【タイ】COE発給一時停止 及び 隔離期間短縮(案)に関して


9/25に在東京タイ大使館より、COE発給一時停止中(10月以降出発の方)の案内がありましたので、ご案内申し上げます。
9/27にCCSAの会議があり、そこで隔離期間短縮について検討されることになっております。
その結果を待ってから、発給再開されるようです。
http://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10480/

実際、弊社にて先々週以降にCOE本申請したお客様数名分(10月以降出発)が、まだ承認されておりません。

尚、会議で検討される内容は以下の通りです。
・対象は、全ての国からの旅行者。
・承認されれば、航空機でタイに到着した旅行者は、完全にワクチンを接種し、陰性証明があれば、隔離検疫期間を7日間とする予定です。タイ到着14日前までの完全なワクチン接種及び接種証明書は必須となると思われます
・承認されれば、ワクチン接種証明書を持たない旅行者の隔離検疫期間は、10日間とする予定です。
・陸路でタイに到着した旅行者がワクチン接種証明書を持たない場合、引き続き14日間の隔離検疫期間となる予定です。


投稿者名 YUSEN LOGISTICS (THAILAND) CO., LTD.  投稿日時 2021年09月26日 | Permalink

【タイ】プーケットSANDBOX続報とタイ在住外国人向けワクチン接種について


1.プーケットのSANDBOX近況
8月19日付けでプーケットSANDBOX利用可能な国と地域が更新、現在は70の国と地域が利用可能となっております。開始当初、日本はハイリスク感染国に指定され、日本からの入国者は対象外でしたが、現在は日本も含まれてます。また、日本の接種証明はプーケットSANDBOXでの隔離無し入国に有効と外務省が発表しており、日本人はタイへの観光目的でのビザなし・隔離無し入国が可能となっております。
※プーケットSANDBOX国籍別利用者数TOP5:アメリカ、イギリス、イスラエル、ドイツ、フランス

2.プーケットSANDBOX 7 + 7 EXTENSION
プーケットSANDBOXでタイに入国し、プーケットで7日間過ごしたあと、指定エリアに限り移動が可能。移動先でさらに7日間過ごし、7+7の合計14日間滞在すれば、タイ国内を自由に移動できるようになる。プーケットから移動できるルートは決められており、指定ルート以外の移動は不可となっております。



3.タイ在住外国人向けワクチン接種について
8月24日に、タイ政府発行のワクチンパスポート申請方法・場所等に関する最新情報が更新されました。
https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20210805-1.html
現時点では、日本を含め諸外国への入国に際して隔離措置の緩和が受けられる国はないとなっておりますが、今後も運用の変更・更新等予想されますので、在タイ日本大使館HP等ご確認をお願いします。


投稿者名 Yusen Travel Tokyo  投稿日時 2021年08月25日 | Permalink

【タイ】 フライト情報・日本帰国時等のご案内


現行のバンコク線フライト情報をアップしますので、参考にしてください。
日本の入国制限の影響もあり、バンコク発は8月下旬まで混んできており、予約確保が難しくなっております。
また、渡航前のPCR検査もサミティベートスクンビット病院では8月17日頃迄いっぱいになっているようです。
弊社提携先ではまた予約可能ですので、お困りの方はご相談ください。

【TGのスケジュール変更について】
8月以降のTG羽田便につきまして、8月2日から運航曜日が変更となり、かつ関空線は減便となり週2便となります。
羽田便(TG683/682)運航曜日
<TG682 バンコク22:45→羽田06:55+1>7月まで:水・金 8月以降:火・土
<TG683 羽田10:35→バンコク15:05 >7月まで:木・土 8月以降:水・日

関空便(TG622/623)運航曜日
<TG622 バンコク23:59→関空07:30+1>7月まで:水・木・土 8月以降:木・土
<TG623 関空11:45→バンコク15:35 >7月まで:木・金・日 8月以降:金・日

【日本帰国時のご案内】7月27日現在
これまで、日本帰国・入国時に3つのアプリのインストールが必要とされていましたが、
このほど位置情報確認及びビデオ通話アプリのMySOS、接触確認アプリのCOCOAの2つとなりましたので、以下ご案内申し上げます。

1 これまで、日本帰国・入国時にインストールが必要なアプリは、位置情報確認アプリのOEL、ビデオ通話アプリのMySOS、接触確認アプリのCOCOAの3つでしたが、
  このほど位置情報確認アプリとビデオ通話アプリがMySOSに集約されました。
2 これにより、日本帰国・入国時にインストールが必要なアプリは、位置情報確認及びビデオ通話アプリのMySOS、接触確認アプリのCOCOAの2つとなりました。
3 詳細については、下記厚生労働省ホームページをご参照ください。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html
(注)現在、検疫所においてスマートフォンの携行とアプリケーションのインストールが必須とされているのは13歳以上となります。

4 なお、これまでにお知らせした日本への入国・帰国にあたっての基本的な流れ(出国前陰性証明書の提示(指定フォーマット利用の原則化や検査検体に特にご注意ください)、
  誓約書の提出、質問票Webへの登録、スマートフォンの携行と必要なアプリの利用、到着時及び3日間の隔離後のコロナ検査等)に変更はありません。
厚生労働省HP(水際対策に係る新たな措置について):
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
 
 それぞれの措置の詳細については、以下をご参照ください。
厚生労働省HP(検査証明の提示について):
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

厚生労働省HP(誓約書の提出について):
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00249.html

