主要国ビザ申請状況について(9月25日更新)

主要国大使館・領事館のビザ申請/発給状況をご案内いたします。
中国ビザセンターは、国慶節の影響で10月初旬は休館となりますのでご注意ください。
記載のない国については弊社担当までお問い合わせ下さい。


ファイルを開く

投稿者名 Yusen Travel Tokyo  投稿日時 2020年09月25日 | Permalink

日本=シンガポール間 ビジネストラック開始!

9月18日より日本=シンガポール間のビジネストラックが開始されました!

両国の居住者を対象として、重要な目的のビジネス、または公務を目的とした短期渡航が可能となります。
日本出発の場合は渡航前の14日間を日本で滞在している日本居住者が対象となります。
シンガポールでの滞在期間は最大30日間です。
なお渡航にあたってはスマートフォン(Androidはバージョン5.1以上)は必携ですので事前にご用意ください。
以下に現行での手順をご案内します。

日本出発前に
1)シンガポールの受け入れ企業がSafeTravel Pass を申請します。申請はシンガポール入国予定日の7~20営業日前までの受け付けとなり、承認まで最大7営業日かかる場合があります。既定の週内(月曜0時から日曜23時59分の間)に1回のみシンガポールへの入国が可能です。発行されるPassの週単位の総数には限りがありますので、お早めに申請ください。なお基本的な申請内容は変更できません。
2)日本帰国時にビジネストラックを利用する場合、日本帰着日の14日前から健康モニタリングを行います。渡航期間が短い場合はシンガポール渡航前から開始します。
3)SafeTravel Pass が承認されると受け入れ企業と渡航者に承認書がEメールで送付されます。
4)必要な場合はビザを申請します。日本国籍者はビザは不要です。
5)出発時刻から72時間以内にSG Arrival Card(https://eservices.ica.gov.sg/sgarrivalcard/)を申請します。
6)出発時刻から72時間以内に認定された医療機関にてPCR検査を受けます。シンガポールご渡航にあたってはReal Time RT-PCR方式による陰性証明書(英文)のみ有効です。
医療機関については日本渡航医学会サイト(https://plaza.umin.ac.jp/jstah/index2.html)の「ビジネス渡航者向けのPCR検査および証明書発行」協力医療施設リストにてご確認ください。また経済産業省TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)サイト(https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/tokousha/tecot_kaigaitokousha.html)もご参考ください。
7)日本出発前までに受け入れ企業はSafeTravelサイトにシンガポール到着後14日間の行動計画、およびPCR検査陰性証明書をアップロードします。
8)シンガポール到着後に受けるPCR検査費用を事前にお支払いいただくことが推奨されております。費用はS$300となります。お申込みはhttps://safetravel.changiairport.com/#/より。

ご出発当日
SafeTravel Pass承認レター、PCR検査陰性証明書、帰国用航空券をご準備ください。
シンガポール到着後空港にてPCR検査を受け、検査結果が出るまではご自身が手配したホテルにて隔離となります。検査結果は通常48時間以内に連絡があります。ご利用可能なホテルについてはシンガポールホテル協会のサイト(https://sha.org.sg/green-lane-travellers)をご参考ください。
シンガポール到着から14日間は公共交通機関の利用はできません。

シンガポール滞在中
TraceTogetherアプリとSafeEntryアプリをスマートフォンにダウンロードし、接触ログ、訪問先ログを記録します。
また1日2回の検温を行います。シンガポール到着後14日間は事前に提出した行動計画に従い、滞在先と用務先の移動に限られます。

帰国準備
日本入国後の14日間の自宅等待機期間中もビジネストラック(行動制限が一部緩和されます)を利用する場合
1)シンガポールでの滞在が14日以内の場合は誓約書(ビジネストラック)(写し)、本邦活動計画書(写し)を準備します。
2)シンガポールでの滞在が15日以上の場合は在シンガポール日本国大使館に誓約書(ビジネストラック)(写し)、本邦活動計画書(写し)を提出しカバーレターを入手します。
シンガポール出発時刻の72時間以内にシンガポール政府指定の医療機関にてPCR検査(要予約、S$200以内)を受け、検査証明を取得ください。検査の際にはカバーレターが必要となります。対象医療機関はSafeTravelサイト(https://safetravel.ica.gov.sg/pre-departure-test)をご参考ください。
※日本入国にビジネストラックを利用しない場合は現行の水際対策措置となります。

帰国時
質問票(帰国便機内で配布)、誓約書(ビジネストラック)(写し2通)、本邦活動報告書(写し2通)、検査証明を検疫に提出します。
LINEアプリ、接触確認アプリ、地図アプリ等の導入・設定等について、到着空港の検疫で確認されます。
抗原検査(自身で唾液採取)結果で陰性が判明後にご自宅もしくはホテル等への移動が可能となります。
帰国後14日間は公共交通機関をご利用いただけません。


日本外務省 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(シンガポール・ビジネストラック)より

なお制度の内容は変更となる場合がありますので、必ず最新の情報を日本国外務省、シンガポールSafeTravelのサイトにて確認いただくようお願いします。

日本外務省 国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について(シンガポール・ビジネストラック)

シンガポールSafeTravel


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2020年09月21日 | Permalink

主要国ビザ申請状況について(9月11日更新)

主要国大使館・領事館のビザ申請/発給状況をご案内いたします。
アメリカについては、大阪・沖縄総領事館及び福岡領事館に続いて、
東京米国大使館と札幌総領事館も一部の非移民ビザサービスを再開しました。
一般ビザ申請についてはまだ停止中が多い状況です。
記載のない国については弊社担当までお問い合わせ下さい。


ファイルを開く

投稿者名 Yusen Travel Tokyo  投稿日時 2020年09月11日 | Permalink

香港空港到着時の検疫検査場所

8月18日より香港入国後のPCR検査実施場所が変更になっております。
香港にいらっしゃる方はご注意ください。

<到着後の導線>
・香港空港到着後、Midfield Concourseへ移動(セキュリティエリア内)し検査を受けて頂くことになります。

・正午前後に到着される方は検査結果が出るまでMidfield Concourseで待機。結果判明後入国審査。
・夕方以降に到着で、その日中に検査結果が出ないお客様は検査後、入国審査を済ませ専用車にて政府指定のホテルに移動し検査結果が出るまで待機頂くことになります。

・到着日当日の混雑状況をみて係員が判断しますので、係員の指示に従い待機ください。

※ Midfield Concourse:Main Terminalとは地下鉄で繋がっているConcourseです。LCCの多くがこのConcourseを利用していますが、Full Serviceの航空会社の一部もこのConcourseを利用しています。


ミッドフィールドコンコースの場所

空港内待機場所


投稿者名 YUSEN TRAVEL(H.K.)LTD.  投稿日時 2020年09月08日 | Permalink