加藤浩子の旅びと通信 第12回 「バッハへの旅」オンラインツアー第2弾を開催します!ゲストはあの鈴木雅明先生です。

 こんにちは、musicaです。
 昨年12月に第1弾を実施した自宅で楽しむ音楽の旅、オンラインツアー「バッハへの旅」
 この第2弾がいよいよ8月16日(月)に開催されます!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 こんにちは。加藤浩子です。
 「郵船トラベル」さんが主催する「バッハへの旅」そのほかの音楽ツアーで、同行講師を務めさせて頂いています。
 とはいえ、昨年来のコロナ禍で、海外旅行は事実上不可能な状態です。
そんな中、郵船トラベルさんでは、昨年12月からオンラインツアーを始めました。
写真やビデオで作曲家ゆかりの地を紹介し、専門家の解説や現地での演奏の動画を盛り込んで、オンライン上で旅に出た気分を味わっていただこうという企画です。



バッハ音楽祭の会場となる聖トーマス教会


 
 昨年12月には、第1弾として「バッハへの旅 オンラインツアー」を催行。「バッハへの旅」で周遊するバッハゆかりの街々を写真を交えてご紹介した後、ゲヴァントハウス管弦楽団コントラバス奏者のエーバーハルト・シュプレーさんにライプツィヒのバッハゆかりの地をご案内いただいたり(録画)、聖トーマス教会オルガニストのウルリヒ・ベーメさんが、聖トーマス教会のバッハ・オルガンでバッハ作品を演奏した動画を盛り込んで、88名さまのご参加をいただくことができました。
今年に入ってからは、生誕251年を迎えたベートーヴェンをテーマにしたオンラインツアーを2回催行。ご好評をいただいています。


バッハ音楽祭のポスター


 そしてこの度、待望の「バッハへの旅」第2弾を企画いたしました。ゲストに、日本を、いえ世界を代表するバッハ演奏家の鈴木雅明先生をお迎えする豪華版です。
テーマは「バッハとライプツィヒ」、および「ライプツィヒ・バッハ音楽祭」。前半では現在のライプツィヒの様子をビデオでご紹介しながら、ライプツィヒにおけるバッハの活動に触れます。ライプツィヒのバッハ博物館のご協力を得て、博物館収蔵の貴重な資料をご覧いただけるのもこのツアーの特徴です。バッハの自筆譜や貴重な出版譜に混じって、最近博物館の所有になった有名な肖像画や、愛妻の遺品も登場します。音楽だけでなく、色々な角度から「バッハ」を知っていただけることでしょう。


バッハ博物館


 第一部の後半は、鈴木先生ならではの「バッハのオルガン巡り」。今回は、バッハがライプツィヒ時代に関わった重要なオルガンのいくつかについて、写真を見ながらお話を伺います。もちろん先生の演奏動画も予定しています。どこのオルガンのどんな響きが聞けるのかは、当日のお楽しみです。


バッハがライプツィヒ時代に鑑定した、ナウムブルク、ヴェンツェル教会のオルガン


 
 後半では、1904年に創設された「ライプツィヒ・バッハ音楽祭」の、今年のハイライトをご紹介してまいります。
「ライプツィヒ・バッハ音楽祭」は、世界に数ある「バッハ音楽祭」の中でも突出した規模と歴史を誇る音楽祭です。鈴木先生と先生が創設した古楽オーケストラ&合唱団「バッハ・コレギウム・ジャパン(以下BCJ)」は、西暦2000年にゲヴァントハウスでバッハの《世俗カンタータ》を演奏して以来、この音楽祭にたびたび招かれている常連アーティスト。さらに鈴木先生は、2012年、バッハの音楽の啓蒙において重要な貢献をした人物(演奏家、研究者など)に贈呈される「バッハ・メダル」を、日本人として、そして「非ヨーロッパ人」として初めて受賞されました。バッハ音楽祭中に行われた受賞記念演奏会は、聖トーマス教会における《マタイ受難曲》。今、バッハを、そしてバッハ音楽祭を語るのに、鈴木先生ほどふさわしい方はいないでしょう。


