【シンガポール】日本における出発前COVID-19検査方法について

シンガポールへの渡航時の必要書類であるCOVID-19陰性証明書についてご案内します。
現在求められる要件では
1.出発2日以内(12月3日に出発するフライトであれば、12月1日以降)に検査を受ける
2.TeCOTに掲載されている医療機関で検体を採取し、その医療機関によって陰性証明書が
  発行されている
3.検査方法はPCR検査、抗原検査のいずれか
4.検体採取方法は鼻咽頭拭い式、唾液、どちらも可
5.陰性証明書は個人を特定する情報(氏名、生年月日又はパスポート番号)、検体採取日、
  検査結果、発行機関が英語で記載されていれば有効
となっています。
TeCOTには検査種別がいくつか載っていますが、PCR検査 (リアルタイム方式)、PCR検査
(リアルタイム方式以外)、抗原検査(簡易キット)、抗原検査(定量)が有効となります。
なお、自身で検体を採取する方法は認められていませんので、抗原検査(簡易キット)に
対応している医療機関は少ないかもしれません。

シンガポールの検疫要件は頻繁に変わります。鼻咽頭拭い式のPCR検査 (リアルタイム方式)
以外は無効になる場合もございます。
時間、費用はかかりますが、鼻咽頭拭い式のPCR検査 (リアルタイム方式)をお選びいただく
ほうが間違いありません。

シンガポールでは対象国からの帰国時に隔離不要となるワクチン接種済みトラベルレーン
(Vaccinated Travel  Lane、通称VTL)適用国が拡大し、徐々にですが休暇、出張で海外に
行くお客様が増えてきました。
VTL対象国は開始予定含め現在以下の27カ国となっています。
韓国、インドネシア、マレーシア、タイ、カンボジア、ブルネイ(※)、インド、
スリランカ、モルディブ、オーストラリア、フィジー、米国、カナダ、イギリス、
フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、オランダ、デンマーク、
スウェーデン、フィンランド、トルコ、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタール
※ブルネイは渡航目的が限定されています。また一部の適用国では到着時の隔離が必要と
 なっています。

VTL適用国となるにあたっては、ワクチン接種証明書がデジタル対応していることが条件の
ため、日本における運用開始が待たれます。


投稿者名 YUSEN TRAVEL (SINGAPORE) PTE. LTD.  投稿日時 2021年11月26日 | Permalink