催行決定!2017年夏休みは世界最大の5本マスト帆船に乗船のチャンス!ロイヤル・クリッパーでグルメ三昧


美しき雄姿、ギネス認定世界最大の5本マスト帆船ロイヤル・クリッパー え?これに乗れるなんて素敵!


もしかすると・・・大型帆船=商船大学の練習船?と思っていませんか?いえいえ、世界にはお客様をお乗せして実際に帆に風を受けて操舵するラグジュアリーな帆船が存在するのです。今回ご紹介するのは郵船トラベルが2013年からツアーとして実施し、毎年乗船したお客様から「今までで一番楽しかった旅行」「また乗船したい」(実際に数組がこの3年間に別航路でリピートしています)と、言わしめたロマンあふれる船旅なのです。
今回はローマからイオニア海を渡り、アドリア海を北上してベニスへ向かうベストセラー航路のご紹介です。



いかにもイタリア人好みの凝ったプール。

乗船前は中世期ごろにローマ教皇が訪れていた温泉保養地、ヴィテルボで1泊。ハマム(蒸し風呂)やテルメ(温泉)、屋内、屋外あわせて6プールでゆったりお過ごしいただき、ロイヤル・クリッパーの待つチビタベッキアに向かいます。


ドブロブニクの旧港にテンダーで直接上陸できる数少ない船です

特筆すべき寄港地はドブロブニク。大型船は新港に着岸し、旧市街の入り口、ペレ門までバスで移動しなくてはなりませんが、ロイヤル・クリッパーのように喫水の浅い船なら、珊瑚を傷めることなく、近くで錨泊できるのでテンダーボートで旧港から直接上陸が可能!お昼間はスルジ山からの絶景を堪能したり、城壁を歩いたり、思い思いに散策した後、お楽しみはこれから。ご希望の方には観光客の喧噪がなくなった夜のドブロブニクで地元の食材を使った美味しいレストランにご案内しています。


世界三大珍味のトリュフの産地、パスタがおすすめ

イタリアのお料理が美味しいことは言うまでもありませんが、アドリア海沿岸も美食宝庫。ドブロブニクの郊外には牡蠣の養殖場があり、いつでも新鮮な牡蠣が食べられます。スカンピ(手長エビ)のグリルも人気。熟成した生ハム、チーズはお隣のコトル(モンテネグロ)の特産品で、試食できるカフェを訪れることができます。ロヴィニでは瓶入りトリュフのお買いものが人気。海の幸と山の幸、いずれも存分にご堪能いただけます。
もちろん、船でも美食三昧でお過ごしいただけます。


日本の牡蠣より癖がありません

熟成した生ハムも美味


モンテネグロのコトル停泊中

コトルは2000m弱の山岳に囲まれた湖のような静かな入り江。四輪駆動車でのオフロードドライブや世界遺産、旧市街の観光も楽しめます。さて、そろそろ船を紹介しなくては・・・


豪華なダイニング、天井に秘密が・・・


スタークリッパーズのロゴ入りおしゃれな器で美味しいお料理をどうぞ

この豪華な吹き抜けがあるのは船の中心部で、テーブルのある階は200名以上のお客様が一堂に会することができるメインダイニングです。薄いブルーのキラキラした天井には秘密が・・・これはサンデッキのプールの底で明かり取りのため、ガラスでできています。見上げれば、泳ぐ人の姿が見えるときもあるので驚かないでくださいね!


あまりにご紹介することが多すぎて書ききれませんが、こんな素敵な帆船に乗船できるロイヤル・クリッパー「南イタリアとアドリア海クルーズ」が添乗員同行で催行決定となりました。お部屋もフライトもお席が少なくなってまいりましたので、ぜひともお急ぎお問い合わせください。皆様を夢の世界にお連れいたします!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2017年05月24日 | Permalink

5月18日(木)は神保町でポール・ゴーギャンの副社長をお招きして説明会開催!

