【緊急のお知らせ】クイーン・エリザベス 2024年の日本寄港決定!5月25日(水)21時より正式発売となります



 「来年の事を言えば鬼が笑う」ということわざがありますが、クルーズ業界ではそうとも言えないようです。本日、キュナード社は2024年のクルーズスケジュールを発表しました。新造船“クイーン・アン”も2024年1月にデビュー、そしてわれらがクイーン・エリザベスは2023年に続き、2024年も3月~5月にかけてゴールデンウイークを挟み、東京発着6クルーズを予定しています。

 日本での正式発売日は2022年5月25日(水)21時より、これは英国の現地時刻(5月25日午後1時)と同時となります。「キュナード・ワールドクラブ」メンバーは前日の同時刻より予約が可能です(※キュナード・ワールドクラブメンバーとは過去にキュナードの客船に乗船し、メンバーシップ登録がお済のお客様となります)。

 クルーズ代金は発売日に発表となりますので現時点では不明です。目安として2023年のパンフレットを参考にしてください。ご予約ご希望のお客様は本日より発売前の受付を行いますので、郵船トラベル営業時間内にお電話いただくか、時間外はE-mailにてお問合せください。クイーンズグリル、プリンセスグリルご希望のお客様は特にお急ぎください。


<2024年クイーン・エリザベス日本発着クルーズ スケジュール>

【Q412】2024年3月28日(木)▶4月7日(日) 東京発着 11日間
春爛漫 日本周遊と韓国 
東京-秋田-金沢-釜山-長崎-清水-東京

【Q413】2024年4月7日(日)▶4月16日(火) 東京発着 10日間
春の沖縄リゾートと台湾クルーズ
東京-花蓮-基隆-石垣島-沖縄(那覇)-東京

【Q414】2024年4月16日(火)▶4月26日(金) 東京発着 11日間
新緑の西日本歴史名所巡り
東京-神戸-高知-釜山-長崎-広島-東京


【Q415】2024年4月26日(金)▶5月5日(日) 東京発着 10日間
ゴールデンウィーク 新緑の日本周遊と韓国 
東京-青森-秋田-釜山-長崎-鹿児島-東京

【Q416】2024年5月5日(日)▶5月14日(火) 東京発着 10日間
ビックバンド・ボール 初夏の九州と韓国
東京-別府-釜山-佐世保-清水-東京

【Q417】2024年5月14日(火)▶5月24日(金) 東京発着 11日間
初夏の九州と済州島・台北クルーズ
東京-鹿児島-済州島-基隆-長崎-油津-東京

※Q412+Q413、Q413+Q414、Q416+Q417の連続乗船(各19日間)も可能です。


<2024年日本発着クルーズ特典>
●発売記念特典
2022年8月24日(木)までにご予約いただきますと、全てのカテゴリー対象に、チップ無料と有料レストラン「ステーキハウス・アット・ザ・ベランダ」のカバーチャージが1回無料となります。
●早期割引特典
2023年4月18日(火)までにご予約いただきますと、海側バルコニー客室(BA-CB)限定にて、クルーズ代金に30,000円の割引が適用されます。ソロ・クルーズ特別代金との併用はできません。
●ソロ・クルーズ特別代金
2023年8月31日(木)までにご予約いただきますと、海側バルコニー客室(BA-CB)限定にて、1名1室利用でご利用いただいた場合、お1人様利用代金が通常2名1室利用代金の175%のところ、150%にてご利用いただけます。

※この他、キュナード・ワールドクラブ特典などございますので条件等、詳細は郵船トラベルにお問合せください。
※上記クルーズスケジュール、特典は予定です。客室の混雑具合により終了、変更となる場合もございますのでお含みおきください。


