アイスランド・グリーンランド紀行~7日目 その2~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回は朝からアークレイリ市街を観光、サッカーバーにてお昼ご飯を食べたところまでお話させていただきましたが、今回は前日に行った郊外を再び観光した後、地方の宿でアイスランド一周の旅最後の宿泊をするところまでをお話させていただきたいと思います!

■7日目 アークレイリ観光から、一周旅行最後の宿へ
午後2時を周り、アークレイリのメイン通りを一通り観光することができました。ここから再び車に乗り、少し遠出をします。向かった場所は前日に続き、2日連続のミーバトンネイチャーバスです(笑)この日も晴れており、お風呂から地平線まで続く、苔生した台地を再び見渡すことができました!時間にも余裕があったので、中にあるサウナに入り、ゆっくりとした時間を過ごします。70℃ほどの低温スチームサウナとなっており、長い間入ることができます。お風呂の景色は前日のブログで紹介させていただいておりますので、今回はミーバトンネイチャーバスの周りの光景をご覧いただければと思います。



投稿者名 レモーネ 投稿日時 2017年01月27日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~7日目 その1~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回は夜に到着したアークレイリでの食事と少しの街歩きの様子についてお話しさせていただきましたが、今回は朝から出歩いた、アークレイリ市街の散策について、お話させていただきたいと思います!

■7日目 アークレイリ観光
時間は朝の8時。早々にホステルを後にし、朝食と街で立ち寄りたいお店を決めるため、メイン通りが始まる場所に位置するカフェに向かいます。まだほとんどのお店がオープンしていないため人もまばらです。
明るい時間に見るメイン通りは、やはり小さなレイキャヴィークのようでした。


メイン通りを少し外れた道路。右手は港となっています。

メイン通りはここから始まります。建物の壁画が特徴的です。


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2016年11月25日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~6日目 その3~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回はミーバトンネイチャーバス(Jardbodin vid Mývatn)、ゴーザフォス(Goðafoss)を経由した長旅を経て、ようやくアイスランド第2の都市、アークレイリ(Akureyri)へと到着しました!今回はアークレイリ市街の夜の観光について、お話させていただきたいと思います!

■6日目 アークレイリ観光
時刻は午後7時半。ようやくアークレイリに着いた時はもう太陽が西に向いていましたが、もう2時間弱明るい時間は続きます。市の中心に位置するユースホステルでチェックインを早々に済ませ、早々に街へ繰り出します。


今回の部屋もヘプン(Hofn)村のような作りで、ただ寝る分には十分な間取りです。

早々に街へ繰り出してしまいましたが、ここはアイスランド。
午後8時にもなるとばたばたとお店は閉まってしまいます。海外での飢えほど恐ろしいものはありません。『ヘプン(Hofn)村での悲劇を繰り返したくない。』その一心で必死にレストランを探し、ホテルでもオススメされているレストランを見つけることができました。迷わず中に駆け込みます。


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2016年09月21日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~6日目 その2~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回はアイスランド第2の都市、アークレイリ(Akureyri)を目指し、絶景スポットやダム、デティフォス(Dettifoss)の滝を観光したお話をさせていただきましたが、今回は日本にいる時から楽しみにしていた、とあるスポットを経てからアークレイリに到着するまでのお話を、させていただきたいと思います!


■6日目 アークレイリへ
時刻は午後1時を回ったところです。デティフォス(Dettifoss)の滝にパワーをもらい、車はアークレイリへと進んでいきます。このあたりから、この旅では珍しく雨が降ってきました。途方もない一本道のため事故の心配はありませんが、万が一側溝に落ちてしまったりすれば後続・対向の車は1時間ほど来ません。そこから助けが来るのはこの周囲に何もない状況、数時間、あるいは翌日かもしれません。油断することなく、慎重に車を走らせます。


思わずシャッターを切りました。久々にみる、人工的な建築物です(笑)


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2016年08月02日 | Permalink

7月1日は「旅の安全の日」です~お役立ちサービスをご紹介!

本日7月1日は、「旅の安全の日」です。

治安のよい日本に暮らす私たちは、ともすると海外でのトラブル防止対策に疎くなりがちですね。日本と同じ感覚でいないよう気持ちを引き締めることに加え、現地の情報を知ることも大切な備えです。

とは言っても、言葉の違う外国では現地の情報を把握するのが難しいことも。旅行先で事件などが起きた場合、日本語での情報確認ができずに状況の把握や自衛措置が遅れる可能性があります。

このような時、外務省が提供している「たびレジ」が便利です。「たびレジ」に旅行先と旅行中の連絡先を登録すると、万が一現地で事件が起きた場合、状況や注意事項がメールで送信されます。

トラブルにしっかり備えて、どうぞ安全で快適な旅をお楽しみください!

たびレジ:
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/


投稿者名 旅するアヒル 投稿日時 2016年07月01日 | Permalink