2017年ゴールデンウィークは9つのレストランを持つオーシャニア・リビエラで優雅にグルメクルーズを!Vol2

夜明けのプールデッキ。今日もいい天気になりそうです。


2017年のゴールデンウィークの旅行に最もおすすめのオーシャニア・リビエラ ドラマティックエーゲ海、前回のブログ(12月8日)で3か所のレストランをご紹介しましたが、ご好評につきその続きです。今回は、日本、タイ、ベトナムを中心としたアジア料理の「レッド・ジンジャー」からご紹介します。
トスカーナではお好みのオリーブオイルをチョイスしていただきましたが、ここではお好きなお箸をお選びいただきます。
人気メニューは寿司と刺身の盛り合わせ、白身魚の味噌焼き、ロブスターのサラダなど。お茶や日本酒のセレクションも豊富です。


まずはお箸選びからどうぞ

日本酒もご用意しています


ロブスターのバッタイ(タイ風太麺)


洋上で、パリの雰囲気を感じられるのが「ジャック」。元フランス大統領のプライベートシェフという経歴を持つジャック・パペン氏がマスターシェフをつとめるフレンチレストランでジャック氏好みのアンティークなどが飾られてパリの街角にいるような気分にさせてくれます。お料理は本格的、でも堅苦しくない素敵なレストランです。


左がジャック・パペン氏。パリのレストランのよう

焼き立てのジャックのサイン入りパン。


盛り付けも美しく


今回、最後にご紹介するのがビュッフェスタイルレストランのテラスカフェ。朝、昼、夜とご利用いただけますが、夜になればカジュアルレストランとはいえ、がらりと雰囲気が変わり、グランドダイニングに準じた料理がずらりと並びます。ランチでは手作りピザを、ディナーでは寿司と刺身をご提供しています。


美しい日没が眺めながらの贅沢な時

食べやすい巻きずしも


旅の贅沢、ベッドで朝食

この他にもワインバーや軽食レストラン、プライベートダイニングもありますが、A以上のお部屋なら、アメリカンブレックファーストのルームサービスもおすすめです。弊社のツアーでは、他のお客様や添乗員との同席を希望される方も多いのですが、オーシャニアではお二人席も豊富にありますので、お食事を好きな時間帯に取りたい方はぜひお二人席のリクエストにもお応えいたします。
また、オーシャニアはラグジュアリーな雰囲気でありながら、ドレスコードは正装不要のカジュアル。せっかくの休日ですから、どうかリラックスしてお過ごしください。


12月22日(木)までにお申し込み下さい!

こんな素敵なオーシャニア・リビエラに乗船できる、2017年ゴールデンウィークのドラマティックエーゲ海12月22日(木)までのご予約でお一人7万円もお安くなる早期申込割引が設定されています。期日まであとわずか、どうか今すぐご検討下さい。


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2016年12月13日 | Permalink

2017年ゴールデンウィークは9つのレストランを持つオーシャニア・リビエラで優雅にグルメクルーズを!


同型船のマリーナ。毎夜船内ではグルメの饗宴が繰り広げられています。


2017年のゴールデンウィークの旅行はお決まりですか?まとまったお休みが取りにくい方へもおすすめなのがオーシャニア・リビエラのドラマティックエーゲ海。あの、ベルリッツクルーズガイド中型船部門でクリスタルセレニティ、シンフォニーに続き3位の評価を得た最新鋭の設備を備えた客船です。この船の魅力はなんといっても美味しいと評判の9か所もあるレストラン。内、7か所は無料でご利用いただけます。まずはグランドダイニングからご紹介いたします。


ようこそグランドダイニングへ!今日も素晴らしいお料理をお楽しみ下さい。

お二人席でゆったり、話もはずみます。


グランドダイニングは朝昼夜オープンの予約不要のレストラン。寄港地にちなんだ季節の食材を使った創作料理もお出ししています。本当は毎日行きたいのですが・・・後ろ髪をひかれつつ、次のレストランをご紹介します。グルメもうなる、本格イタリアンの「トスカーナ」、その名の通りイタリアで最も料理が美味しいと言われているトスカーナ地方のお料理を中心にご提供しています。


まずはお好みのオリーブオイルを選びます

人気メニュー、ビーフ・カルパッチョ。オリーブオイルの風味が最高!