聖トーマス教会の近くにある、メンデルスゾーンが建てたバッハ像


 ツアーでは、鈴木先生の解説はもちろん、先生とBCJの演奏も聴けます。鈴木先生と「バッハ・コレギウム・ジャパン(以下BCJ)」は、今年のバッハ音楽祭に招かれていたのですが、コロナ禍で渡独が叶わず、代わりにBCJが普段録音や演奏会で使用している神戸の松蔭女子学院チャペル(音響効果が素晴らしいのです)で演奏予定曲目を録画し、演奏会が予定されていた日程に、ライプツィヒからストリーミングするという方法がとられました。
オンラインツアーでは、その映像の一部をご紹介。こぼれ話もたっぷり伺う予定です。さらに、バッハゆかりの聖トーマス合唱団が出演したクロージングコンサートの一部も、演奏動画でご紹介いたします。


ライプツィヒ、ニコライ教会夜景


 例え現地に行けなくても、今だからこそ体験できる「バッハ」をお届けしたい。そんな思いで、担当者ともども準備に取り組んでいます。前回好評をいただきました、ドイツワインやソーセージ付きのコースも準備いたしました。真夏のバッハ・オンラインツアーに、どうぞ、ご期待ください。
ツアーの詳細とお申し込みは以下で。

ツアー申込み専用ページ
https://peatix.com/event/2136715/


(C) Tomoko Hidaki


最後までお読みいただきありがとうございます。
オンラインツアーは、ライブ配信と見逃し配信(アーカイブ配信)の両方で配信されます。
当日ご都合がつかない場合も、ツアー終了後10日間じっくりとご覧いただけますので、
ぜひご参加ください。


◆書籍のご紹介◆
「バッハ」(平凡社新書)
「バッハへの旅」(東京書籍)

加藤浩子氏プロフィール&過去ツアー実績、著書等の紹介はこちらから


「バッハへの旅」ツアーのことをもっと知りたい!という方は、
特集ページもぜひご覧ください。


旅の最新情報をキャッチ! ぜひご覧ください♪

音楽・美術の旅 facebookページ
https://www.facebook.com/yusentravel.music
音楽・美術の旅 Twitter 
https://twitter.com/YTK_Music
音楽・美術の旅 メルマガ(月2回配信)
https://www.ytk.jp/mailmagazine/
音楽・美術の旅 トップページ
https://www.ytk.jp/music/


投稿者名 musica 投稿日時 2021年07月20日 | Permalink

開催報告!【オンラインツアー(後日視聴可)】 運命の鼓動がスタート! 「ベートーヴェン生誕251年ウィーンの旅」 ~ベートーヴェン研究の第一人者 平野昭 と ウィーン在住オペラ演出家 高島勲 と巡る足跡18カ所へ~ (ウイーン国立歌劇場内部見学ツアー特典映像つき)

前回(12月)のバッハへの旅オンラインツアーから4ヶ月ぶりの開催。
4月14日は雨模様の中、郵船トラベル本社内で実施されました。

たくさんのお客様からのお申し込みをいただきました。
ありがとうございました。

ベートーヴェン生誕250年の記念年でもあった昨年は国内外で多くの
イベントが企画されていましたが、その多くが中止となりました。

私たちが企画していたツアー「ベートーヴェンへの旅」も3月、6月の2回、
いずれも満席でしたが、中止を余儀なくされました。

その「ベートーヴェンへの旅」を15年以上、一緒に続けてきた平野昭先生とともに
2020年の振り返りからツアーはスタートしました。


高島勲先生(写真上部)と平野昭先生(写真右)と筆者


実は、今回のオンラインツアー実現のきっかけは、昨秋にさかのぼります。

もう1人のゲストで、ウィーン在住のオペラ演出家、高島勲先生による
ウィーン国立歌劇場内部見学の撮影が実現したことでした。

新型コロナウィルス感染拡大の影響下でも、さすがは音楽の街ウィーン。
そのプライドをかけて昨シーズンがスタートしたウィーン国立歌劇場。
他のヨーロッパ各地の劇場が閉鎖されている中で、感染防止対策を徹底し、
公演を続けてきました。
この内部見学の映像は、そのような状況下で撮影がされたのです。
(その後、12月初旬にオーストリアもロックダウンが再開し公演も中止となります)