厚生労働省HP(質問票の提出について):
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00251.html



投稿者名 YUSEN LOGISTICS (THAILAND) CO., LTD.  投稿日時 2021年07月28日 | Permalink

【タイ】プーケットSANDBOX及びタイの現況について



1.プーケットのSANDBOXについて
7月1日より、プーケットにて2回のワクチン接種者は隔離検疫不要にて入国が可能になる予定です。
日本は現在ハイリスク感染国に指定されている為、日本からの入国者は現在対象外となります。
(ビジネス目的の渡航者は対象になるとの記載もございますので、希望される方は詳細大使館へご確認下さい。)
詳しくは以下ご参照ください。
https://www.tatnews.org/2021/06/initial-information-phuket-sandbox/

主な条件
・対象となるのは感染リスクが低いまたは中程度と定める国・地域からの旅行者
・出発日の14日前にワクチン接種を完了
・滞在先は健康安全基準(SHA+)認定を受けた宿泊施設
・追跡アプリ(Thailand Plus)をダウンロードし、滞在中は位置情報の共有を可能に
・家族と一緒に旅行する6歳未満の子供については検査は不要
・到着後14日間は行動範囲はプーケット島内のみに限定
・15日目以降はタイの他地域へも自由に移動可能
* 自国のタイ大使館からビザ・査証(必要な場合のみ)とCOE(入国許可証)を取得
* 渡航前72時間以内に発行された英文のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書(原本)
* 新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含む10万米ドルの治療補償額の医療保険
* プーケット国際空港へは、直行便のフライト限定となります。 
詳しくは添付ご参照ください。

尚、プーケット以外は感染拡大の影響で5月から14日間隔離が必要となっており、ワクチン接種者も現在は14日間隔離となります。


2.現況について
28日(月)からバンコクは再度店内飲食不可となりました。
徐々に規制緩和なされておりましたが、感染拡大が止まらず再度規制されることになりました。

主な内容は以下の通りです。
実施時期・期間:本日6月28日から(30日間の予定)
対象地域:バンコク首都圏の1都5県(バンコク都、ナコンパトム県、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットプラカン県、サムットサコン県)及び南部(マレーシア国境付近の県)
内容:
飲食店店内飲食禁止:持ち帰りのみとする。
首都圏の工事現場と作業員宿舎を閉鎖
ショッピングセンターの営業時間21時迄
会議、セミナー、宴会の開催禁止
当局が許可もしくは主催する行事や活動を除き、20人以上の活動を禁止する。


ファイルを開く

プーケットSANDBOX


投稿者名 YUSEN LOGISTICS (THAILAND) CO., LTD.  投稿日時 2021年06月30日 | Permalink

【タイ】タイ フライト情報等のご案内



1.タイ航空のスケジュールがHPにアップされましたので、ご案内申し上げます。
7/1~バンコク⇔東京(成田空港)線  
TG642便 バンコク(23:50)発→成田(08:10+1)着:火・木・土曜日運航 
TG643便 成田(12:00)発→バンコク(16:30) 着:水・金・日曜日運航 
7/1~バンコク⇔東京(羽田空港)線  
TG682便 バンコク(22:45)発→羽田(06:55+1)着:木・土曜日運航 
TG683便 羽田(10:35)発→バンコク(15:05)着 :水・金曜日運航 
7/1~バンコク⇔中部(セントレア)線  
TG644便 バンコク(00:05)発→中部(08:00)着:木・日曜日運航 
TG645便 中部(11:00)発→バンコク(15:00)着:木・日曜日運航 
7/1~バンコク⇔大阪(関西空港)線  
TG622便 バンコク(23:59)発⇒関空(07:30+1)着 :水・木・土曜日運航 
TG623便 関空(11:45)発⇒バンコク(15:35) 着 :木・金・日曜日運航(関空発は7/2から)
※バンコク発日曜・関空発月曜日は運航キャンセルになりました。

詳しくは、以下URLご参照ください。
https://www.thaiairways.com/ja_JP/news/news_announcement/news_detail/S21flight_schedule2.page
今後もスケジュール変更がある可能性は十分ございますので、ご注意ください。


2.日本の入国制限の影響について
日本の入国制限は、現在も継続されております。
一日当たりの入国可能な上限人数が設定されており、各航空会社も予約制限をかけております。
特に6月中旬から9月にかけては、オリンピック関係者の移動も多くなることから、予約もとりづらくなっております。JLは6月中旬から7月中旬にかけて、バンコク発日本着のフライトは既にエコノミークラスは空席がない日が多くございます。

ANAからの発表
https://www.anahd.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/?lfpeid=m4vBUVossOgT&lfmaid=1000090004-4
JLからの発表
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/inter/201227/?inbound=ar&lfpeid=m4vBUVossOgT&lfmaid=1000090004-3

一時帰国や帰任をご検討中の方は、早めのご予約確保をお勧めいたします。
尚、感染拡大の影響で、現在もタイは5月から14日間隔離が必要となってます。ワクチン接種者も6月現在14日間隔離となります。

空席状況、最新のフライト状況等確認されたい方は、ご連絡ください。
郵船トラベルでは、各特別便手配・VISA申請のお手伝い・ASQホテル手配・COE代行申請・PCR検査代行予約等承っております。
詳しくは日本側御社担当営業または当方までお問い合わせください。


投稿者名 YUSEN LOGISTICS (THAILAND) CO., LTD.  投稿日時 2021年06月09日 | Permalink