(2)添乗レポート☆音楽評論家 田辺秀樹と行く チューリヒ~レマン湖~リヨン~トリノ 11日間 モーツァルト・オペラとオペレッタ紀行

透明度の高さで知られるアヌシー湖


旅の後半は、エヴィアンからアヌシーを抜けて、リヨンへ。

途中、オプショナルツアーでは、”フランスで最も美しい村”認定の
「ぺルージュ」観光と、ボジョレー地方のシャトーレストランでのご昼食を
お楽しみいただきました。


ぺルージュ シャトーレストランの様子


ぺルージュ シャトーレストランの様子


シャトーレストランでの昼食

ぺルージュの街の様子

リヨン国立歌劇場では、モーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》モンタナーリ指揮、
P.スライ、K.ケテルセンほか出演 を鑑賞しました。


リヨン国立歌劇場ロビー

リヨン国立歌劇場の外観

旅のフィナーレは、イタリア北部の街 トリノ。

トリノ王立歌劇場では、モーツァルトのダ・ポンテ三部作を鑑賞しました。

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》ルスティオーニ指揮、
C.アルバレス、C.レミージョほか出演

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》D.ファソリス指揮、F.ロンバルディ、
A.ストロッパ、R.デ・カンディアほか出演

モーツァルト《フィガロの結婚》S.スカプッチ指揮、S.アルベルギーニ、
S.ファルノッキアほか出演


トリノ王立歌劇場のロビー


トリノ王立歌劇場のエントランス


旅をしめくくるオプショナルツアーは、ピエモンテ州、銘醸ワインの産地「バローロ」観光。
スローフード発祥の地「ブラ」のご昼食とともにお楽しみいただきました。


銘醸ワインの産地バローロ


ブラでの昼食


投稿者名 マエストロ 投稿日時 2018年08月13日 | Permalink

(1)添乗レポート☆音楽評論家 田辺秀樹と行く チューリヒ~レマン湖~リヨン~トリノ 11日間 モーツァルト・オペラとオペレッタ紀行


6月最後の添乗レポートは爽やかな初夏のスイスとフランス、イタリアから
お届けいたします♪

音楽評論家 田辺秀樹と行く チューリヒ~レマン湖~リヨン~トリノ 11日間 
---- モーツァルト・オペラとオペレッタ紀行
■2018年6月28日~2018年7月8日 11日間

チューリヒ歌劇場、リヨン国立歌劇場、トリノ王立歌劇場での
オペラの魅力もさることながら、エヴィアン音楽祭は初めての訪問、
スイス、フランスからイタリアに向けての道中、
大自然と絶景のアルプス、お楽しみいただけるツアーとなりました。


チューリヒ歌劇場 テラスからの眺め


チューリヒ歌劇場 ホワイエの様子

チューリヒ歌劇場は、外観、内観ともに重厚感を感じさせる
ヨーロッパ屈指の歌劇場ひとつ。

レハール《微笑みの国》F.ルイージ指揮、P.ベチャワほか出演 を鑑賞しました。


ルンゲルン湖


ハーダークルム展望台よりユングフラウ、アイガーの名峰をのぞむ

チューリヒからインターラーケンを抜けて、一行はレマン湖畔の街エヴィアンに
到着しました。

エヴィアン音楽祭では、「ハーゲン弦楽四重奏団」、「トリオツィンマーマン」などの室内楽をお楽しみいただきました。


コンサート会場(グラン・オー・ラック)の様子

会場内のバーも解放感あふれます


夜のレマン湖の様子

エヴィアンでの夕食


田辺先生によるエヴィアンでのピアノ演奏


レマン湖畔の夜明け

エヴィアンご滞在中には、オプショナルツアーで名峰モンブラン
(プレヴァン展望台)にもご案内しました。


シャモニーより


プレヴァン展望台からモンブランをのぞみます


投稿者名 マエストロ 投稿日時 2018年08月03日 | Permalink

添乗レポート★音楽評論家 加藤浩子と行く「バッハへの旅」

ライプツィヒ 旧市庁舎にあるバッハの肖像画


2000年より始まった「バッハへの旅」
その後、17年間にわたりのべ786名様が参加された音楽ツアーの
ベストセラーでもあります。

第28回を迎えた今年は、20名様を超えるお客様とともに、
ライプツィヒで開催されたのバッハ・フェスティバルを中心に
お楽しみいただきました。

2018年6月7日~6月19日 13日間コース
2018年6月9日~6月19日 11日間コース
 


アイゼナッハ バッハハウス前の像

アイゼナッハ ラテン語学校前

季節のホワイトアスパラガスの昼食

バッハゆかりの地めぐりも、ツアーには欠かせません。
バッハ生誕の地、アイゼナッハのほか、ヴァイマールやアルンシュタットなどのほか、
今回はヴェヒマルにも訪れました。