さて、このウィーン国立歌劇場内部見学ツアーの映像、
その後、ロックダウン期間の制限の中で相当の編集作業に時間がかかり、
ようやく完成したのは2021年が明けてからでした。

この映像をどんなふうに活用していこうか?という話し合いの中で生まれたのが、
今回のツアー。
国立歌劇場はオペラ《フィデリオ》が上演された経緯もあり、
ベートーヴェンは避けては通れない。
なにより、たくさんのイベントが中止となった2020年ベートーヴェン生誕250年の
リベンジをしよう、「ベートーヴェン生誕251年ウィーンの旅」をやろう、
ということになったのです。




高島勲先生(アン・デア・ウィーン劇場前、ベートーヴェンが住んだ家)



ベートーヴェンは記録に残っているだけでも68カ所に住んだとされていますが、
今回のツアーでは、その中から18カ所のベートーヴェンゆかりの建築物や場所を
訪ねようという内容。


市電D終点の「ベートーヴェンの小径」駅 
1824年夏に住んだ家
ベートーヴェンの散歩道とカーレンベルクの景色
ベートーヴェン&グリルパルツァー・ハウス
ハイリゲンシュタットの遺書の家
遺書の家から見える教会(聖ミヒャエル教会)
ベートーヴェン・ホイリゲ
エロイカハウス
カフェ・フラウエンフーバー
第九が完成した家
ザッハー・ホテル(第九初演の劇場の跡地)
ウィーン国立歌劇場(1955年にフィデリオが上演)
ベートーヴェンフリースで知られるセセッシオン(分離派会館)
アン・デア・ウィーン劇場(フィデリオ初演の劇場)
パスクァラティ・ハウス
ベートーヴェン最期の家
ベートーヴェンの葬儀が行われた教会
ベートーヴェンが最初に埋葬されたヴェーリンガー墓地


これら18ヶ所の撮影は3月下旬、丸2日間かけて行いました。
そこからツアー本番までのおよそ3週間、膨大な数の編集作業を経て
お客様にお届けできるようになったのです。






後半は、ロックダウン中のオーストリアから。
イースター(復活祭)時期のウィーンの様子や、ベートーヴェンゆかりのカフェ、
レストランなどもご紹介しました。


また、ツアーといえば食の楽しみも欠かせません。
希望者にはベートーヴェンが好んだワインや珈琲にちなんだお土産(別料金)も
事前にお送りし、ツアーを観ながらお楽しみいただきました。


ツアー中には、視聴者も参加できるクイズも


次回は、ベートーヴェン生誕251年ウィーンの旅、第2弾を予定しています。(6月下旬〜)
今度のテーマは「アン・デア・ウィーン劇場」それから、ウィーン郊外のベートーヴェンの
ゆかりの地(バーデン、メードリング)を予定しています。

「アン・デア・ウィーン劇場」といえば、オペラ《フィデリオ》初演の劇場。

その内部見学、それもバックステージまでをお見せします。
再び、高島先生のご案内とともに、お届けしますので、ぜひご期待ください。



旅の最新情報をキャッチ! ぜひご覧ください♪

音楽・美術の旅 facebookページ
https://www.facebook.com/yusentravel.music
音楽・美術の旅 Twitter 
https://twitter.com/YTK_Music
音楽・美術の旅 メルマガ(月2回配信)
https://www.ytk.jp/mailmagazine/
音楽・美術の旅 トップページ
https://www.ytk.jp/music/


