客船ぱしふぃっくびいなすチャーターより #1

夜の大さん橋客船ターミナル岸壁にて


エントランスロビーは吹抜けで素敵

昨日、秋晴れの中、弊社の客船ぱしふぃっくびいなすチャータークルーズ<期間:11月9日(金)-11月11日(日)、2泊3日>が横浜港へ帰港。今回は、初日に木更津港と横浜港からご乗船客がいらっしゃったこともあり、前日の11月8日(木)の夜、スタッフが船に乗り込み、しっかりと事前準備を。そして、11/9(金)朝6時に木更津港へ向け回航。

さて、朝9時頃、木更津港に入港した際、小雨により式典開催が心配されましたが、何と!11時を過ぎると雨が上がり、岸壁では地元熱を感じさせる温かい催しに感動!木更津市の皆様、有難うございました!そして、本船は一度、横浜港を経由して夕方17時に出港。次の寄港地、新宮へ出港。この夜の夕食、素敵なショーは言葉では言い尽くせないほどのメニュー。明日は天気になりますようにと祈りながら就寝に(程よい揺れがたまりません)。


木更津港 出港シーン


木更津港 歓迎式典(一部)


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年11月12日 | Permalink

洋画家 妃香利さんの展覧会より

松屋銀座の会場にて


にっぽん丸(背景:朝焼け)

先日、ご案内した妃香利さんの展覧会に行ってきました。会場に到着するや否や、いきなり、客船にっぽん丸の作品が目の中に飛び込んできましたが、背景は朝焼けの横浜港とのこと。
しかし。短冊型のカレンダーは可憐だわ、、とオヤジギャグかな。
絵画展は好きで良く会場へ足を運びますが、客船を描く絵画に出会うと嬉しくなります。もう少し、このような絵画に出会いたいものです。さて、来年の上期商品が発表されました。詳しいことは、弊社ウェブサイトをご覧あれ。※2019年上期 飛鳥Ⅱとにっぽん丸 ラインアップ一覧表を掲載しています。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年11月05日 | Permalink

秋の三陸物語〜みちのく潮風トレイル〜

景勝地 浄土ヶ浜


業界の社会貢献事業として岩手県宮古市、大槌町、山田町を2泊3日で訪問しました。震災から7年が経ち、復興工事により港近辺は高さのある防潮堤で眺めが変わってきている話を聞くと、言葉が詰まりました。ところで、”みちのく潮風トレイル”をご存知ですか。来年3月には全区間開通予定であり、福島県相馬市から青森県八戸市まで約500キロの自然道となり、森、里&海を繋げる太平洋沿岸を肌で感じることができます。尚、気軽に歩くと言った道のりでなく、ある程度、服装も考える必要があります。


宮古市内のトレイルにて

山田町では牡蠣殻剥き、イカ徳利の作り方に挑戦。三陸の港町ならではのプログラムがお待ちしております。また、来年3月末には三陸鉄道「リアス線」が久慈市から大船渡市まで163キロの運行開始。客船で各港に寄港すれば、今まで以上に自然を感じる寄港地ツアーをご案内できそうです。三陸は列車を乗り継いで訪問するとなると少し遠いイメージがありますが、その点、客船は潮風を感じながら移動ができるので最高ですね。


牡蠣、帆立、ムール貝が昼食メニュー

普段では味合えない海の幸がたっぷりに参加者は120%の笑顔。私達ができることは、我々、皆さんが足繁く現地へ訪問することではないかと思います。人口減少になりつつある町もあるが、そこで暮らす方々の温かさに接することができたこと、感謝の一言です。


トレイル中に心奪われる景色


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年10月29日 | Permalink

振り返れば 弊社の本社なり

メイン会場


突然ですが、明日から11月4日(日)まで東京名物の神田古本まつりが開催されます。場所は都内になりますが、100万冊が並び大バーゲンとのことです。旅行に関する本もさることながらお宝を発見されるかも。
そして、添付の画像を背にした反対側の建物は郵船トラベルの本社となります。それがどうした?ですよね。
最近、車内では携帯にて読書される方が増えていますが、本のそのものの温もりは大事だと思うのですが、、、。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年10月25日 | Permalink

にっぽん丸 〜東京港のホームポートとして認定〜

認定書を写メ


にっぽん丸は東京都から東京港がホームポートである認定書を写メしてきましたので、皆様へお届けいたします。今、2020年東京オリンピックに向けて、晴海埠頭の近辺は選手村、お台場近くの青海地区では新客船ターミナルが着工中です。両工事現場はレインボーブリッジを車で移動されると眼下に入ってきます。既にオリンピック開催まで2年を切っておりますが、私は新東京客船ターミナルのオープンがとても楽しみです。新港までは東京湾内の交通手段として水上タクシー運行も計画され、イタリアのヴェネチアみたいなイメージになるとロマンチックです。※ホームポートとはクルーズ用語ですが、「母港」を意味します。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年10月22日 | Permalink