アルンシュタットのバッハ教会では貸切コンサートを鑑賞


ヴァイマール市立教会のパイプオルガン


ヴァルトブルク城


ヴェヒマル ファイトバッハの家


ヴェヒマル ファイトバッハの家の内部


ドルンハイム 聖バルトロメオ教会

ライプツィヒ・バッハフェスティバル2018は、前半に「カンタータ・リング」
を銘打ち、オープニングから3日間にわかり計10回のカンタータ演奏会が行われましたが、
ツアーではそのうち2日間5公演を鑑賞しました。

ガーディナー&「イングリッシュ・バロック・ソロイスツ」
コープマン&「アムステルダム・バロックオーケストラ」
鈴木雅明&「バッハ・コレギウム・ジャパン」など

後半には、フランス気鋭のバロックアンサンブル「ラ・シャペル・レーヌ」による
《マタイ受難曲》や
「ベルリン古楽アカデミー」による《ミサ曲ロ短調》に2大宗教曲、
A.シフの《ゴルトベルク変奏曲》「コレギウム1704」による《ブランデンブルク協奏曲》
などバラエティ豊かなプログラムをお楽しみいただきました。


ライプツィヒ 聖トーマス教会の前にて


投稿者名 マエストロ 投稿日時 2018年08月02日 | Permalink

添乗レポート☆ザルツブルク・イースター音楽祭7日間

旧市街から眺めるホーエン・ザルツブルク城


今年のザルツブルク・イースター音楽祭は、ティーレマン率いるドレスデン
国立歌劇場管弦楽団、ハルテロス、テジエ、アントネンコが出演する、
新制作プッチーニの《トスカ》を皮切りに、A.オロスコ=エストラーダ、ラベック姉妹、
S.ガベッタ、E.ガランチャなどの豪華キャストによるコンサートが連日連夜
繰り広げられました。


祝祭劇場前の様子


祝祭劇場前の様子


ツアーは、ザルツブルクだけにゆったり滞在しますが、滞在中は
いろいろな楽しみもあります。

たとえば、日曜日には、大聖堂のミサにご案内。




自由時間に添乗員がご案内したお食事での一コマ。

ちょうど解禁になったばかりの白アスパラ、ラッキーでした!




投稿者名 マエストロ 投稿日時 2018年07月07日 | Permalink

添乗レポート☆ヴェネツィア&魅力の小都市めぐり パルマ、モデナ、トリエステ9日間(2)

パルマに続いては、モデナへ。
モデナはパルマと同様ローマ時代からエミリア街道の要塞として
街が発展しました。
バルサミコ酢や発泡性赤ワイン、ランブルスコの産地としても知られますが、
オペラファンにとっては、2007年にこの世を去ったルチアーノ・パヴァロッティ
の故郷としても知られています。


モデナ・パヴァロッティ劇場にあるパヴァロッティの像


パヴァロッティの功績は高く評価され、モデナの歌劇場には
現在「パヴァロッティ劇場」Teatro Comunale Luciano Pavarotti
という名がつけられています。


街中でみつけたオペラ看板


世界遺産の街としても知られるモデナ。
ドゥオモのほか、ギルランディーナの塔、ドゥカーレ宮殿などに
ご案内しました。


ドゥオモとギルランディーナの塔


モデナのドゥカーレ宮殿


ふたたび、モデナ・パヴァロッティ劇場に戻ってみますと・・・・


モデナ・パヴァロッティ劇場



劇場内には、パヴァロッティに関する資料がたくさん展示されていました。





モデナ滞在中のランチでは、バルサミコ酢の醸造所が
経営するレストランに立ち寄りました。


バルサミコ酢醸造所の内部


先祖代々、引き継がれてきたこちらのお店。
こちらの店主は6代目、だそうです。



旅はいよいよヴェネツィアへ。

世界中から観光客が集まるサン・マルコ広場、サン・マルコ大聖堂、
ドゥカーレ宮殿にご案内しました。

残念ながら、フェニーチェ歌劇場の写真は撮れませんでしたが、
オペラはたっぷり楽しみました。

<鑑賞公演>
ヴェネツィア「フェニーチェ歌劇場」
チョン・ミョン・フン指揮 
プッチーニ《ラ・ボエーム》
出演:V.イエオ、ドゥヴロフスカヤほか


サンマルコ大聖堂と鐘楼


ドゥカーレ宮殿


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2018年07月05日 | Permalink