ステーキハウス・アット・ザ・ベランダ


<お部屋のご紹介(一例)>
Q5-Q6:クイーンズスイート 約45㎡(バルコニー・バスタブ付/クイーンズ・グリル)
P1-P2:プリンセススイート 約31㎡(バルコニー・バスタブ付/プリンセス・グリル)
A1-A2:クラブバルコニー  約24㎡(バルコニー・シャワー付/ブリタニア・クラブ)
BA-CB:海側バルコニー     約21㎡(バルコニー・シャワー付)
EB-FC:海側窓付         約17㎡(窓・シャワー付)
GA-GC:デラックス内側       約19㎡(シャワー付)
IA-IF:スタンダード内側     約14㎡(シャワー付)
※BA~IFのお部屋はブリタニア・レストランご利用となります。
※CA、CB、FB、FCは一部視界が遮られるお部屋となります。


 英国の伝統と格式あるクイーン・エリザベス、日本にいながらにして英国に旅しているような気分を味わっていただけます。英国パブでエールをかたむけ、ブラックプールさながらのホールでダンスに興じ、時にはフェンシング体験。華やかなガラ・イブニングでおしゃれをお楽しみ頂けるクイーン・エリザベスならではの旅に出かけてみませんか?クイーン・エリザベスのよもやま話はこちらのブログも是非ご覧ください。


船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987  ✉ cctweb@ytk.co.jp
■神 戸☎ 078-251-6218  ✉ ccu@ytk.co.jp 
■福 岡☎ 092-475-0011  ✉ wfs@ytk.co.jp 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!
クルーズ最新情報はメールマガジンで配信しています。登録はこちら


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2022年05月09日 | Permalink

2023年のゴールデンウィークのために“クイーン・エリザベス横浜発着クルーズ”のお部屋をリザーブ!



 ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたでしょうか。本来なら、クイーン・エリザベスに乗船しているはずだった・・・という方もいらっしゃるかもしれません。2022年は見送られてしまいましたが、クイーン・エリザベス横浜発着クルーズは2023年、ベストシーズンの4月~5月にかけて実施することとなりました。
 2023年のゴールデンウイークに設定されているクルーズ【Q316】は海側バルコニー以下に少し空室があり、お取りできるお部屋がございます。また、クイーンズ・グリルやプリンセス・グリルが利用できる上級キャビンは5月出発のクルーズで確保できる可能性がありますので乗船ご希望の方はお急ぎ郵船トラベルにお問合せ下さい。

<2023年クイーン・エリザベス日本発着クルーズ スケジュール>
横浜発着は4つのコースが設定されています。
■各コースおすすめのお部屋と2名1室利用のお1人様代金をご紹介します。
租税・手数料および港湾費用は別途申し受けます。


【Q315】2023年4月19日(水)横浜発着 
深緑の日本周遊と韓国10日間

横浜-八代-福岡-釜山-金沢-秋田-横浜
世界最高峰のビートルズ「トリビュートバンド」の出演決定!
テーマクルーズの詳細はこちらのブログもご覧ください。
■BB海側バルコニー  322,000円
■EC海側       270,000円
■IDスタンダード内側  230,000円
租税・手数料および港湾費用(16,341円)


【Q316】2023年4月28日(金)横浜発着 
ゴールデンウィーク深緑の九州と韓国9日間

横浜-鹿児島-釜山-福岡-長崎-横浜
ゴールデンウイークをたっぷり使って英国気分でお過ごしください。
■BB海側バルコニー  369,000円
■BE海側バルコニー  350,000円
■EB海側       300,000円
■EC海側       290,000円
■FC海側                   275,000円
■IDスタンダード内側  250,000円
租税・手数料および港湾費用(14,896円)


【Q317】2023年5月6日(土)横浜発着 
北海道とウラジオストク10日間

横浜-函館-ウラジオストク-小樽-青森-横浜
爽やかな北海道とヨーロッパの雰囲気が漂うウラジオストクをお楽しみください。
■P1プリンセススイート 645,000円
■A1クラブバルコニー  465,000円
■BA海側バルコニー   332,000円
■EB海側          275,000円
■GAデラックス内側   250,000円
租税・手数料および港湾費用(16,191円)