器もイタリア的、華麗なる食卓です


さてさて、次はアメリカを代表するファッションデザイナー、ラルフ・ローレンがデザインしたとても素敵なレストラン「ポロ・グリル」にご案内します。ポロのクラブハウスをイメージした落ち着いたインテリアでいただく最高級ブラックアンガスビーフのステーキや名物ローストビーフ、オイスターのオーブン焼きなどお楽しみ下さい。


シーフードもおすすめですよ!

人気のオイスターグランダン


名物ローストビーフ

さらにさらに、フランス料理にアジア料理、ワインバーとご紹介したいところですが、今日はこのくらいにしておいて次回のお楽しみといたします。


12月22日(木)までにお申し込み下さい!

こんな素敵なオーシャニア・リビエラに乗船できる、2017年ゴールデンウィークのドラマティックエーゲ海12月22日(木)までのご予約でお一人7万円もお安くなる早期申込割引が設定されています。期日まであとわずか、どうか今すぐご検討下さい。


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2016年12月08日 | Permalink

2017年ゴールデンウィーク、シルバーガラパゴスでの優雅な冒険にでかけませんか?

シルバーガラパゴスを見つめるウミイグアナ「ようこそ楽園へ!」

来年のゴールデンウィークは思い切って南米エクアドルの孤高の諸島、ガラパゴスを訪れてみませんか?日本独自の携帯を「ガラケー」と呼ぶのは、ガラパゴスのように大陸の影響を受けずに独特の進化をとげた事に由来すると知っていても、ガラパゴスが地球上のどこにあるのかも知らない方も多いと思います。


アメリカグンカンドリの求愛「結婚して下さい!」

ガラパゴス諸島の観光はその貴重な自然環境を保護するため乗客100名以下の船でしか訪れることができません。ガラパゴスで宿泊設備を持つ船の中でもっとも大きく(と言っても100名乗り)ラグジュアリーな船はシルバーガラパゴス。郵船トラベルではこの船を利用したゴールデンウィークのツアー、シルバーガラパゴスの優雅なる冒険を絶賛募集中です。


ゴールデンウィークの一押旅行はコレ!

簡単には行くことができないガラパゴス、でも南極と同じように「行ってよかった!」と必ず感じていただける感動の自然体験が期待できます。今回は西航路を7泊で周遊し、7つの島を12ヵ所寄港地しながらクルーズします。各島では一例として健脚の方には2時間程度のハイキングツアーを、歩くのが得意でないお客様には別途軽い散策コースをご用意していますのでお客様の体力に合わせて島の自然を楽しんでいただけるようになっています。もちろん、ゾディアックボート(強化ゴムボート)でのクルーズはどなたにでも楽しんでいただけます。このガラパゴスの魅力を、極地から極上リゾートまで世界60ヶ国以上訪れたトラベルジャーナリストの寺田直子さんをお招きしてクルーズセミナーを行います。
ガラパゴスの画像満載のプレゼンテーションを行いますのでお誘いあわせの上、是非お越し下さい。
 シルバーガラパゴス優雅なる冒険旅行説明会
 開催日時:2016年11月18日(金) 午後3時~午後4時30分
 開催場所:郵船トラベル本社8階会議室 TEL:03-5213-9987 E-Mail:cct@ytk.co.jp
     (都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線 神保町駅 A4出口直結 徒歩1分 波多野ビル) 入場は無料ですが予約制となっています。まずはお電話お待ちしています! 


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2016年11月08日 | Permalink