【シンガポール】8月19日からの規制緩和について


シンガポールではジュロン漁港に端を発したクラスターやKTVカラオケラウンジでのクラスターも終息し、ここ2週間は新感染者数は2桁で推移しています。
ワクチン接種についても完了者の割合が直近で人口の76%と順調に進められています。現在は12歳以上の接種希望者(国民、永住者、長期滞在外国人)は、予約なしに接種会場を訪れ、無料で接種を受けることができます。

ワクチン接種の進展と市中感染者の減少を踏まえ、8月10日からワクチン接種完了者であればレストランで5名までの会食が可能となりました。
そして8月19日からは規制緩和第2弾として、これまで在宅勤務がデフォルトだった職場も50%まで出勤が可能となります。またクルーズ船も定員の50%までの乗船が可能となります。


シンガポールへの渡航については短期訪問は依然認められておりませんが、Work Pass Holder General Lane (WPHL)を利用する長期パス(EP/S-pass/DP)所持者やIPA所持者は、8月13日以降入国申請ができるようになりました。

入国申請要件は以下の通りです(8月20日23時59分以降)
*シンガポール入国直近21日以内に滞在した国・地域により異なります
*入国申請は入国予定日の3~30日前に申請可能です。入国許可日は申請した予定日の前後1日含む3日間のみです。

A) 中国(江蘇省を除く)、台湾、ブルネイ、ニュージーランド
入国時のPCR検査、検査結果判明まで自宅や自己手配のホテルで隔離

B) 中国(江蘇省)、香港、マカオ
入国時のPCR検査、7日間の自宅や自己手配のホテルで隔離、7日目にPCR検査

C) 韓国、オーストラリア、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、ノルウェー、カナダ
ワクチン接種完了者のみ、出発72時間以内のPCR検査陰性証明書、入国時のPCR検査、①14日間の自宅隔離+14日目にPCR検査、又は②政府指定施設(SDF)での隔離+3・7・11日目にART(迅速抗原検査)+14日目にPCR検査
※シンガポール以外でワクチン接種をした場合、隔離明け14日以内に血清学検査を受ける必要あり。

D) フィリピン
ワクチン接種完了者のみ、出発72時間以内のPCR検査陰性証明書、入国時のPCR検査及び血清学検査、14日間の政府指定施設(SDF)での隔離+3・7・11日目にART(迅速抗原検査)+14日目にPCR検査
※シンガポール以外でワクチン接種をした場合、隔離明け14日以内に血清学検査を受ける必要あり。

E) インドネシア
ワクチン接種完了者のみ、出発48時間以内のPCR検査陰性証明書、入国時のPCR検査及び血清学検査、14日間の政府指定施設(SDF)での隔離+3・7・11日目にART(迅速抗原検査)+14日目にPCR検査
※シンガポール以外でワクチン接種をした場合、隔離明け14日以内に血清学検査を受ける必要あり。

F) インド、バングラデシュ、パキスタン、ネパール、スリランカ、ミャンマー
入国不可

G) 上記以外の国・地域(日本含む)
ワクチン接種完了者のみ、出発72時間以内のPCR検査陰性証明書、入国時のPCR検査、14日間の政府指定施設(SDF)での隔離+3・7・11日目にART(迅速抗原検査)+14日目にPCR検査
※シンガポール以外でワクチン接種をした場合、隔離明け14日以内に血清学検査を受ける必要あり。

詳しくは下記HPにてご確認ください。
https://safetravel.ica.gov.sg/wphl/shn-and-swab-summary
https://safetravel.ica.gov.sg/wphl/overview


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2021年08月17日 | Permalink