モーレア島のバリハイ山を背にするポール・ゴーギャン

世界で最も美しく、安全なタヒチ。ハネムーナー以外には縁がない場所とお思いならそれはあまりにもったいない!そこはあらゆる年代の方々を暖かく迎え入れる人生のご褒美にぴったりの永遠の楽園です。成田からは乗り継なしでパペーテへ。その日のうちにポール・ゴーギャンに乗り込めば、宝石のような環礁に囲まれた穏やかな海を抱く島々にいざないます。


パレオの巻き方をレクチャーしてくれるタヒチアン

乗船日は日本語ガイドがポール・ゴーギャンに一緒に乗り込んで船内を案内するので安心。船内にあるミシュラン星付きレストランの予約やオプショナルツアーの予約もおまかせ下さい。なんといっても楽しみは3日目に寄港する「モトゥ・マハナ」。ポール・ゴーギャンのお客様専用の小島でBBQランチを楽しみ、パレオの巻き方やヤシの葉で作る帽子レクチャーなど、南の島らしいイベントが満載。

海でたっぷり遊んだあとは、船内でゆったり。繊細で美しい盛り付けの美味しいお料理でおもてなしします。
お料理にあう美味しいワインも、乗船日にお部屋に入るウェルカムシャンパンもフランス製。タヒチにいながらにして、パリの星付きシェフ監修のお料理がいただけるなんて、なんて贅沢!でも、船内の雰囲気は堅苦しさがない上質なリゾートカジュアル、心も体もリラックスできます。


ゴージャスなメインダイニング。話もはずみます。

エトワール(メインダイニング)のお料理。

まだまだご紹介したいことはたくさんあるのですが、5月18日(木)にポール・ゴーギャンの副社長が来日、郵船トラベルの本社を訪れることとなりました。この機会にポール・ゴーギャンの魅力を語っていただくべく、説明会を開催いたします。画像をまじえ、わかりやすくご案内しますので、憧れのタヒチ、ちょっぴりでも興味のある方はお気軽にお越しください。事前にお電話でご連絡をお待ちしています。


オスカー・アベロ(ポール・ゴーギャン副社長)

日時 : 2017年5月18日(木) 16:00~17:00
場所 : 郵船トラベル 神保町本社ビル 8階 説明会場(下図をご参照ください)
内容 : ポール・ゴーギャン社 副社長オスカー・アベロ氏をゲストに迎え、ポール・ゴーギャンとタヒチの魅力をお話します。ポール・ゴーギャンの日本総代理店インターナショナル・クルーズマーケティングのスタッフが通訳いたします。


皆様のご参加を心よりお待ちいたしております!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2017年05月15日 | Permalink

今年こそ行きたいアイスランド、2/28は阪急うめだ本店でラグジュアリーなクルーズセミナー開催!


アイスランドのフィヨルドを航行するスターレジェンド(2016年撮影)

昨年の7月、ウィンドスター社が初めて実施したアイスランド一周航路はあっと言う間に満席となり、好評を博しました。郵船トラベルも募集型企画のツアーを実施し「想像以上にアイスランドの自然は素晴らしい!」「船もスタッフが親切で、お料理も美味しくて最高に良かった」とお客様よりお褒めの言葉を頂戴しました。また、予約の取りにくいスタイリッシュなホテル、イオンアドベンチャーラグジュアリーホテルも大好評でした。


ぐるっとアイスランドを一周する珍しい航路

聞くからに寒々しい国名の「アイスランド」、実際には火の国の異名を持つように高温度地熱地帯から湧き出る温泉湯量は世界のどの国よりも多く、地表から高く吹き上がる間欠泉は特に有名です。また、メキシコ暖流の影響を受けているので夏は12℃~18℃で涼しくさわやか、最も寒い1月でも平均気温は1℃、日本の秋田県と変わらない気温で「アイスランド人は夏でも冬でも同じ格好をしている」と言われる所以です。


勢いよく吹き上がる間欠泉。

さきほど触れた間欠泉ですが、ゴールデンサークルと言われるアイスランドで最も人気の観光地にあるゲイシール(ゲイシールは間欠泉という意味)は必見。油断をしていると全身がびしょ濡れになってしまう勢いです。おおよそ、5分~10分間隔で吹き上がります。ゴールデンサークルには、この他にもアイスランドの滝の女王と言われるグトロフォス、地殻変動を目の当たりにする地球の割れ目ギャウなど見所満載です。