【Q318】2023年5月15日(月)横浜発着 
初夏の西日本歴史名所巡り10日間

横浜-広島-釜山-長崎-油津-高知-横浜
西日本の本州、四国、九州の人気寄港地を訪れます。 
■Q5クイーンズスイート 863,000円
■P2プリンセススイート  600,000円
■BD海側バルコニー   316,000円
■EC海側         270,000円
■FC海側         255,000円
■IDスタンダード内側   230,000円
租税・手数料および港湾費用(16,729円)

<クルーズ代金について>
クイーン・エリザベスの客室カテゴリーは30に分かれていますので、現時点でお取りできる可能性のあるお部屋をご紹介します。掲載しています料金は2名1室ご利用の大人お1人当たりのクルーズ代金です。その他の客室や、シングル利用、3名1室、4名1室のクルーズ代金は郵船トラベルへお問合せ下さい。また、お部屋によりご利用いただけるレストラン、サービス内容が異なります。
クルーズ代金以外に、租税・手数料および港湾費用(国際観光旅客税1,000円を含む)が別途必要です。クイーン・エリザベスはチップ制を導入していますが、1名1室、2名1室利用の日本寄港についてのチップはクルーズ代金に含まれています。クルーズ代金は変動しますので、いずれも早いご予約がお得です。お急ぎ郵船トラベルへお問合せ下さい。

<お部屋について>
Q5-Q6:クイーンズスイート 約45㎡(バルコニー・バスタブ付/クイーンズ・グリル)
P1-P2:プリンセススイート 約31㎡(バルコニー・バスタブ付/プリンセス・グリル)
A1-A2:クラブバルコニー  約24㎡(バルコニー・シャワー付/ブリタニア・クラブ)
BA-CB:海側バルコニー     約21㎡(バルコニー・シャワー付)
EB-FC:海側窓付         約17㎡(窓・シャワー付)
GA-GC:デラックス内側       約19㎡(シャワー付)
IA-IF:スタンダード内側      約14㎡(シャワー付)
※BA~IFのお部屋はブリタニア・レストランご利用となります。
※CA、CB、FB、FCは一部視界が遮られるお部屋となります。


<2023年「海側バルコニー」ご予約の方への特典のご紹介>
クイーン・エリザベスの横浜発着クルーズでは「海側バルコニー」ご利用の方へ以下の特典をご用意しています。
①早期予約特典 
2022年8月31日までに、客室カテゴリー「海側バルコニー(BA~CB)」をご予約いただきますと、お1人あたりクルーズ代金がお得な価格設定となっています。
※Q316は対象外となります。
※ソロクルーズ特別代金との併用はできません。
②ソロクルーズ特別代金
客室カテゴリー「海側バルコニー(BA~CB)」をお1人様でご宿泊する場合に限り、2022年8月31日までにご予約いただきますと、客室数限定で2名1室利用のクルーズ代金に対して通常175%の割増を150%でご利用いただけます。
※Q316は対象外となります。
③「はじめてキュナード」キャンペーン
初めてキュナードに乗船されるお客様で、2022年8月31日までに【Q316】ゴールデンウィークの海側バルコニー(BA-CB)にお申込の方にはオンボードクレジットとしてお1人様US$75相当(1室2名様まで対象)と、キュナード・オリジナル・トートバッグを客室数限定にて提供いたします。


クリックするとパンフが開きます

 英国の伝統と格式あるクイーン・エリザベス、日本にいながらにして英国に旅しているような気分を味わっていただけます。英国パブでエールをかたむけ、ブラックプールさながらのホールでダンスに興じ、時にはフェンシング体験。華やかなガラ・イブニングでおしゃれをお楽しみ頂けるクイーン・エリザベスならではの旅に出かけてみませんか?クイーン・エリザベスのよもやま話はこちらのブログも是非ご覧ください。

船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!
クルーズ最新情報はメールマガジンで配信しています。登録はこちら


