クリスマスクルーズ特集★

今日はクリスマスクルーズをご紹介したいと思います。
夏が終わり秋になったばかりで気が早いと思われるかもしれませんが、
人気のクルーズはすぐに予約が入り満室になってしまいますので、予定を立てるならばお早目に!


【飛鳥Ⅱ おすすめクリスマスクルーズ】
神戸スペシャルクリスマス ON ASUKAII 3日間
<2018年12月13日出発>

神戸発着のこちらのクルーズではゲストの森山良子さんのスペシャルステージをお楽しみいただけます!


横浜スペシャルクリスマス ON ASUKAII 3日間
<2018年12月18日出発>

八代亜紀さんのスペシャルステージを鑑賞いただけます!こちらは横浜発着です。

スペシャルクリスマスクルーズは途中寄港地なしのクルーズですが、クリスマスショーだけでなく観光もしたいという方はこちら!


冬の駿河 クリスマスクルーズ 3日間
<2018年12月20日出発>

一年で最も美しいとされる冬の富士山を、駿河湾から何にも遮られることなくご覧いただけます(天候によりご覧いただけない場合がございます)。

いずれのクルーズも飛鳥Ⅱのクリスマスディナーをお楽しみいただけます!
その他にもクリスマスワンナイトクルーズがございます。ブログでも12月週末利用クルーズを紹介しておりますのでご参考にしてください↓

飛鳥II 11月~12月の週末・祝日利用のクルーズの空室状況


【ぱしふぃっくびいなす おすすめクリスマスクルーズ】
クリスマス別府クルーズ 3日間
<2018年12月13日出発>

神戸発着のこちらのクルーズでは、別府に寄港します。ぱしふぃっくびいなすこだわりのディナー、船内イベントもお楽しみいただけます!

クリスマス キラキラクルーズ 3日間
<2018年12月24日出発>

横浜発着で四日市に寄港します。
キラキラとは...?
国内最大級のイルミネーションを誇る『なばなの里』のイルミネーション鑑賞プランがあるのです!他にもシャトルバスをご利用いただき四日市の夜景をご覧いただけるプランもあります!
どちらにするか迷ってしまいますね!


【にっぽん丸 おすすめクリスマスクルーズ】
熱海花火と冬の味覚クリスマスクルーズ 4日間
<2018年12月15日出発>

ブログでも何度かご紹介させていただいているクルーズです。熱海海上花火、冬の味覚と寄港地松阪の松阪牛をご堪能ください。クリスマスクルーズですので、船内の豪華なクリスマスデコレーションもお楽しみに!

別府花火と瀬戸内海クリスマスクルーズ 3日間
<2018年12月22日出発>

別府の冬の一大イベント、「べっぷクリスマスHanabiファンタジア」、ヒーリングシンガーMINEHAHAさんのステージをご覧いただけるクルーズです。大変人気で、キャンセル待ちからのお預かりとなります。

他にもワンナイトクルーズなど、クリスマスシーズンはほぼ毎日出発日の設定がございます!
クルーズが初めての方にもおすすめです!
 >>>日本船クリスマスクルーズの詳細はこちらから 

お気軽にお問合わせください♪
お問合せ先:
■東京クルーズセンターTEL:03-5213-9987 
■横浜クルーズセンターTEL:045-640-6560
■名古屋クルーズセンターTEL:052-561-1354
■大阪クルーズセンターTEL:06-6251-5881
■神戸クルーズセンターTEL:078-251-6218
■福岡営業所TEL:092-475-0011
※営業時間:平日09:30~18:00


投稿者名 チョコ 投稿日時 2018年09月20日 | Permalink

クルーズのファッション

クルーズに携わるようになり、気が付くと業務、プライベート合わせていろいろな船に乗りました。
クルーズに行く時の荷造りもだいぶ手馴れてきたかな、というところで、今日のお題はクルーズのファッションです。

船内の気温はだいたい25℃くらいに保たれており、乗船してしまえば本当に快適です。お気に入りのお洋服を着てぜひお洒落を楽しみたいですね。
ただし…何といっても海ですから場合によっては揺れたりすることもあります。
また、オープンデッキでイベントが開かれたり、避難訓練でデッキに出ることがあります。
そんな時、女性は足元のハイヒールが不安定だったりヒラヒラするスカートが風にまくれるのを気にしたり、すると、ストレスになるし何より危険ですよね。

