音楽に対する感性は人ぞれぞれです

ブリュッセルのグランプラス


ベルギー(ブルージュの街並み)

先日、スタッフが夏の休暇を利用してベルギーへ旅行するとの報告を受けたので、是非、ブリュッセルの楽器博物館に立ち寄ることを勧めました。ベルギーと言えば、昨年、バイオリンの巨匠・ジェーヌイザイが生誕160年を迎え、そして、少し遡りますが、2016年には日本とベルギーは国交樹立150周年の記念すべき年を迎えている。多くの作曲家を生んでいるベルギーでは、是非、ゆっくり過ごしたいものですね。しかし、そのスタッフ(女性)はベルギービールが目的だったようで、たんまりビールを飲んで満足して帰国。楽器博物館の写真は無し、、、。まぁ、プライベート旅行ですから無理も言えませんし、音楽の魅力は個々、感性が違うので無理強いできないですね。


投稿者名 コンダクター♪ 投稿日時 2019年09月10日 | Permalink

来年はベートーベンの生誕250周年

スイス氷河特急の乗車前に


数年前から海外の空港、駅にて自由に弾けるピアノが何気なく設置されているのを目にします。そして、旅行中に通りすがった人達(子供から年配の方)が遠慮なく、自分の好きな曲を弾いているのは微笑ましいですね。偶然、そんな場所に出会うと得した気分になり、国籍を問わずに演奏者へ拍手を送りたくなるものです。今回、私も勇気を出して弾いたのが、♪ドレミファソラシド♪、、、拍手喝采の代わりに笑みをいただき、恥ずかしい限り。数年後はベートーベンの「第九」でも弾けるように、大人のピアノレッスンにでも通ってみようかな、、、。


投稿者名 コンダクター♪ 投稿日時 2019年08月27日 | Permalink

暑い時期は海外ですね

楽友会館でのモーツァルトコンサート


スイス マッターホルンより

台風が続き、どのようにお過ごしですか。
海外へ旅行している知人からの便りをおすそ分けいたします。猛暑から逃れたいですよ!


投稿者名 コンダクター♪ 投稿日時 2019年08月12日 | Permalink

ベートーベンがアヒルに変身か

海外にて出会い

ジャジャジャ、ジャーン!しかし、例年以上に梅雨明けが遅いとのことですが、昨日からの猛暑日(2日目)でもうギブアップと言った感じですね。街中はサウナ状態です。でも、暑いからこそ、クラシック音楽が聴きたくなるのは私だけでしょうか。やはり、夏を涼しく過ごすには、ベートーベンよりもヘンデル、ドビュッシー、又はシベリウスあたりの曲が最適だろうか。夏本番を前に、もう音楽の季節である秋が待ち遠しくなります。しかし、暑い!!!


投稿者名 コンダクター♪ 投稿日時 2019年07月31日 | Permalink

待ちに待ったミュージカル

劇場内にて

過去に長期のロングラン公演となり人気の高いミュージカル「王様と私」が日本で公演されると知り、駄目もとで申し込んだら幸運にもチケットを入手!テンポある曲に心を打たれ、途中で爆睡することもなく鑑賞できました。言うまでもなく、終演後のスタンディングオベーションによる鳴り止まぬ拍手に興奮!生の舞台は病み付きになります。


投稿者名 コンダクター♪ 投稿日時 2019年07月23日 | Permalink