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2022年05月09日 | Permalink

~あなたのための、大切な装い~ クイーン・エリザベスのガラ・イブニングのお話



 初めての外国客船、そして今夜は初めてのガラ・イブニング。女性なら、胸の高まりが止まりません。アフタヌーン・ティーのお菓子もそこそこに、笑顔のウェイターに見送られて席を立ち、今夜に備えてお部屋にあわただしく戻ります。船内の美容室で髪を整え、メイクアップを施し、ドレスをまとい、ジュエリーを付け、ハイヒールを履き、小さなバッグを持つと・・・鏡の中には出会ったことのない「私」の姿が・・・完璧です。


ガブリエル・ガルコとローラ・トリシ
(イタリアのスーパーモデルと女優)

 フォーマルウェアを装う機会、とても少ないですよね。日本で暮らしていると夜に開催される結婚披露宴に出席するときくらいしか思い浮かびません。
 欧州では日本の和装同様、厳密な服装規定があり、夜間(18時以降)の観劇、オペラやバレイなどの鑑賞、舞踏会、晩餐会などで女性は、夜会服(イブニングドレス)を着用します。日本人ならちょっと抵抗があるベアトップ(腕や肩を出すスタイル)が正式とのことで、長いスカートはハイヒールを完全に隠します。
 かたわらにはレッドカーペットに現れるような蝶ネクタイでパリッとキメた男性がエスコート。うーん、憧れるものの、日本で実現するのは難しそうです。


 日本の女性に「ご自身のための」ドレスアップの機会を作ってくれたのが船旅です。平成元年(1989年)はクルーズ元年と呼ばれ、ふじ丸(2013年引退)が就航、1990年にはクリスタル・ハーモニー(現在の飛鳥Ⅱ)、1991年に初代飛鳥(現在のアマデア)が相次ぎデビューし、日本でも本格的なレジャークルーズが開始しました。


QE2(1969–2008)

 このころ、日本で誰しも知る最も有名な客船といえば「QE2(クイーン・エリザベス2)」。運営するキュナード社はこちらのブログでご紹介した通り、181年前、英国政府の郵便事業を担う会社として設立した伝統ある会社。QE2でも実施していたガラ・イブニングは階級制度が厳しかった時代の、一等客室の乗客が晩餐に装ったフォーマルウェアで過ごす夜を彷彿とさせます。
 日本や米国の客船もこれにならい、ショートクルーズでもフォーマルナイトが設定され「船旅は衣装が大変」と思いこまれてしまう事態となったのです。


 クルーズ元年からすでに30年が経過し、クルーズは旅行のひとつの形態として日本でも広く浸透してきました。フォーマルナイトの考え方も変わり、当初はフォーマルの日はルームサービス以外では食事ができないこともあったのですが、現在はお客様の様々なライフスタイルにお応えするために、ドレスコードにかかわらず、カジュアルな服装で利用できるレストランや施設も営業するようになりました。


GOLDEN LION

 クイーン・エリザベスではリド・レストラン、カジノ、ゴールデン・ライオン、カフェ・カリンシア、ガーデン・ラウンジ、ヨット・クラブについてはフォーマルウエアでなくともご利用いただくことができます。ただし、夜はTシャツ、半ズボン、デニム、運動靴などのラフな服装はお控え下さい。


 とはいえ、折角のガラ・イブニング、めいっぱいお洒落をして過ごしたいもの。服装選びのコツですが、ご自身がお持ちのドレスの中で最も華やかと思えるものをお選び下さい。それでも「あれ、意外と地味だった」と思うかもしれません。シンプルな黒のドレスならアクセサリーやストールを思い切り派手に。ロングドレスのみならず、フレアーパンツやカクテルドレスもOKです。外国客船に乗船すると、ご自身も楽しみながら、欧米人の洗練された洋装を鑑賞するのもガラ・イブニングならでは。
 和服派ならぜひともお気に入りの訪問着をお召し下さい。箪笥の肥やしが陽の目を見る時が来ました。外国の方から熱い注目を浴びること間違いなしです。海外で和服を着たい方は多いのですが、国際線航空機の荷物の制限がネック。でも、横浜発着のクイーン・エリザベスなら宅配便が利用できるのでらくらくです。

