花火大会が行なわれます。
海岸付近から約1万発が打ち上げられ、海面から打ち上げられる関東最大規模の8号玉の水中花火や、大小100発のスターマインが次から次へと打ち上げられる特大スターマインが圧巻です。
花火大会は数あれど、鏡のような海面に花火の輝きが映り込む幻想的な美しさは他ではなかなか見られません。
当日は全国学生フラメンコ連盟(フレスポン)のステージ「花火とフラメンコ」も開催され、花火とシンクロしたダンスで会場を盛り上げます。

クルーズでは、にっぽん丸が館山花火クルーズを運航します。

にっぽん丸 夏休み 館山花火クルーズ 3日間 <2018年8月7日出発>
旅行期間:2018年8月7日(火)~2018年8月9日(木)
出発地/帰着地:横浜港
日数:3日間

今年は既にキャンセル待ちとなっておりますが、来年のチャンスを狙いたい方はメールマガジンにご登録いただけますと、最新コースの発表をいち早くお知らせいたします。


郵船トラベル 花火クルーズMAPはこちら


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年02月15日 | Permalink

青森花火大会 [花火で巡る日本 8月]


国の重要無形民俗文化財に指定されている青森ねぶた祭り。青森県青森市で毎年8月2日から7日に開催され期間中は200万人もの観光客が訪れると言われる盛大な夏祭りです。鮮やかに彩色された勇壮なねぶたが市内を運行し、ハネト(跳人)と呼ばれる踊り手が「ラッセラー」の掛け声と共に跳ねおどり、東北の短い夏を熱く盛り上げます。

クライマックスを飾るのが、最終日前夜に行われる、ねぶたの海上運行と花火大会(青森花火大会)です。
光り輝くねぶたが夜の海上を行きかう幻想的な海上運行のあと、約1万発の花火が祭りの夜を締めくくります。


この夏の一大イベントにクルーズ船で海からアクセスすることもできます。

飛鳥II 竿燈・ねぶた祭クルーズ 7日間 <2018年8月3日出発>


旅行期間:2018年8月3日(金)~2018年8月9日(木)
出発地/帰着地:横浜港
日数:7日間

ねぶた祭りの期間中はホテルの確保も難しいのですが、クルーズ船なら心配無用です。ねぶた祭りは港から徒歩圏内に乗船客専用の観覧席をご用意し、花火大会は船上からご覧いただきます。

毎年、発表と同時にお申し込みが殺到するクルーズとなっており、今年も既にキャンセル待ちとなっておりますが、来年のチャンスを狙いたい方はメールマガジンにご登録いただけますと、最新コースの発表をいち早くお知らせいたします。



郵船トラベル 花火クルーズMAPはこちら


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年02月13日 | Permalink