選択されているタグ : 陰性証明書

【アメリカ】11/8(月)以降の米国入国について


10月25日、CDC(Centers for Disease Control and Prevention/アメリカ疾病予防管理センター)が、2021年11月8日以降のアメリカ入国規制について発表しました。
日本人を含むすべての外国籍の方は、アメリカへ空路で渡航の際に現在行われている陰性証明書の提示に加えて、ワクチン接種完了の証明書を提示が必須となりました。
外国籍の方はワクチン接種を完了していないと航空会社により搭乗を拒否され、アメリカへ渡航できませんのでご注意ください。

◆米国入国に必要な条件
【米国市民 or合法的な永住者(グリーンカード)】
・ ワクチン接種完了  ⇒ アメリカへ出発する3日以内の陰性証明書
・ ワクチン接種未完了 ⇒ アメリカへ出発する1日以内の陰性証明書

【18歳以上の外国籍(日本人含む)】
・ ワクチン接種完了の証明書(例:CDC vaccination card)
・ アメリカへ出発する3日以内の陰性証明書

【2~17歳以上の方(米国籍、外国籍とも)】
・ ワクチン接種完了の大人に同行する場合
   ⇒ アメリカへ出発する3日以内の陰性証明書
・ ワクチン接種未完了の米国市民などに同行する場合
   ⇒ アメリカへ出発する1日以内の陰性証明書
・ 単独で渡航する場合
   ⇒ アメリカへ出発する1日以内の陰性証明書
※ワクチン接種完了の証明書の提出は必要ありません。(外国籍の場合も免除されています)

【2歳未満のお子様(米国籍、外国籍とも)】
※ワクチン接種完了の証明書、陰性証明書ともに提出の必要ありません。(免除)

加えて米国入国の際には、引き続き誓約書(Attestation)の提出が必要です。
https://www.cdc.gov/quarantine/pdf/Fillable-Attestation-English-508.pdf?v=2

詳細については、CDCのサイトにてご確認をお願いいたします。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/noncitizens-US-air-travel.html


投稿者名 Yusen Travel New York  投稿日時 2021年10月29日 | Permalink

【シンガポール】日本からの入国要件の緩和ー10月6日23時59分よりー

10月6日23時59分より日本は水際措置におけるカテゴリー3から2に引き上げられます(緩和)。
カテゴリー2となることにより入国後の隔離期間は7日間になります。
また求められる渡航履歴は入国前21日間から14日間に変更されます。入国前14日以内に
カテゴリー1及び2、シンガポールにのみ滞在している場合はカテゴリー2の入国要件と
なります。

10月6日23時59分以降のカテゴリー2の入国要件は以下の通りとなります。
・長期パス所持者(IPA含む)のみ入国可能。
 特別な許可がない限り、短期滞在目的での入国は引き続きできません。
・MOM Entry Approvalを取得していること。
 条件を満たしていれば自宅、自己手配のホテル等での隔離、満たしていない場合は政府
 指定施設での隔離となる。
 隔離終了日にPCR検査を受ける必要あり。
 隔離終了まで公共交通機関は利用不可。
・日本出発前48時間以内にTeCOTに掲載されている医療機関でRT-PCR検査(医師による
 鼻咽頭検体採取のみ)を受け、英文の陰性証明書を取得していること。
・出発3日以内にSG Arrival Card with Electronic Health Declarationを入力していること。
・シンガポール電話回線とスマホを準備していること。
 隔離期間中のMOH SHN Contact Centreからの連絡は電話及びSMSとなります。
 またTraceTogetherアプリのインストールが必要です。
・(推奨)シンガポール・チャンギ空港到着時のPCR検査の予約を済ませていること。

11月1日以降は追加要件として渡航前にワクチン接種が完了していることが追加されます。
(入国日に18歳以上となる方のみ対象)
ワクチンはWHOの緊急使用リストに掲載されているワクチンである必要があります。

詳細は下記ウェブサイト(英文)をご覧ください。
https://safetravel.ica.gov.sg/wphl/shn-and-swab-summary

https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/update-on-local-situation-and-changes-to-align-border-measures-with-domestic-protocols

https://www.moh.gov.sg/docs/librariesprovider5/default-document-library/mtf-press-release-2-october-2021---annex-a.pdf

https://www.moh.gov.sg/docs/librariesprovider5/default-document-library/mtf-press-release-2-october-2021---annex-b.pdf

また在シンガポール日本大使館から和訳された内容も出ております。
https://www.sg.emb-japan.go.jp/files/100242011.pdf

カテゴリー1になれば入国時のPCR検査結果(陰性)受信後は隔離がなくなりますので、
日本ももう一息といったところです。
現在カテゴリー1対象国/地域は中国本土、香港、マカオ、台湾のみとなっています。

シンガポールの水際措置は予告なく随時変更されますので、必ず渡航前に最新の情報を
SafeTravelのウェブサイトでご確認ください。


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2021年10月04日 | Permalink

【シンガポール】シンガポール渡航前PCR検査の要件変更


昨日シンガポールMOH(保健省)から発表された内容によりますと、日本でシンガポール出発前に受けるPCR検査の要件が変わり、9月10日午前0時以降の入国者より、出発48時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要となります。
https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/updates-on-border-measures-for-travellers

PCR検査機関はTeCOTに掲載されている医療機関である必要があります。
医師採取のRT-PCR検査方式であれば、検体採取方法は鼻咽頭、唾液どちらでも可です。
https://www.tecot.go.jp/rmii/


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2021年09月06日 | Permalink

【シンガポール情報】PCR検査陰性証明書について


抗原検査結果通知書(成田空港)


在シンガポール日本人様向けの情報です。

7月17日付けの在シンガポール日本大使館からの情報発信にあります通り、日本帰国時のPCR検査陰性証明書については日本政府所定のフォーマットである必要はありません。
シンガポールデフォルトのフォーマットを印刷の上、持参いただければ有効です。
念のため在シンガポール日本大使館から発信された内容を合わせて印刷してお持ちいただくことをお勧めします。
https://www.sg.emb-japan.go.jp/files/100214079.pdf
また日本政府所定のフォーマットをご用意いただける場合は手続きはよりスムーズです。
なおチャンギ空港での搭乗手続きの際は、シンガポールのQRコード付きの書式をご提示ください。



PCR検査陰性証明書
シンガポールの定型フォーマット(QRコードが表示されているもの)


PCR検査陰性証明書
日本政府所定のフォーマット


シンガポールの新型コロナ感染者数は低位で落ち着いていましたが、カラオケラウンジでクラスターが発生し、昨年4月以来の市中感染者数(7月18日は88名の新規感染者)が続いています。
7月19日から市中レストランでの会食は再び2名までに制限されましたが、ワクチン接種完了者及び感染からの回復者(270日以内)やPET(Pre event test)陰性結果者は5名までの会食が認められています(ホーカーセンターやフードコートは除く)。


弊社では日本帰国時の航空券、ハイヤー及びレンタカー、自主隔離のためのホテルを手配しております。
ご滞在いただくホテルは2週間の滞在が少しでも快適になるよう、ご予算やご希望を伺ったうえでお探しさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

日本からの入国申請はまだ再開しておりませんが、シンガポール、日本双方とも感染者が落ち着き、ワクチンパスポートの運用などで、渡航制限が少ない往来再開がされることを祈っています。


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2021年07月19日 | Permalink