 2023年、クイーン・エリザベスは4月~5月にかけて日本に寄港し、横浜発着クルーズ4コース、区間クルーズも2コース設定しています。一部のコースは2022年8月31日(水)までにBA~CB(海側バルコニー)を2名1室でご予約いただいた方はお得な価格設定となる早期予約特典や、お1人でBA~CBをご予約される場合はシングル料率が175%→150%となるソロクルーズ特別代金を設定しています。


クリックするとパンフが開きます

 英国の伝統と格式あるクイーン・エリザベス、日本にいながらにしてお客様一人一人が主人公となる、華やかなガラ・イブニングをお楽しみ頂ける旅に出かけてみませんか?
船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年09月16日 | Permalink

~オリンピックとクイーン・エリザベスの意外な繋がり?~ 船上でフェンシング体験はいかが



 2021年に開催された東京2020オリンピック・パラリンピック。ここに至るまで大会関係者には予想外の事態に見舞われ、大変なご苦労があったと推察します。紆余曲折がありましたが、開幕後は、頂点を目指し、たゆまぬ努力を重ねてきたアスリートの活躍に世界中の人が心躍らせ、魅了されました。クルーズファンの皆様も、TV観戦を楽しまれたことと存じます。


ベルヴェデーレのアポロ像 バチカン美術館蔵

 オリンピックの起源は紀元前8世紀ごろ、古代オリンピア(ギリシャの ペロポネソス半島 西部)が発祥の地とされています。クルーズ船の寄港地、イオニア海に面したカタコロンから東へ車で30分ほど、神殿などの多くの遺跡が残り世界遺産に登録されています。
 古代オリンピアでなぜ競技が始まったのか、諸説ありますが、伝染病の蔓延に困ったエーリス王・イーピトスがアポロ神殿でお伺いを立てたところ「争いをやめ、競技会を復活せよ」という神託を賜ったと伝えられています。アポロは最高神ゼウスの息子で光輝くイケメンの太陽神。音楽、医療の神でもありました。

 神託の通り、争いが疫病蔓延の原因であるのなら、元来「平和の祭典」である東京2020オリンピック、パラリンピックが開催されたことは世界の安寧のために意味あることかもしれません。
 
 さて、近代オリンピックの夏季大会は1896年、古代オリンピックの祭典に敬意を表し、第一回はアテネ(ギリシャ)で開催されました。2度の世界大戦で大会の中断を余儀なくされたものの、この第一回から継続された競技の一つが「フェンシング」です。今回はクイーン・エリザベスの船上でも定期的に開催されているイベント、フェンシングについて調べてみました。

 え?フェンシングって、なんだか馴染みがないですよね。日本人にとって剣道は柔道と並び誰しも知るように、中世の剣術から発展した競技、フェンシングは欧州ではとてもポピュラーな種目なのだそうです。目にもとまらぬ速さで勝敗が決まる競技のため、楽しく観戦するには基本ルールだけでも押さえておきたいですよね。


 フェンシングは一瞬の隙を狙う素早い剣の応酬が最大の魅力です。個人、団体ともにフルーレ、サーブル、エペの3つの種目があり、それぞれ有効面(オレンジ色の相手を突くポイント)の範囲が異なります。動きがあまりに速いため、判定には「電気審判機」が使われ、試合はピストと呼ばれる伝導性パネルの上で行われます。照明が落とされた試合会場で、ライトアップされた2人が剣を激しく交わす姿は幻想的かつ、まばたきもためらうほどの緊張感です。


Foil(フルーレ)
攻撃は胴体への突きだけ。攻撃の優先権があり、攻撃ー防御ー攻撃ー防御といった攻防が瞬時に行われる戦いが特徴です。

Sabre(サーブル)
剣身のどの部分でも攻撃ができるため、突きと斬りがあります。有効面に触れただけでランプが点灯しますが、フルーレと同様に攻撃の優先権があり、駆け引きが繰り広げられます。

Épée(エペ)
全身が有効面。同時に突いて、ランプが両側点灯すれば両方の選手にポイントが付きます。判定がシンプルでわかりやすいため初心者でも観て楽しむことができます。

