選択されているタグ : PCR , 陰性証明書 , 新型コロナウィルス

【シンガポール】4月26日から日本出発前のコロナ検査陰性証明書が不要となります

Jason GohによるPixabayからの画像


シンガポールは4月26日より検疫の要件を緩和します。
日本国籍者の場合、渡航目的は観光、商用とも30日以内の滞在はビザは不要です。

日本→シンガポール
・パスポート(6か月以上の残存有効期間があること)
・ワクチン接種済みであること(2回以上、2回目接種後14日以上経過、12歳以下を除く)
・出発3日以内にSG Arrival Card and Electronic Health Declarationを入力
・Trace Togetherアプリのインストール
※シンガポール到着後は検査や隔離は不要、また公共交通機関をご利用可能です。
※シンガポールではレストラン等飲食施設利用時にワクチン接種済みであることが求められます。
詳細は下記ウェブサイトをご確認ください。
https://safetravel.ica.gov.sg/arriving/general-travel/fully-vaccinated

シンガポール→日本(隔離無しとする場合)
・ワクチン接種証明書(3回以上)
・出発72時間以内に検体採取されたPCR検査、又は抗原定量検査の陰性証明書
・MySOS、COCOAアプリのインストールとスマホの位置情報設定
・質問票の入力
・誓約書、税関申告書の提出
※空港到着後、唾液検査が必要。陰性結果受領後は隔離不要、公共交通機関の利用が可能。
 濃厚接触者の通知があった場合は、待機を求められる場合があります。
※ファストトラックをご利用いただくと事前入力、審査が可能です。
詳細は下記ウェブサイトをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2022年04月25日 | Permalink

【シンガポール情報】PCR検査陰性証明書について


抗原検査結果通知書(成田空港)


在シンガポール日本人様向けの情報です。

7月17日付けの在シンガポール日本大使館からの情報発信にあります通り、日本帰国時のPCR検査陰性証明書については日本政府所定のフォーマットである必要はありません。
シンガポールデフォルトのフォーマットを印刷の上、持参いただければ有効です。
念のため在シンガポール日本大使館から発信された内容を合わせて印刷してお持ちいただくことをお勧めします。
https://www.sg.emb-japan.go.jp/files/100214079.pdf
また日本政府所定のフォーマットをご用意いただける場合は手続きはよりスムーズです。
なおチャンギ空港での搭乗手続きの際は、シンガポールのQRコード付きの書式をご提示ください。



PCR検査陰性証明書
シンガポールの定型フォーマット(QRコードが表示されているもの)


PCR検査陰性証明書
日本政府所定のフォーマット


シンガポールの新型コロナ感染者数は低位で落ち着いていましたが、カラオケラウンジでクラスターが発生し、昨年4月以来の市中感染者数(7月18日は88名の新規感染者)が続いています。
7月19日から市中レストランでの会食は再び2名までに制限されましたが、ワクチン接種完了者及び感染からの回復者(270日以内)やPET(Pre event test)陰性結果者は5名までの会食が認められています(ホーカーセンターやフードコートは除く)。


弊社では日本帰国時の航空券、ハイヤー及びレンタカー、自主隔離のためのホテルを手配しております。
ご滞在いただくホテルは2週間の滞在が少しでも快適になるよう、ご予算やご希望を伺ったうえでお探しさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

日本からの入国申請はまだ再開しておりませんが、シンガポール、日本双方とも感染者が落ち着き、ワクチンパスポートの運用などで、渡航制限が少ない往来再開がされることを祈っています。


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2021年07月19日 | Permalink