目指したいスタイルはお洒落に見えて、かつ動きやすく着回しがきくこと。
安全に、快適に、そして願わくば少しでも素敵に装いたいものです。

私が重宝しているのは、ここ数年流行しているガウチョやスカーチョと呼ばれるワイドパンツ。
落ち感のあるロング丈ならばフレアスカートのようにも見えるのでヒール靴を合わせればエレガントな雰囲気になり、またスニーカーやフラット靴を合わせれば寄港地観光でアクティブに動くのにもぴったりです。
スカートであれば、少しタイトなシルエットで風が吹いてもめくれないものがおすすめです。
靴はドレスアップする日に揺れることも想定して、履き慣れて歩きやすいローヒールを選んでおくと万全ですね。(揺れなければハイヒールでも大丈夫ですが、足元にはお気をつけて!)

そしてクルーズ船には必ずあるプール。デッキチェアで飲み物と本をもって寛げば、クルーズに来た実感をたっぷり味わうことができそうです。水着とサンダルもぜひご用意を。
最近体型が…と思っていても、外国船だと立派な体型の方たちも臆せず水着でプールを楽しんでいるので、あまり抵抗なく水遊びが楽しめます。気になるようであれば体型を隠しつつ風よけ・日よけになるシャツ(ラッシュガード)が一枚あれば万全です。強い日差しに備えて、帽子、サングラス、日焼け止めもお忘れなく。


〈イメージ〉


日数が長くて終日航海が数回あるような場合には、船内のジムを利用したり、デッキでランニングをしたくなることも。ウェアは船内で買うこともできるかも知れませんが、運動着とスポーツシューズを用意しておくとサイズの心配もなくスマートですね。

また、クルーズに限らず旅先では落し物や失くし物をすると取り戻すことが難しいので、付けられるものには紛失防止のストラップを付けておくと安心です。

こんなことを書いていたら、また旅行がしたくなってきました…。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年09月19日 | Permalink

タヒチで自然に癒される極上の旅へ

航海中のポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャン客室のベランダからの景色

~本日はポール・ゴーギャンで巡るタヒチの旅の魅力をご紹介いたします。~

今年の夏も例年と同様に、フラダンスのステージを船内で堪能する飛鳥IIのクルーズが大人気ですが、タヒチアンダンスを本場で楽しむこちらのクルーズもおすすめです。

ポール・ゴーギャンやアンリ・マティスなど名だたる画家が訪れ、「最後の楽園」とも称されたタヒチ。鮮やかな自然の色や、美しい現地の人々の様子に魅了された彼らによって、数々の名画が誕生しました。

近年観光地としては、マリンアクティビティや山を駆け抜けるドライブツアーが人気。島のひとつファツヒバ島※は、ユネスコの生物圏保護地区にも指定された野生生物の宝庫で、ダイバーの聖地になっています。


■モーレア島では、往年の名作映画「南太平洋」で一躍有名になったバリハイ山を船上から眺めることができます。
忙しい生活から離れて、なにも考えずに、ただ自然の美しさに心が癒される。リラックスした日々をタヒチの洋上で送ることができます。


■ヌクヒバ島※では、ぜひオフロードツアーへ。ハーマン・メルヴィルの小説「タイピー」の舞台となったタイピヴァイの谷を訪れます。


船内のタヒチアンダンスショー

●船内では本場のタヒチアンダンスショーに心が躍ります。
船上生活はゴギンズと呼ばれるポール・ゴーギャン専属のタヒチアンスタッフが温かくサポート。ディナーでは、ミシュラン星付きレストランのフレンチをお楽しみいただけます。


これまで参加されたお客様は、フラワーレイを首にかけ、素敵なポロシャツやサマードレスを身にまとい、タヒチアンの気分を心底満喫されていました。

ハネムーナーの方、定年を迎えられる方、結婚記念日を祝われるご夫婦の方々、多くのお客様を常に温かく迎えるタヒチの旅へご案内します。

"ポール・ゴーギャンで巡るタヒチ"は2018年12月出発分まで多数コースが設定されておりますが、以下の特定出発日のコースでは昨日4月16日(月)~4月26日(木)までのお申込みで期間限定割引が適用!通常代金より最大で20%以上お得にご参加いただけます。

