クルーズスタイル横浜2018〜ご来場有難うございました!

郵船トラベルもおすすめのクルーズをご紹介しました


会場入り口には船の模型がズラリ。

4月14日(土)、15日(日)の2日間にわたり、横浜港の大さん橋客船ターミナル内大さん橋ホールでクルーズの祭典「クルーズスタイル横浜2018」が開催されました。

VRゴーグルを使ってのバーチャル体験や、「マツコの知らない世界」でお馴染みの上田寿美子さんをはじめゲストの方々によるトークショー、客船会社やクルーズを扱う旅行会社のブースやステージなど、クルーズの魅力をたっぷりと詰め込んだイベントは沢山のお客様で賑わい、2日間の入場者数は合計36,993人にのぼったとのことです。

ご来場いただきました皆さま、有難うございました!


イベント期間中、大さん橋には約9万トンの大型客船セレブリティ・ミレニアムと1万トン未満のプライベート・ヨット・スタイルのスター・レジェンドが寄港していました。クルーズ客船はそれぞれに個性があり、魅力や楽しみ方もそれぞれに違うのがまた、クルーズファンにはたまらないところです。


スター・レジェンド

セレブリティ・ミレニアム

客船ターミナルには実際の乗船客の方が行き来し、14日夕方にはスター・レジェンド、15日夕方にはセレブリティ・ミレニアムの出港シーンも見ることができました。(横浜港では最近、黄色いタオルを振って船を見送るという演出があります。)


停泊中のセレブリティ・ミレニアムからはシェフが登場してステージで新作メニューを実際に調理するというショーがありました。会場には美味しそうな香りが漂い、見事な手さばきでステーキ、ソース、サラダが完成。ステージ観覧のお客様に試食が振る舞われました。

また、同じく船内のバーテンダーがアクロバティックにカクテルを作るデモンストレーションもあり、人気を集めていました。


セレブリティ・ミレニアムは今年9月に日本一周クルーズを運行します。


水陸両用バス

横浜観光の水陸両用バスはセレブリティ・ミレニアムのすぐ横まで行っていました。間近から見上げる巨大客船は迫力満点でしょうね!


最後に、郵船トラベルがステージでご案内したクルーズについてお問合せをいただきましたので、ここでお知らせいたします。

クリスタル・セレニティ 陽光の地中海クルーズ マルセイユ~バルセロナ 11日間 <2018年9月28日出発>

ぱしふぃっく びいなす 秋の味覚と世界遺産・ 熊野古道クルーズ3日間 Bコース 横浜発着<2018年11月9日出発>

ぱしふぃっく びいなす 秋の味覚と世界遺産・ 熊野古道クルーズ3日間 Aコース 木更津発横浜着<2018年11月9日出発>

【2018夏休み特別企画】ディズニー・ドリーム号で航く バハマ4泊クルーズとウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート 9日間 <2018年8月11日出発>

また、セレブリティ・ミレニアムのクルーズはこちらとなります。
セレブリティ・ミレニアムで航く 日本一周秋の美巡りクルーズ13日間<2018年9月30日出発>


来年のクルーズスタイルが楽しみです。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年04月19日 | Permalink

横浜港に新客船ターミナル

横浜港〈イメージ〉

日本への外国のクルーズ船の寄港が増加し、更に船の大型化が進む中で、横浜では新たにクルーズターミナルの計画が進んでいます。みなとみらい21地区の新港ふ頭の整備が進められており、「ヨコハマウミエキ」をコンセプトに敷地面積1万7400平方メートル、延べ床面積は2万8600平方メートル、地上5階建のターミナルビルが建設され、2019年春頃に供用開始予定とのことです。

新港ふ頭は、大さん橋と平行に並んでいるので、客船が4隻ずらりと並んで停泊するシーンが見られるようになりそうです。

ベイブリッジをくぐれない船のためには、ベイブリッジの外側の本牧ふ頭に、超大型船を優先的に着岸させる岸壁を造る計画もあるようですが、2025年供用開始が目標とのことで、当面は引き続き大黒ふ頭が利用されます。大さん橋客船ターミナルの標準船型が3万総トンのところ、こちらは22万総トン級の客船を受け入れ可能なので、供用開始したら受け入れキャパシティがかなり広がりますね。

また、山下ふ頭の再開発に伴い、こちらでもいずれ客船を受け入れるようになるそうです。

横浜港の華麗な変身が楽しみです!