 日本人選手で過去にオリンピックの個人メダリストになったのは2008年の北京大会フルーレで銀を獲得した太田雄貴(おおた ゆうき)ただ一人。引退後は日本フェンシング協会の会長として組織改革に尽力されましたが、2021年6月19日、日本フェンシング協会の会長を退任。後任は「多くの人にフェンシングを知ってもらうために」タレントの武井壮が就任しました

 東京2020オリンピックのフェンシング競技では男子団体エペで日本初の悲願、金メダルを獲得しました!!おめでとうございます


クイーンズ・ルームで開催されるフェンシングのレッスン

 オリンピック観戦でフェンシングの基礎知識を得たら、2023年に横浜発着のクルーズを実施するクイーン・エリザベスの船上でフェンシング体験はいかがでしょうか?

 現在、クルーズ船でフェンシングイベントを開催しているのはキュナードの船だけで
、全く未経験の方でも参加できる1時間のレッスンが行われています。白の専用ジャケットを着用し、防護マスクを被り、剣を持てばヨーロッパのアスリート気分が味わえます。めったに経験できない機会ですので、是非チャレンジしてみてください。また、フェンシングのデモンストレーションも行われるそうですから、こちらも楽しみですね。
※イベント内容は変更となる場合があります。

 2023年、クイーン・エリザベスは4月~5月にかけて日本に寄港し、横浜発着クルーズ4コース、区間クルーズも2コース設定しています。一部のコースは2022年8月31日(水)までにBA~CB(海側バルコニー)を2名1室でご予約いただいた方はお得な価格設定となる早期予約特典や、お1人でBA~CBをご予約される場合はシングル料率が175%→150%となるソロクルーズ特別代金を設定しています。


クリックするとパンフが開きます

英国の伝統と格式あるクイーン・エリザベス、他船では体験できないフェンシングイベントで船上にいながらにしてヨーロッパの気分を味わえる旅に出かけてみませんか?
船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年07月19日 | Permalink

アフタヌーン・ティーの始まりはお腹がすいた公爵夫人のお蔭?~クイーン・エリザベスで優雅な午後のお茶を~



 6月14日のブログ、フィッシュ&チップスとエールをご紹介した記事をご覧いただいた方から2022年に日本を訪れる予定だったクイーン・エリザベスに乗船したいとの嬉しいご連絡を頂戴いたしました。残念ながら2022年のクルーズは中止となりましたが、2023年にクイーン・エリザベスは日本を訪れます。
 船上での英国式パブのおもてなしに、期待に胸を膨らませて下さっているのですが、如何せん、その方はお酒が1摘も飲めないとのこと。ご紹介させていただいた通り、パブはお酒のみならず、お食事やソフトドリンクも充実しているのですが、今回は英国といえば外せない、アフタヌーン・ティーについてお話いたします。今日の午後は薫り高い紅茶とお気に入りのスイーツをご用意してお付き合いください。


ベッドフォート公爵夫人アンナ・マリア・ラッセル
1820年ごろ

 19世紀初頭の英国、当時は貴族でもメインの食事は1日2回でした。朝食の後、午後8時頃に夕食を取るのが普通だったそうで、イングランドの大貴族、ベッドフォード公爵夫人、アンナ・マリア・ラッセルは「午後遅くになると(お腹が空いて)気が滅入る」と不満を漏らしていました。昼食もなしに午後8時の夕食となると、公爵夫人でなくともかなり辛いですね。
 
 日本でも江戸時代は1日2食、そのためにおやつ(午後2時頃、時刻を知らせる鐘が八つ鳴るのが語源)として、手早く食べられる蕎麦や鮨が発達したことは良く知られています。

