アイスランド・グリーンランド紀行~番外編2~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、1年以上、非常に遅い筆ながらも極力詳細にアイスランド・グリーンランドについてお伝えさせていただきましたが、いよいよ佳境となってまいりました!長々とお付き合いいただきありがとうございます。

前回はアイスランド1周の旅、アークレイリを発って最終日の朝までのお話をさせていただきましたが、今回は番外編として、先日拝見した北欧アーティストのライブイベントについて、ご報告したいと思います!今回は日本、しかも都内のお話ですが、恐らく最後の脱線となるでしょう(笑)
趣味が全開ですがご容赦ください。何卒お付き合い願います。


■番外編2 Terje Isungset氏のライブへ
2月某日、この日の私は気分がどこか高揚していました。それもそのはず、生で見れることはないと思っていたTerje Isungset(かな発音不明です、申し訳ありません!)氏のライブイベントが行われるためです!北欧の音楽をこよなく愛する私ですが、この方はノルウェーで有名なパーカッションプレイヤーで、自然と音楽を調和させた演奏をされる方です。楽器であるものはもちろんのこと、楽器ではないものからも音を創り出し、世界各国の人々を不思議な世界へと引き込んでいます。
私もインターネットで何度か拝見して興味はありましたが、来日されることは絶対にないと思っておりました。
しかし!!このたび東京・横浜・千葉の3か所での演奏をされるとの情報を偶然入手し、すかさず飛びつき、この日を迎えた次第です。
50~60人ほどが入るであろう会場に行くと、ドラムでありながらドラムでない、見たことの無い楽器が・・・


どれからどんな音が鳴るのか、想像がつきません。

スティックも、斬新です。棒を結ぶ黒いバンドは、ビニールテープでした(笑)

氏の音楽は聴かせていただいたことがあるのでおおよその想像はつくのですが、それでもいざこの楽器たちを前にすると、何でどんな音が鳴っていたのか予想がたちません。
席につき少し待つと、Terje氏が登場されました。座りながらパーカッションを演奏している姿しか拝見していないので立っている姿は初めて見たのですが、想像のふたまわりほど背が高い方でした(笑)

スツール(椅子)につき、早速口に何かを含まれました。口琴(こうきん)と呼ばれる楽器です。マイクで音を増幅させているため、会場いっぱいに不思議な音が広がります。北風のような音がして、琴を指で弾くごとにバネのような音が弾けます。日本で育った人間にはあまり馴染みのない、ましてやこの音を出そうと考えもつかない音だな、というのが最初の感想です。新しい音楽を生で聴き、すぐに唯一無二の世界観に引き込まれます。

少しの間、口琴だけで観客を魅了したその後は何故か「ドン!ドン!」と低い音が鳴らずに「ザザザ・・・」とさざ波のような音がするバスドラム(足元に横になっている大きなドラムのことです)、叩くごとにアジア民族楽器のような音がなるスネアドラム(下の画像のものです)もとても良い音がしていました。ヘッド(表面の皮)の上に載っているベルが、この音を生み出しているのです。


スネアドラムです。叩くごとにベルもランダムに踊り、毎回違った音が鳴ります。

徐々に演奏も激しさを増し、ノルウェーの厳しい山の吹雪を思わせるような、あるいは吹きすさぶ風のような演奏が響き、自分が都内にいることもよくわからなくなってきました(笑)この日は前日よりも10℃も気温が高い春を感じる一日でしたが、コンサートの中盤からは冬の山小屋の暖炉で毛布にくるまって震えているイメージが私の頭を支配しておりました(笑)

演奏も終盤となり、氏の最も前衛的な奏法である後衛の楽器から音が鳴り始めました。平らでまっすぐな石は、ノルウェーから持参されたとのこと。この石を、こちらもノルウェーの丸い石でなぞることにより、高音が響きます。演奏の途中で木が揺らされました。乾いた木がぶつかる時のカラコロと言う音も、増幅されて想像以上に大きく響き、ノスタルジックな雰囲気を助長してくれています。楽器ではない楽器たちも、決してもの珍しさだけでない、見た目だけの脇役に留まっていないことを証明してくれました。
鳴り続けているスネアとバスドラムとこれらの楽器が合わさって、今までに聞いたことのない音たちが最高の盛り上がりを見せます。しばらく大きな演奏がこだまし、そして最後の曲が静かに終わりました。続く拍手の中アンコールをしていただき、更に一緒に写真まで撮ってくださったTerje氏は、楽器から離れるときさくなとても素晴らしい方でした。「是非また日本にきてください!」と硬い握手を交わし、家路に着きましたとさ・・・・


以上が私のとある一日の思い出です。これまでになくマニアックな内容ととなりましたが、ついてきてくださいましたでしょうか?(笑)

Terje氏はインストゥルメンタル(歌なし)プレイヤーとなりますので、歌がなくては退屈・・・と敬遠されている方も多いかと思いますが、ぜひ一度聴いてみてください。歌がない方が心に響くこともありますし、歌がない方が音に集中できる瞬間もあります。私は夜の駅からの帰り道などがそうです。

この方のすごいところはこのパーカッションセットにとらわれず、羊の角笛や穴の開いたホースの笛、そしてなんと氷で楽器を自作し、演奏もされているのです!!!氷の楽器で奏でられた音楽は涼しげ、などと言う言葉では言い表せない、耳だけでなく視覚でも北欧の氷河がイメージできるような幻想的な、叙情的な気持ちにさせてくれます。お時間ある際にこちらもぜひぜひ一度、お聞きいただければと思います。オススメです!!!