5月5日(祝・土)5月12日(土)6月16日(土)6月30日(土)出発コース

ラグジュアリ―シップとして世界的に認められているポール・ゴーギャンのクルーズ。この機会にぜひお問い合わせください。

次回は、添乗員同行8月25日(土)コースで巡る観光地について、その見どころをお伝えいたします。

※ヌクヒバ島・ファカラバ島はCコースのみ寄港いたします。
※写真はすべてイメージです。



投稿者名 きゃぴきゃぴ 投稿日時 2018年04月17日 | Permalink

2018年のシルバーウィーク

新年度が始まって一週間。
世間の目はゴールデンウィークに向いていますが、クルーズの予約は動きが速いので、今日は少し先のシルバーウィークのコースのお話です。


今年のシルバーウィークは9月15日(土)、16日(日)、17日(月・祝 敬老の日)と、9月22日(土)、23日(日・祝 秋分の日)、24日(月 振替休日)と、2週続けて3連休があります。

既に満席になっているコースもありますので、まだお申し込み可能なコースをご紹介します。
この時期は少し長めのクルーズが多く、リタイアされたご両親に船旅をプレゼントする方も多くいらっしゃいます。秋の夜長をクルーズでのんびり。きっと忘れられない体験となることでしょう。


残席わずか 飛鳥II 秋の日本三景クルーズ Aコース 12日間<2018年9月17日出発>
受付中 ダイヤモンド・プリンセス初秋めぐり東北・北海道、九州と韓国 9日間 <2018年9月17日出発>
残席わずか 飛鳥II 秋の日本三景クルーズ Cコース 11日間<2018年9月18日出発>
受付中 にっぽん丸紀行 ~スペシャルエンターテイメント~ 3日間 <2018年9月19日出発>
受付中 にっぽん丸 横浜/神戸クルーズ ~にっぽん丸パンまつり~ 2日間 <2018年9月21日出発>

※受付状況は4月6日現在のものです。


ダイヤモンド・プリンセスはパスポートが必要です。



投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年04月07日 | Permalink

木更津から乗船するクルーズ

観音崎〈イメージ〉

神奈川県南部の三浦半島の東岸をドライブしていると、東京湾を隔てて対岸の房総半島が目視できます。
最も距離が近いのは神奈川県横須賀市の観音崎と千葉県君津市の富津岬との間で約6キロとのこと。


また東京湾の入口の浦賀水道には、神奈川県の久里浜と千葉県の金谷を結ぶ東京湾フェリーが運航されており約40分で対岸に到着します。(ちなみに陸路だと東京湾をぐるりと回り込んで3時間くらいかかります。)

かつては神奈川県の川崎と千葉県の木更津を70分ほどで結ぶカーフェリーも運行されており、1987年の明石家さんまさん主演の大ヒットドラマ「男女7人秋物語」に登場して一躍注目を集めました。
(当時、川崎駅の地下街アザレアにドラマ撮影時のスチール写真がたくさん飾られていたのを覚えています。)

やがて1997年の東京湾アクアラインの開通によってこの木更津航路は廃止となりました。
東京湾の開発を巡る歴史のひとこまです。


さて、木更津港出発のぱしふぃっく びいなすのクルーズが昨年に引き続き今年も運行されることになりました。フェリーがあった時代を懐かしみつつ、木更津港からクルーズ客船の旅を楽しんでみませんか?

木更津発のぱしふぃっく びいなすクルーズ

秋の味覚と世界遺産・ 熊野古道クルーズ3日間 木更津発横浜着 Aコース<2018年11月9日出発>
旅行期間:2018年11月9日(金)~11月11日(日)
出発地/帰着地:木更津港/横浜港
航路:木更津~横浜~新宮~横浜(木更津までの送迎あり)
日数:3日間

秋の味覚と世界遺産・ 熊野古道クルーズ3日間 横浜発着 Bコース<2018年11月9日出発>
旅行期間:2018年11月9日(金)~2018年11月11日(日)
出発地/帰着地:横浜港
航路:横浜~新宮~横浜
日数:3日間


ぱしふぃっく びいなす〈イメージ〉


ちなみにドラマでのさんまさんの職業は旅行会社の添乗員でした。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年04月01日 | Permalink