 さて、お腹を空かせた公爵夫人はポットの紅茶とパンや小菓子を頂いて小腹を満たすことにしたそうです。彼女は友人を自宅に招き、おしゃべりを楽しみ、午後の社交習慣となりました。これは流行に敏感なロンドン貴族の女性たちの間でブームとなり、アフタヌーン・ティーは英国社会に浸透していきました。(キリンビバレッジのヒット飲料「午後の紅茶」のシンボル女性はベッドフォード公爵夫人がモデルだそうです)。
 その後、かのビクトリア女王も大規模なアフタヌーン・ティーを開催し「ティーレセプション」と呼ばれる正式な儀式となりました。
 それでは、紅茶が冷めないうちに、現代でもいただける伝統的なメニューをご紹介します。


Traditional Afternoon Tea Menu
(伝統的なアフタヌーン・ティーメニュー)


A selection of freshly prepared finger sandwiches
(作り立ての一口サンドイッチ)
Warm scones with clotted cream and preserves
(クロテッドクリームとジャムを添えた温かいスコーン)
A variety of home made cakes and pastries
(ホームメードケーキとペストリー)
Your choice from a range of teas
(お好みのお茶)
※シャンパンはオプションです

 さて、このような豪華なアフタヌーン・ティーをハイ・ティー(High tea)だと思っていませんか?Highは「高級な」という意味ではなくテーブルの高さに由来します。我々が通常アフタヌーン・ティーと呼ぶ、午後2時~4時頃にいただくものはロー・ティー(Low tea)で、元来ラウンジ・テーブルや客間の低いテーブルで提供されるものなのです。これにに対し、ハイ・ティーは午後5時~6時頃に食事用の高いテーブルで供され、夕方の喫茶であると同時に、事実上の夕食でした。紅茶や、サンドイッチなど簡素な軽食や菓子類のみならず、むしろ肉料理・魚料理が供される献立では、食事が主体なのです。


タイタニック3等客室のメニュー(筆者複製)

 何のために夕刻のハイ・ティーは供されていたのでしょうか?以前のブログでホワイト・スター・ラインについてご紹介しましたが、1912年のタイタニック最後の日の3等客室のメニューを見てみると、ありました!メニューの3番目に記載されているのは「TEA」です
 おや、BREAKFAST(朝食)の次はDINNER(夕食?)そしてTEA、SUPPERと続きます。ちなみに、1等客室のメニューは、朝食、昼食、夕食と別々に配布され、書ききれないほどの豪華なメニューでした。
 3等客室の乗船者は労働者階級だったので、彼らの食習慣から昼食時間に提供される食事がディナー(メインの食事)とされ、ボリュームのある内容だったそうです。

 そうしたことから、夕食に当たる時間帯にはTEAと呼ばれる比較的軽い食事を取っていたそうです(赤字)。それでも、冷製の肉、チーズ、ピクルス、イチジクとライスの煮込みなどが提供され、SUPPER(お夜食)もあったので食事の不満を言う乗客はいなかったとか。


 現代のクイーン・エリザベスでは伝統的なアフタヌーン・ティーを毎日午後3時30分からクイーンズ・ルームで開催しています。時にハープの音色に耳を傾けながら白手袋をしたウェイターによるお茶やお菓子のサービスで優雅なひと時をお過ごしいただけます。大変人気がありますのでお早目にお席を確保してください。
 また、オプションでベランダレストラン(予定)でのローラン・ペリエ・シャンパン&アフタヌーン・ティーもお楽しみ頂けます(別料金)。こちらは三段重ねのトレーでのサービスですので気分も盛り上がりますね。

 2023年、クイーン・エリザベスは4月~5月にかけて日本に寄港し、横浜発着クルーズ4コース、区間クルーズも2コース設定しています。一部のコースは2022年8月31日(水)までにBA~CB(海側バルコニー)を2名1室でご予約いただいた方はお得な価格設定となる早期予約特典や、お1人でBA~CBをご予約される場合はシングル料率が175%→150%となるソロクルーズ特別代金を設定しています。


クリックするとパンフが開きます

英国の伝統と格式あるクイーン・エリザベス、日本にいながらにしてアフタヌーン・ティーお楽しみ頂ける旅に出かけてみませんか?
船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年06月24日 | Permalink