加藤浩子の旅びと通信 オペラゆかりの地を訪ねる醍醐味〜《カヴァレリア・ルスティカーナ》ゆかりのシチリア島、ヴィッツィーニ村訪問記

こんにちは、musicaです。
郵船トラベルの講師同行ツアー「バッハへの旅」「ヴェルディへの旅」
などでおなじみの、加藤浩子氏による特別寄稿、第5回目をお届けします。

♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪ ♪♪♪

こんにちは。加藤浩子です。
 「郵船トラベル」さんが主催するツアーで、同行講師をさせていただいています。
「郵船トラベル」さんのメールマガジンの場をお借りして発信している「加藤浩子の旅びと通信」、第5回目の今回は、オペラ《カヴァレリア・ルスティカーナ》ゆかりのシチリア島、ヴィッツィーニ村の訪問記です。


イタリアオペラの殿堂、ミラノのスカラ座


「オペラツアー」を組む目的は、いくつかあります。
最大の目的は、欧米の有名歌劇場で、いい公演を鑑賞することでしょう。
特にヨーロッパのオペラハウスは、建物自体に訪れる価値があります。劇場そのものが歴史的な建築物である場合も少なくありません。個性豊かな劇場の雰囲気を味わうだけでも、はるばる来てよかったと思えます。一回の旅で複数の国の複数の劇場を訪れることができるのも、ヨーロッパのオペラツアーの魅力です。
もちろん、一番大事なのは公演の内容です。有名スターが出演する人気演目から、実力派が揃う注目公演まで選択肢はいろいろですが、なるべく多くの方にご満足いただける公演を選ぶよう、心がけています。
さて、「オペラツアー」ならではのもう一つの目的は、オペラや作曲家の「ゆかりの地」の訪問です。
一般的な観光地ももちろん訪問しますが、ヴェルディやプッチーニ、モーツァルト、ワーグナーといった有名作曲家のゆかりの場所をめぐるのは、興味をそそられるもの。特に、その旅で鑑賞した作曲家のゆかりの場所だったりすると、感銘もひとしおです。
これまで訪れた「作曲家ゆかり」の場所の中で、一番印象に残り、繰り返し訪れているのは、ヴェルディが私財を投じて建てた音楽家のための老人ホーム「憩いの家」です。設立してから120年近くたった今でも現役の老人ホームとして使われており、スカラ座のオーケストラや合唱団のOBからフリーランスの作曲家や指揮者まで、音楽家として活躍した方々やその家族が老後を過ごしています。敷地内の礼拝堂には、ヴェルディ夫妻のお墓もあります。


音楽家のための憩いの家


投稿者名 musica 投稿日時 2020年07月03日 | Permalink

加藤浩子の旅びと通信 第4回  過ぎてみれば想い出深し、「トラベル」での「トラブル」

こんにちは、musicaです。
郵船トラベルの講師同行ツアー「バッハへの旅」「ヴェルディへの旅」
などでおなじみの、加藤浩子氏による特別寄稿、第4回目をお届けします。


ドレスデンに建つザクセン州立歌劇場


こんにちは。加藤浩子です。

「郵船トラベル」さんが主催するツアーで、同行講師をさせていただいています。
「郵船トラベル」さんのメールマガジンの場をお借りして発信している「加藤浩子の旅びと通信」、第4回目の今回は、旅につきものの「トラブル」のお話です。

同行させていただいている音楽ツアーが2000年の「バッハへの旅」にはじまった、
というお話を第1回でいたしましたが、翌2001年は、この年没後100年を迎えた
イタリア・オペラの大作曲家ヴェルディを訪ねる「ヴェルディへの旅」を催行しました。
まだ、阪急交通社さんにお世話になっていた時代です。

2005年からは「郵船トラベル」さんの主催で音楽ツアーを続けていますが、
同行ツアーの柱は、「バッハへの旅」と、ヴェルディをはじめとするイタリア・オペラを中心としたオペラツアーです。
今回は、オペラツアーのこぼれ話です。

さて、旅には「ハプニング」がつきものです。嬉しいハプニングに越したことはないですが、
「トラブル」に巻き込まれることもしばしば。けれどトラブルというものは、その時は困っても、振り返ってみれば「いい想い出」になることがよくあります。
不思議なもので、トラブルを乗り切った旅の仲間は、結束が固くなることが多いのです。
「あの時は大変だったね〜」と語り合うのは、それはそれでとても楽しいもの。
そして、トラブルを乗り切った後に、嬉しいハプニングがあったりすれば最高です。

