添乗レポート☆ザルツブルク・イースター音楽祭


2017年ザルツブルクイースター音楽祭鑑賞ツアーが終了しました。

50周年を迎える今年のプログラムは、とにかく「すごい!」

ドレスデン・シュターツカペレ、ベルリンフィル、ウィーンフィル、
指揮者もティーレマン、チョン・ミョンフン、フランツ・ウェルザーメスト、
ラトルなどが集結した豪華な顔ぶれ!!

お客様からのご評価もおかげさまで大変嬉しいお声をいただくことができました。



オープニング公演《ワルキューレ》開演前の祝祭大劇場内の様子。
華やかな装いを眺めているだけでも、ワクワクしますね。
各地からたくさんのお客様が集まりました。



ご滞在中には音楽の旅ならではのオプショナルツアーもご用意。
『ザンクトフローリアン修道院〜アンスフェルデン〜リンツ』
ブルックナーの生家があるアンスフェルデン、ブルックナーと
深い関わりのある堂々たるザンクトフローリアン修道院、
ブルックナー・オルガンにブルックナーのお墓、リンツでは名物の
リンツァートルテをお楽しみいただきました!







ツアーがザルツブルクを出た直後に、なんと雪が降りました。
4月でも、突然寒くなるのがヨーロッパ。やはり、コートは必需品です!


投稿者名 マエストロ 投稿日時 2017年04月25日 | Permalink

添乗レポート☆春のドイツ&オランダ!珠玉の音楽紀行11日間(2))


続いてのドレスデンでは、オペラを鑑賞。
ドイツが誇る名門歌劇場、ゼンパー・オパー(ドレスデン国立歌劇場)で
ヴェルバー指揮《ドン・ジョヴァンニ》を鑑賞しました。


劇場内の様子


演出はちょっとモダン?・・・お客様からのご感想でした。
最近は古典的な演出がぐっと減りましたね。ヨーロッパ、とくにドイツの劇場では演出も様々な試みがなされているようです。

そうはいっても、この素晴らしい歌劇場でオペラを鑑賞するという体験はほかには替えがたいものです。内部の写真は撮影できませんが、音楽・美術の旅トップページには劇場内部の写真が掲載されていますので、ぜひご覧ください。



オペラのあとは再びオーケストラの旅に戻ります。
会場はベルリン・フィルハーモニーホール。
言わずと知れたベルリン・フィルの本拠地です。

キリル・ペトレンコ指揮&G.ニーグル(バリトン)
モーツァルト《交響曲第35番ニ長調「ハフナー」》
J.アダムスの作品
チャイコフスキー《交響曲第6番ロ短調「悲愴」》

演奏も座席も素晴らしかった!とお客様からお褒めの言葉をいただきました。
ありがとうございます。



旅もそろそろ終盤、最後の訪問地はアムステルダムです。
実はツアーの前半はお天気が少しぐずついていたのですが、後半は晴れの日が続きました。


レンブラント広場


レンブラントの家


お昼のメニューより。 ポークにマッシュルームソース、サラダ&ポテト添え


旅のフィナーレは「コンセルトヘボウ管弦楽団コンサート」!
多くのオケファンに愛されている名門ホール、コンセルトヘボウホールが会場です。


(C)Jordi Huisman


T.ヘンゲルブロック指揮&バルタザール・ノイマン合唱団
シューベルト《スターバト・マーテルト短調》
シューベルト《交響曲第7番ホ短調》
モーツァルト《レクイエム ニ短調》


コンセルトヘボウホール (C)Fred George


コンサート全体を通してのお客様の感想はというと・・・?

「ベルリンフィル&ペトレンコは期待以上!」
「コンセルトヘボウは演奏より会場に満足」
「どの公演も素晴らしい!!」
「いずれも味わい深く、コンセルトヘボウは清らかな歌声が心に残りました」

といったようなお声をいただきました。

本場のヨーロッパ、伝統あるコンサートホール、劇場でオペラ、コンサートを楽しむ旅。
次回は、6月2日出発「初夏のドイツ&チェコ&オーストリア!名門オーケストラめぐり 11日間」をご案内いたします。


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2017年03月31日 | Permalink

添乗レポート☆春のドイツ&オランダ!珠玉の音楽紀行11日間(1)

久々の添乗レポートをお送りいたします♪

今回は乗り継ぎ地、ヘルシンキ空港でのストライキが予定されており、
出発直前になって急遽1時間前倒しでの出発を余儀なくされましたが、
おかげさまで全員無事に出発しました。