次回は再びアイスランド旅に戻ります!満を持して、最後の一日に突入です!!!

★お知らせ★
ここでは車で周る旅をご紹介しておりますが、それ以上に!!!優雅なクルーズでの旅は魅力的ですね!
アイスランド1周クルーズのお知らせです!
スタープライド アイスランド一周クルーズ 12日間<2017年7月出発>

また、弊社クルーズサイトにもアイスランドの魅力たっぷりの情報を掲載しております!
オシャレなホテルや景観など様々な内容を紹介させていただいておりますので、併せてご覧いただけましたら幸いです。本ブログ共々、宜しくお願い致します!!
寒~い冬だからこそ、アイスランドの魅力発信!

アイスランドの魅力発信2 泊まりたい!入りたい!おしゃれホテルと温泉

この他にも様々な商品を取りそろえております!!
お気軽にお問合せください!!!

~素敵な旅は、郵船トラベルで~

to be continued...


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2017年03月02日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~7日目 その2~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回は朝からアークレイリ市街を観光、サッカーバーにてお昼ご飯を食べたところまでお話させていただきましたが、今回は前日に行った郊外を再び観光した後、地方の宿でアイスランド一周の旅最後の宿泊をするところまでをお話させていただきたいと思います!

■7日目 アークレイリ観光から、一周旅行最後の宿へ
午後2時を周り、アークレイリのメイン通りを一通り観光することができました。ここから再び車に乗り、少し遠出をします。向かった場所は前日に続き、2日連続のミーバトンネイチャーバスです(笑)この日も晴れており、お風呂から地平線まで続く、苔生した台地を再び見渡すことができました!時間にも余裕があったので、中にあるサウナに入り、ゆっくりとした時間を過ごします。70℃ほどの低温スチームサウナとなっており、長い間入ることができます。お風呂の景色は前日のブログで紹介させていただいておりますので、今回はミーバトンネイチャーバスの周りの光景をご覧いただければと思います。



投稿者名 レモーネ 投稿日時 2017年01月27日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~7日目 その1~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回は夜に到着したアークレイリでの食事と少しの街歩きの様子についてお話しさせていただきましたが、今回は朝から出歩いた、アークレイリ市街の散策について、お話させていただきたいと思います!

■7日目 アークレイリ観光
時間は朝の8時。早々にホステルを後にし、朝食と街で立ち寄りたいお店を決めるため、メイン通りが始まる場所に位置するカフェに向かいます。まだほとんどのお店がオープンしていないため人もまばらです。
明るい時間に見るメイン通りは、やはり小さなレイキャヴィークのようでした。


メイン通りを少し外れた道路。右手は港となっています。

メイン通りはここから始まります。建物の壁画が特徴的です。


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2016年11月25日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~6日目 その3~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回はミーバトンネイチャーバス(Jardbodin vid Mývatn)、ゴーザフォス(Goðafoss)を経由した長旅を経て、ようやくアイスランド第2の都市、アークレイリ(Akureyri)へと到着しました!今回はアークレイリ市街の夜の観光について、お話させていただきたいと思います!

■6日目 アークレイリ観光
時刻は午後7時半。ようやくアークレイリに着いた時はもう太陽が西に向いていましたが、もう2時間弱明るい時間は続きます。市の中心に位置するユースホステルでチェックインを早々に済ませ、早々に街へ繰り出します。


今回の部屋もヘプン(Hofn)村のような作りで、ただ寝る分には十分な間取りです。

早々に街へ繰り出してしまいましたが、ここはアイスランド。
午後8時にもなるとばたばたとお店は閉まってしまいます。海外での飢えほど恐ろしいものはありません。『ヘプン(Hofn)村での悲劇を繰り返したくない。』その一心で必死にレストランを探し、ホテルでもオススメされているレストランを見つけることができました。迷わず中に駆け込みます。


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2016年09月21日 | Permalink

アイスランド・グリーンランド紀行~6日目 その2~

北欧の素晴らしさを伝えるアイスランド・グリーンランド紀行、前回はアイスランド第2の都市、アークレイリ(Akureyri)を目指し、絶景スポットやダム、デティフォス(Dettifoss)の滝を観光したお話をさせていただきましたが、今回は日本にいる時から楽しみにしていた、とあるスポットを経てからアークレイリに到着するまでのお話を、させていただきたいと思います!


■6日目 アークレイリへ
時刻は午後1時を回ったところです。デティフォス(Dettifoss)の滝にパワーをもらい、車はアークレイリへと進んでいきます。このあたりから、この旅では珍しく雨が降ってきました。途方もない一本道のため事故の心配はありませんが、万が一側溝に落ちてしまったりすれば後続・対向の車は1時間ほど来ません。そこから助けが来るのはこの周囲に何もない状況、数時間、あるいは翌日かもしれません。油断することなく、慎重に車を走らせます。


思わずシャッターを切りました。久々にみる、人工的な建築物です(笑)


投稿者名 レモーネ 投稿日時 2016年08月02日 | Permalink