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2021年04月25日 | Permalink

【オンラインツアー(後日視聴可)】 運命の鼓動がスタート! 「ベートーヴェン生誕251年ウィーンの旅」 ~ベートーヴェン研究の第一人者 平野昭 と ウィーン在住オペラ演出家 高島勲 と巡る足跡18カ所へ~ (ウイーン国立歌劇場内部見学ツアー特典映像つき)

生誕250年から251年へ・・・!!
ベートーヴェンに想いを馳せながら、ウィーンとライブで繋ぎ、
運命の鼓動がスタートするオンラインツアー第一弾!

ベートーヴェンは記録に残っているだけでも68カ所に住んだとされている。
その中から18カ所のベートーヴェンゆかりの建築物や場所を訪ね、
ベートーヴェン研究の第一人者 平野昭氏 と ウィーン在住オペラ演出家 高島勲氏による
トークとともに、ウィーンを旅するオンラインツアー。
(ツアー参加者には、新型コロナウイルス感染拡大影響下のオーストリアで昨秋撮影された高島勲氏監修によるウィーン国立歌劇場内部見学ツアーの特典映像を進呈!)

希望者にはベートーヴェンが好んだワインや珈琲にちなんだお土産(別料金)もご用意!
目と耳だけでなく、舌でもウィーンの味覚をお楽しみいただけます。

ツアー詳細は、こちらから・・・


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2021年03月24日 | Permalink

開催報告「バッハへの旅」オンラインツアー (12月15日実施)


こんにちは、musicaです。


12月15日に開催されました、初のオンライン音楽ツアー。
音楽評論家 加藤浩子と行く 「バッハへの旅」無事終了いたしました。

初めての挑戦ということで、試行錯誤からスタートした企画でしたが、
おかげさまで88名ものお客様にお申し込みをいただきました。
(当日視聴はおよそ65名様)



当日の直前リハーサルは順調な滑り出し。
最終調整も、万全。あとは、本番を待つだけとなりました。 

・・・ところが、開始の20分前になって使用するカメラとPCに不具合が生じる
アクシデントが発生。現場には異様な緊張感が漂いました。

開始5分前になっても原因が判明せず、やむを得ずカメラを急遽交換。
画質などのチェックもままならないまま、三脚にカメラをビニールテープで
固定し、15:30のスタートを迎えました。


冒頭の司会(中田)の顔が引きつっていたのは、こうした背景があったのです(苦笑)





ところが、オープニングPVのあと、引き継いだ加藤先生は、さすがプロです。
何事もなかったかのように、スムーズにツアーがスタートしました。


「バッハへの旅」誕生ストーリー から 「バッハの足跡をたどる旅」 
アイゼナッハから、オールドルフ、アルンシュタット、ミュールハウゼン、
ドルンハイム、ヴァイマール、ケーテンと続き、ライプツィヒに到着。



ライプツィヒでは、ゲヴァントハウス管弦楽団コントラバス奏者のエーバーハルト・
シュプレーさんにバトンタッチ。ライプツィヒのバッハゆかりの地をご案内いただきました。

これは、実は11月4日に撮影されたもので、朝9時以降はマスク着用義務とされるほど
厳しい制限措置下で撮影が行われました。



シュプレーさんの案内のあとは、休憩を挟んで後半部分へ。

後半すぐ、このオンラインツアーのハイライトのひとつ、バッハ音楽祭の
芸術監督を務めるミヒャエル・マウルさんとZoomで繋ぎ、バッハ博物館から
ライブ中継・・・となるはずでした。


ところが、ライブ中継まで10分を切ったにもかかわらず、マウルさんは登場しません。

再び、現場には緊張が走りました。
この日ドイツでは、本格的なロックダウン開始日となったと知らせがあったばかり。
バッハ博物館もスタッフは誰も来ておらず、マウルさんだけが来るという状況。