海嶺(海底山脈)が地表に乗り上げている世界でも珍しいギャウ

今回のクルーズでは島に一カ所寄港します。1万年~2万年前の海底火山で出現したと言われるヘイマエイ島です。現在は漁業中心ののんびりした島ですが、1973年に大噴火が起こったため、北のポンペイとも言われています。昨年のクルーズでは、「見たことのないドラマティックな風景」と、お客様が感動していました。


火山活動がもたらした雄大な風景のヘイマエイ島

まだまだ、ドラマティックな景勝地が目白押しのアイスランド一周、2月28日(火)には阪急うめだ本店8階「シーズンイベント」にてクルーズ説明会を行います。今回はアイスランドの情報に加え、ウィンドスター日本総代理店の榎本律子氏をお招きして、スタープライドの魅力をお話いたします。皆様お誘いあわせの上、是非お越し下さい。


アイスランドのセミナーは2月28日の午後2時から

お忙しくて、あるいは遠方でセミナーには参加できない、という方はまずは「アイスランド一周」のパンフレットをご確認の上、是非お近くのクルーズセンターにお問い合わせください。お客様のご質問、ご要望に親切にお応えいたします。
お席の設定が非常に少ないツアーですので、お急ぎ、お問い合わせください。訪れれば感動されること間違いなしの素晴らしい大自然を体験していただけます。


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2017年02月22日 | Permalink

3月3日は人気リバー船でイラワジ川を悠々クルーズしませんか?12月22日までの募集です。

沈む夕日に映えるバガンの仏教遺跡群。ああ、この風景が見たかった!


ここがイラワジ川のハイライトです。

2016年3月、新しい民主化政権が発足し、11月にはアウンサンスーチー国家顧問が来日し、安倍首相と会談が開かれたことで記憶に新しいミャンマー。長い軍事政権下の間は観光も制限され、バガンを代表する仏教遺跡群はあたかも秘境かのごとく、日本からも気楽に訪れることは難しい場所でした。
時は流れ、イラワジ川沿いのマンダレーとバガンの間になる古い王朝や仏教遺跡群は世界から注目され、今や多くの人々がそれらに魅了され訪れています。


ところがミャンマーは1年を通して高温多湿の国。乾季の3月は最高気温が40℃まで達することもあり、ここで大活躍するのがリバークルーズ船です。午前、午後と観光をしてお昼はゆったり船で休憩しますので、体調にあわせてお過ごしいただくことができます。また、ミャンマーのインフラはまだまだ遅れていてイラワジ川にはほとんど橋がかかっていません。このため、陸路での観光ですと、両岸にある観光地に訪れるためにはフェリーの利用や迂回を強いられてしまいます。それもあり、リバークルーズ船は大活躍なのです。


マホガニーをたっぷり使った落ち着いた内装のオリエント・パンダウ

今回ご紹介するのはチーク材をたっぷり使ったコロニアル風のリバークルーズ船、オリエントパンダウ。アジアのリバークルーズには定評があり、メコン川でも多くの船が就航していて欧米のお客様には高い評価を得ています。暖かいサービス、地元の特産品を使い、洗練されたアジア料理は日本のお客様にも毎日食べても飽きないと、好評を博しています。


人気のミャンマーカレー「ヒン」

味も盛り付けも繊細なお料理


新鮮な野菜たっぷりのビュッフェもご用意


ここからクルーズは始まります

マンダレーの船着場から仏教遺跡がお出迎え。繊細な白い塔が丘の上に並んでいます。このあたりは良質の大理石が産出されることもあり、白く美しい建築物が多いのです。特に有名なのがマンダレーより上流にあるミングォンのシンビューメエ。他界した王妃のために建てられた須弥山に見立てた仏塔です。


7段になった波状の回廊は須弥山の山並みを表しています。


馬車はインワ観光の強い味方です。

次に訪れるインワはかつて王朝のあったところ。14世紀から約400年間もビルマ族王朝の都として栄えました。総チーク製のパガヤー僧院など見所も多く、それらが点在しているので観光には馬車がうってつけ!


