寄木細工の奥深さ

箱根の寄木細工より


日本の寄木細工に魅せられました。いかがですか?この木箱。とある体験教室で私が作った作品と言いたいが、、、実は売り物です。しかし、日本人の手先の器用さは世界に誇れる技術です。ところで、日本船の船内生活ではカルチャー的な教室が人気。コト体験は感覚を衰えさせず、新たな自分を発見する機会になろうかと思います。船上では遠慮なく、色々な体験をしてください。殿方も遠慮せずに!


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年07月16日 | Permalink

暑さに負けない対策

夏ならではのフルーツ


7月第二週目に入りました。”気合いだ!”と一時流行った言葉がありましたが、この猛暑は気合いだけでは乗り切れそうもありませんね。さて、先週末は西日本、九州地区では季節外れの豪雨で過去にない災害が発生しましたが、一日も早い復旧作業を望むばかりです。しかし、今日は朝から暑い!それしか言葉がないのかと言われても暑い!事務所にいても窓際の席なので、ジワジワと照りつける暑さを肌で感じております。
夏と言えば、高校野球、花火大会、お祭り等々、日本の夏は盛りだくさんですね。でも頑張り過ぎて体調を崩さないようにしましょう。水分補給に気を使いながら、食生活には充分気を配ってください。
先週末、知人から特大のスイカをいただきましたが、どう考えても大きすぎて我が家では食べきれません。
スイカと言えば、客船の船内ではフルーツとして出されることが多いです。簡単に水分を摂取できるフルーツとしては一番かと。因みに7月27日はスイカの日と言われていますよ。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年07月09日 | Permalink

過去最速の梅雨明けとは

夏本番だ


梅雨明けだけに つゆ画像?

2018年も下半期となりました。そして6月中に梅雨明けとは、地球の環境に変化があることは確かですね。将来、日本はハワイ諸島みたいにリゾート地と呼ばれる国になるのでしょうか。夏本番です!向日葵も咲き始め、猛暑が続く中、元気をいただきます。さて、日本船3社は例年になく早めに満船となるぐらいにクルーズ人気は右肩上がり。これからの夏クルーズの商品は花火、祭りの連続ですが、予期せぬ台風だけは勘弁して欲しい。そして、日本を代表する客船飛鳥Ⅱが世界一周クルーズから帰船(7/4横浜港、7/5神戸港)となりますが、ご乗船のお客様からの土産話が楽しみです。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年07月02日 | Permalink

夏本番におでんはいかが

夏本番におでんはいかが


最近、寒い時期になると、コンビニではお馴染みのおでんコーナー。流石に夏場では見かけないですね。先日、都内の某おでん屋で聞いた話。夏場に売上げが下がるので、過去に冷たいおでんを用意したが効果なしとか。ところが客船の船内はいつも適温。大海原を見ながらハンペン、大根、ガンモドキで日本酒なんて最高だろうな。それも夕陽を眺めながら。追伸、ニッボン!頑張れ〜。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年06月25日 | Permalink

梅雨に咲く鮮やかな紫陽花

ミニ紫陽花


日本列島は梅雨を迎えていますが、毎年、新種の紫陽花を花屋で見かけます。梅雨と言う鬱陶しい時期に色鮮やかに咲く紫陽花は少し気持ちを和らげてくれるものですが、この花に欠かせないあの昆虫に出会うことがなくなりました。何だと思いますか?それはカタツムリ。子供の頃、紫陽花の葉っぱにいたでんでん虫。つのだせ、やりだせ、あたまだせの歌も忘れられていくのでしょうかね、、、。そんな私は船上でエスカルゴとワインを食するのが好きとは皮肉なものです。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年06月18日 | Permalink