ひょっとしたら、途中で何か起きたのかもしれない・・・!
今回、ライプツィヒで様々にサポートをして下さり、当日も現場に待機していた
シェーファー玲子さんが、Zoom画面の向こうで立ち上がったり、
周囲を探したり、電話をかけたりしています。


「先に、ベーメさんのオルガン演奏にいきましょう」

そう切り出したしたのは、加藤先生。

「少なくとも20分は時間が稼げるはず」

急遽、ベーメさんのオルガン演奏に切り替えることとなりました。



ツアー後半のもう一つのハイライトが、
聖トーマス教会のオルガニスト、ウルリヒ・ベーメさんによるオルガン演奏。

ですが、こちらはライブ演奏ではありません。
音質、画質ともに、プロに頼むとなると様々に費用もかさみます。
何より、コロナ影響下において何が起きるかもわかりません。

ということで、今回はきちんと事前に撮影されたアーカイブ映像を
使わせていただきました。

でも、実はベーメさんには事前にお打合せをし、聖トーマス教会のオルガンの前で
ツアーに参加してくださった皆様へのメッセージをいただいたのです。

上記の画像はその時の様子です。





そうこうしているうちに、到着が遅れていたマウルさんが会場に到着した!との
連絡が。

理由は?と聞いたところ、運転するはずの車が動かなくなり、急遽奥さんの車を
借りてやってきたとのこと!
本当に、ライブは何が起きるかわかりません。


いよいよ、ライプツィヒとのライブ中継が始まりました。




マウルさんとのライブ中継では、まず、バッハ博物館の所蔵されている貴重な
資料が紹介されました。
世界に二つしかない、ハウスマンによるバッハの真正な肖像画や、
《ゴルトベルク変奏曲》の<アリア>の初版出版譜などです。
通訳は加藤先生がつとめました。

続いて、話題はライプツィヒ・バッハ音楽祭。
今年は残念ながらコロナの影響で中止となりましたが、
来年のテーマは「救済」
音楽祭の開催を願うマウルさんの想いがつづられました。

最後には、研究者としてのマウルさんの大きな業績である、バッハの真作の発見について、
発見したときの気持ちは?といった質問が参加者から飛び出すなど、ライブならではの
双方向のコミュニケーションもありました。



いよいよ、ツアーも終盤。

最終到着地は、ドレスデン。

まず、加藤先生がドレスデンの街をご案内。
ドイツが誇る歌劇場、ドレスデン州立歌劇場の様子など、お話しいただきました。



もうひとつ、旅に欠かせない要素といえば「食」

ドレスデンでワインショップを営む「デーヴェーゲーハンデル」の
沼尻ソムリエによるドイツワインの案内と、地元の名物のご紹介です。

今回のオンラインツアーでは、「お土産つきプラン」もご用意。
沼尻ソムリエがお薦めするワインや、東京都世田谷区でドイツ仕込みの
ソーセージ製法によるソーセージを提供するお店「IngoBingo」さんのご協力により、
ツアーのおともとして一緒にお土産をご購入いただきました。







オンラインツアーは当初の予定の2時間では終わらず15分ほど延長して終了。

ツアーの締めくくりの加藤先生からのメッセージには熱い想いが込められました。

ツアー終了後に届いたアンケートには、
オンラインツアーからリアルの旅に参加したい、というお声も
多くいただきました。

そうしたお声を励みにして、私たちも着々と準備を進めてまいります。

ツアーご参加の皆様、まことにありがとうございました。



バッハへの旅 特集ページ
https://www.ytk.jp/music/feature/bach.html

音楽・美術の旅 facebookページ
https://www.facebook.com/yusentravel.music
音楽・美術の旅 Twitter 
https://twitter.com/YTK_Music
音楽・美術の旅 メルマガ(月2回配信)
https://www.ytk.jp/mailmagazine/
音楽・美術の旅 トップページ
https://www.ytk.jp/music/


投稿者名 musica 投稿日時 2020年12月21日 | Permalink