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年03月04日 | Permalink

氷川丸でスナップ!

氷川丸の船内やデッキからの景色を、飛鳥IIでの撮影や講座を手掛けるプロカメラマンと一緒に撮影するイベントが開催されます。
氷川丸ファンの方、これからクルーズに参加して写真を撮りたいと思っている方、お見逃しなく!

日時:
3月2日(金) 11:00~13:00
3月3日(土) 11:00~13:00
氷川丸船内やデッキからの景色を、飛鳥IIでの撮影、講座も手がけるプロと一緒に撮影してみませんか。

講師:
佐藤 敦彦 氏(株式会社 海事プレス社)

集合:
日本郵船氷川丸 エントランスロビー(横浜市中区山下町山下公園地先)

会場:
氷川丸船内

参加費:
500円(氷川丸入館料別途)

定員:
各回15名

持ち物:
デジタル一眼カメラ(三脚は不可)
※ご参加の方は、別途氷川丸入館料が必要です。
 氷川丸入館料一般・大学生300円、シニア 65才以上200 円、小中高生100円

詳細・お問い合わせは公式サイトをご参照ください。
日本郵船氷川丸 公式サイト:
http://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/event/granblue/
※このイベントは企画展「グランブルーの静寂~もうひとつの氷川丸~」の関連企画となります。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年02月10日 | Permalink

氷川丸船内の非公開場所見学ツアー

横浜山下公園に係留、公開されている日本郵船氷川丸は横浜港のシンボル。
レトロで趣のある船内に足を踏み入れると、氷川丸が現役の客船として活躍した時代にタイムスリップした気がして、とても優雅な気持ちになれます。


さてこの度、氷川丸で船内の非公開場所見学ツアーが開催されます。
当日は氷川丸の歴史を学ぶDVD鑑賞の後、普段は見られない乗組員の部屋や船首部分などに案内してもらえるとのこと。
また、日本郵船歴史博物館で1月20日から開催中の企画展「グランブルーの静寂~もうひとつの氷川丸~」で紹介されている姉妹船・平安丸の過去の写真と現在の氷川丸を比べながらの見学もできるそうです。



予約制になっていますので、ご興味のある方はお早めに!

氷川丸船内の非公開場所見学ツアー:
開催日: 2018年2月15日(木)、3月15日(木) 
開催時間: 11:00~12:30、14:00~15:30(各日2回)
集合: 各回、10分前に氷川丸船内エントランスロビー
料金: 入館料のみ(入館料支払後、上記に集合)
定員: 各回、10名
予約先: 045-211-1923(日本郵船歴史博物館)
※ご参加の際は、動きやすい服装(長袖)・運動靴でお越しください。
※天候によりコースが変更となる場合があります。

日本郵船氷川丸 オフィシャルサイト:
http://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/event/tour/


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年01月25日 | Permalink

飛鳥Ⅱ脇屋元機関長のよもやま話と飛鳥Ⅱクルーズ説明会   ~日本郵船歴史博物館~

日本郵船歴史博物館で講演される脇屋館長代理

来る2月19日(金)14:00~15:30 日本郵船歴史博物館セミナールームにおいて飛鳥Ⅱ脇屋元機関長によりますよもやま話と2017年1月~3月実施の飛鳥Ⅱアジアパシフィックグランドクルーズ等のクルーズ説明会が開催されます。脇屋元機関長は初代飛鳥と飛鳥Ⅱで15年間にわたり機関長として船の安全運航と設備の保守点検に尽力されてきましたが、普段はなかなか聞けないよもやま話です。アジアパシフィッククルーズの見所についても郵船トラベルスタッフがご説明させて頂きます。日本郵船歴史博物館の入館料も含め無料となっておりますので、ご興味ございましたら横浜クルーズセンター 電話:045-640-6560    FAX:045-640-6562  E-Mail:ccy@ytk.co.jp までご予約お願い致します。


投稿者名 影の横浜情報屋 投稿日時 2016年02月04日 | Permalink