私にとってとても想い出に残っている「トラブル」ありの「トラベル」は、2008年に催行したオペラツアーでした。題して「ヨーロッパ名門歌劇場めぐり」。ドイツ、ドレスデンのザクセン州立歌劇場で《リゴレット》、ロンドンのロイヤルオペラハウスで《ドン・カルロ》と《フィガロの結婚》、そしてブリュッセルのモネ劇場で《運命の力》を鑑賞するという内容です。


ザクセン州立歌劇場内部


ザクセン州立歌劇場内部


投稿者名 musica 投稿日時 2020年06月18日 | Permalink

加藤浩子の旅びと通信 第3回 月の降る街で 〜 ケーテンの想い出

こんにちは、musicaです。
郵船トラベルの講師同行ツアー「バッハへの旅」「ヴェルディへの旅」
などでおなじみの、加藤浩子氏による特別寄稿、第3回目をお届けします。


バッハが仕えたレオポルト侯爵の居城、ケーテン城


こんにちは。加藤浩子です。


 「郵船トラベル」さんが主催するツアーで、同行講師をさせていただいています。
「郵船トラベル」さんのメールマガジンで発信している「加藤浩子の旅びと通信」、
第3回目になる今回は、「バッハへの旅」で訪れる街の中でもとりわけ想い出深い
街であるケーテンについて、お話しさせていただこうと思います。


 動画もありますので、ぜひ最後までお付き合いください。


ケーテンの街並み


投稿者名 musica 投稿日時 2020年06月05日 | Permalink

加藤浩子の旅びと通信 第2回 「バッハへの旅」の醍醐味、オルガン巡り

こんにちは、マエストロです。
郵船トラベルの講師同行ツアー「バッハへの旅」「ヴェルディへの旅」
などでおなじみの、加藤浩子氏による特別寄稿、第2回目をお届けします。

第2回目は「バッハへの旅」の醍醐味でもある、オルガン巡りについて。
一般の観光ツアーではまず行かない、たとえ個人旅行でもなかなか実現が難しい
バッハゆかりの教会で聴くプライベートコンサート。
その内側をお話いただきます。


バッハの生地アイゼナッハの郊外に聳えるヴァルトブルク城。マルティン・ルターゆかりの城でもあります


投稿者名 マエストロ 投稿日時 2020年05月20日 | Permalink

加藤浩子の旅びと通信 第1回 「俺たち、隠れキリシタンみたいだなあ」〜「バッハへの旅」事始めの記

こんにちは、マエストロです。
今月より、郵船トラベルの講師同行ツアー「バッハへの旅」
「ヴェルディへの旅」などでおなじみの、加藤浩子氏による
特別寄稿を数回に分けてお届けしたいと思います。

第一回目は「バッハへの旅」の誕生秘話。
ここまで深堀りしてお話いただくのは、初めてかもしれません。
ぜひ、最後までお楽しみください。


バッハが活躍したライプツィヒの聖トーマス教会



「俺たち、隠れキリシタンみたいだなあ」〜「バッハへの旅」事始めの記

こんにちは。加藤浩子です。
 「郵船トラベル」さんが主催するツアーで、同行講師をさせていただいています。
このたび、「郵船トラベル」さんのメールマガジンの場をお借りして、
定期的に皆さまへの発信をさせていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いいたします。

第1回目になる今回は、私がなぜツアーの同行という仕事を始めさせて
いただくことになったのか、そして第1回目のツアーの思い出などについて、
お話しさせていただこうと思います。

 私のツアーに来てくださった方には大体お話ししていると思うのですが、
同行したツアーの1本目であり、
新型コロナの影響で中止に追い込まれた今年をのぞいて毎年続いてきたツアーは、
「バッハへの旅」です。
 きっかけは、バッハ没後250年にあたる2000年の記念出版として
企画された1冊の本、『バッハへの旅』(東京書籍)でした。
当時の東京書籍には、バッハ本をたくさん作っているバッハ狂(失礼!)
の編集者がいて、その彼の夢が、バッハゆかりの地を取材し、
写真もたくさん交えた、旅行ガイドにもなるバッハの伝記本を作ることでした。
その頃私は、小学館から出ていた『バッハ全集』に執筆をしており、
件の編集者から相談を受けた『バッハ全集』の編集長が、
私を著者に推薦してくれたのです。
 1999年の晩秋、私は、担当編集者、そして写真家の若月伸一さんとの3人で、
その頃ドイツを仕事の拠点としていた若月さんの運転する車で、
バッハゆかりの地をかけめぐりました。




投稿者名 マエストロ 投稿日時 2020年05月03日 | Permalink