なんともフォトジェニックなウー・ベイン橋を渡る僧のシルエット!

ウー・ベイン橋は19世紀前半にインワからアラマプラに遷都された際、インワの旧王朝からチーク材を運ぶために架けられた1.2kmもある木造の橋。160年間も修復されながら利用され、現在でも人々の生活に役立っています。


まだまだご紹介したい場所が目白押しのイラワジ川流域なのですが、ここで皆様に朗報!ずっと満席であったオリエント・パンダウ イラワジ川クルーズに若干の空席ができました。12月22日(木)でお部屋を返す都合で締切が迫っていますが、どうぞこのチャンスにお急ぎご検討下さい。
成田発着の航空機は安心の全日空、ヤンゴンとの往復は乗り換えなしの直行便です。到着日の夜は、ヤンゴンのシンボル、シェダゴォン・パヤーの黄金に輝く姿をご覧いただきます。
今一番行ってみたいアジアの国、ミャンマーに是非この機会に訪れてみてはいかが?


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2016年12月12日 | Permalink

11月18日(金)はトラベルジャーナリスト寺田直子が案内するガラパゴスセミナーにお越し下さい2

寺田直子さん「ガラパゴスもおまかせ!」

先週もお知らせしたガラパゴスセミナー、世界を旅するトラベルジャーナリスト寺田直子さんを郵船トラベルにお招きして11月18日(金)に行います。寺田さんのお話が間近で聞けるめったにないチャンスです。まだお席がありますのでご予約の上、是非お越し下さい。
シルバーガラパゴスの優雅なる冒険旅行説明会
 開催日時:2016年11月18日(金)
 午後3時~午後4時30分
 開催場所:郵船トラベル本社8階会議室
 TEL:03-5213-9987
 E-Mail:cct@ytk.co.jp
(都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線 神保町駅A4出口直結 波多野ビル)
 入場は無料ですが予約制となっています。まずはお電話お待ちしています!


ユーモラスな求愛ダンスで大人気のアオアシカツオドリ


さて、中米全般に広く生息している人気のアオアシカツオドリ。目にもまぶしい鮮やかな青い足を持ち、体調は80cmくらいで大きく、絶滅の危機に瀕しているとも言われ手厚く保護されています。アオアシカツオドリの人気の秘密はなんといってもユーモラスでゆっくりした動きの求愛ダンス!3月~5月ごろ、求愛するという説もあり、観察できるかもしれません。


どこでも上陸できるゾディアックボート。乗り心地もグー。

自然が保護され、船で巡るしかないガラパゴス観光の強い味方がゾディアックボート(強化ゴムボート)。冒険船、探検船と言われる船は必ず搭載していて、どんな場所でも上陸が可能なのです。時にはビーチランディングで砂浜にも上陸、画像のように岩場でもOK。港を整備していない自然そのままの場所を訪れることができます。


こんな間近でアシカの家族とご対面。

ゴールデンウィークの時期は気温も22℃~30℃くらいで快適。水に濡れても大丈夫です。ガラパゴスは動物たちや鳥たち、海洋生物との出会いを楽しむほか、火山の残したピナクルロックを見に行くハイキングや洞窟探検などフィールドウォークも楽しいところです。これらの自然観察も、シルバーガラパゴスならワングループ14名以下に一人、レベル2または3の資格を持ったベテランンガイドがご案内しますのでご満足いただけること間違いなし!本格的な一眼レフで写真撮影をしようとお考えの方には、撮影ポイントをアドバイスする専門の写真家も乗船していますのでシャッターチャンスを逃しません。大自然を肌で感じ、その雄大さと動物たちに癒されるガラパゴス。まずは11月18日に神保町でお待ちしています。


サンクリストバル島にて。沖合にはROCA LEON DORMIDOの奇岩が見えます。


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2016年11月14日 | Permalink