最初の滞在地は、ライプツィヒ。
ここでは、ブロムシュテットとA.S.ムッターの競演による
オール・ベートーヴェンプログラムです。



ライプツィヒでは音楽ツアーならではの訪問地にもご案内。
バッハが活躍した聖トーマス教会や、バッハ博物館など。




昼食は、1525年創業の老舗レストラン「アウエルバッハスケラー」
ライプツィヒ大学時代のゲーテが好んで通ったレストランでもあり、代表作『ファウスト』にはこのレストランが登場します。お店の入り口にはファウスト博士の銅像、さらに店内には、後年、ライプツィヒ大学に留学した森鷗外が描かれた壁画が残されています。






ライプツィヒにお別れのあとは、ドレスデンへ向かいます。


投稿者名 カリスマ歌子 投稿日時 2017年03月31日 | Permalink

名門コンサートホールで歌声を響かせてみませんか?

名門コンサートホールで歌声を響かせてみませんか?
演奏旅行~感動体験をお贈りします!


郵船トラベル音楽ツアーデスクでは43年間にわたりヨーロッパ・アメリカなどの歌劇場でオペラやコンサートの鑑賞ツアーを実施してまいりました。長年のノウハウと実績、特にヨーロッパの音楽の中心的存在でもあるオーストリア・ウィーン市との強い絆を活かしまして、以下のようなご提案が可能です。

【ご提案 その1『ウィーン国際アドヴェントジンゲン合唱祭』&『ウィーン国際文化祭』出場枠を確保】


オーストリア・ウィーン市主催『ウィーン国際アドヴェントジンゲン合唱祭 (毎年12月)』、ウィーン国際文化協会主催『ウィーン国際文化祭(毎年3月)』の出場枠を弊社では優先的に確保することができます。いずれも音楽界の中心的存在であるウィーン国際文化協会の審査および推薦が必要で、一般団体の申込は受けておりませんので貴重かつ特別な機会です。終演後には出演者、行政、音楽界の関係者などが集まる交流会にもご参加いただけます。



【ご提案 その2 『音楽の都“ウィーン”世界最高峰のコンサートホールで歌声を響かせませんか?』】


世界最高峰のコンサートホールのひとつ「ウィーン楽友協会(大ホール)」等をはじめとする伝統あるホールを貸し切り、世界トップクラスの演奏メンバー(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団のメンバーで構成)によるオーケストラや、ソリスト(ウィーン国立歌劇場で活躍するオペラ歌手)等との共演企画です。実施に際しましては、ウィーン市をはじめとする諸団体などからの協力を得ることができますので、
集客面でのサポートも安心です。合唱団の記念事業として、現地での国際交流
(交流イベント等)も兼ねた特別なイベントが実現できます。


海外での合唱演奏旅行をお考えの際には、ぜひ一度弊社にご相談くださいませ。
忘れがたい感動体験をお約束します。


アドヴェントジンゲン合唱祭の様子


ウィーン国際文化祭練習風景


投稿者名 music2 投稿日時 2017年03月30日 | Permalink

発表!8月新コース★第二弾 “ザルツブルク音楽祭&バイロイト音楽祭8日間”


夏の音楽祭をめぐるツアー、第二弾は

2017年8月14日~8月21日 『ザルツブルク音楽祭&バイロイト音楽祭8日間』

ツアーに組み込まれている鑑賞公演は、いずれもこの夏注目の新制作2公演!!

■8月16日(水)ザルツブルク祝祭大劇場
ヴェルディ《アイーダ》
R.ムーティ(指揮)
S.ネシャット(演出)
出演予定:A.ネトレプコ、F.メーリ、L.サルシほか

■8月19日(土)バイロイト祝祭劇場
ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》
P.ジョルダン(指揮)
B.コスキー(演出)
出演予定:K.F.フォークト、A.シュヴァネヴィルムス、M.フォレ、G.グロイスベックほか


旅行代金:850,000円(2名1室エコノミークラス利用)※上記2公演チケット付き

ザルツブルク滞在中には上記公演以外にも ヤンソンス指揮&N.シュテンメ出演の
《ムツェンスク郡のマクベス夫人》や、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団コンサートなど
別料金にて手配が可能。

バイロイト音楽祭では、《ワルキューレ》の鑑賞も可能です!

また、オプショナルツアーでは、
「フシュル湖畔に佇む人気の古城ホテル(5ツ星)『シュロス・フシュル』でのご昼食」
なども取りそろえております!



投稿者名 マエストロ 投稿日時 2017年03月13日 | Permalink