宇宙からみる船旅のスケール ~飛鳥Ⅱ2022年世界一周クルーズ~ 

地表の70%は海です


 地球表面の陸地の面積は「14889万平方km」、海洋の面積は「36106万平方km」。つまり70%程度が海となります。約1万年前に日本列島はユーラシア大陸から切り離され、島国となりました。太古より、人は海を眺めて「海の向こうにはなにがあるのだろうか」と思いを馳せていました。


伝統的な衣装で行われるマルケサスのHAKA

 筆者は数年前にフレンチポリネシアのマルケサス諸島を訪れたことがあります。パペーテのあるタヒチ島より北東に1,500km離れ、国内線に乗り換え3時間半。フランス人研究者によるDNA解析ではこのマルケサス人のルーツは台湾南部の群島であるそうです。紀元前2,500年頃には台湾南部より約10,000km(赤道から北極の距離)も離れたマルケサス諸島へ到達したとされており、その後さらにハワイ、イースター島、ニュージーランドへ移動したそうです。
 2019年のラグビーW杯日本大会でニュージーランド代表が「HAKA」という踊りを披露し、一躍ブームになったことはまだ記憶に新しいかと思います。

 これは元来、好戦的な古代マルケサス人が戦闘前に自身を鼓舞するための踊りで、紀元800年頃、ニュージーランドに渡った彼らはマオリ族となり「HAKA」も伝わりました。当然のことながら、移動手段は丸木船(カヌー)。最新の装備があるヨットでも遭難の恐れがある南太平洋を一族郎党を連れ、新天地を求め、星と潮流を頼りに想像を絶する距離を手漕ぎで移動する・・・。彼らを駆り立てたものは、やはり「海の向こうになにがあるか」知りたい気持ちだったのかもしれません。
*参考文献 JEAN-LOUIS SAQUET著 タヒチ・ハンドブック

 現代の、知りたい気持ちをかなえてくれる手段のひとつが世界一周クルーズ。初代飛鳥が1996年に初めて実施した世界一周クルーズは、発売開始から1時間で完売したという伝説になるようなことが起こりました。乗客の中には世界一周クルーズが初めての海外旅行だという熟年層のお客様が複数いらっしゃいました。長らくまとまった休暇がとれないご職業だった、一人旅への躊躇、家族の反対(船旅ならOKが出たそうです)など事情は数あれど、海外(海の向こう)へ行きたいという気持ちは誰しも持ち続けているのです。


飛鳥Ⅱ2022年世界一周航路

 さて、飛鳥Ⅱ2022年世界一周クルーズの航路を地球規模で調べてみました。まず、緯度の移動幅は最南が赤道に近いシンガポールで1度。最も北極に近い地点がレイキャビク(アイスランド)の64度。単純に縦の移動幅を距離に計算するとこうなります。緯度 1度あたりの距離は 地球の極半径 6,356.752kmを元に円周を求め、360度で割り算出します。
6,356.752km × 2 × 3.1415 ÷ 360 = 110.94297kmとなり、約111kmです。
 つまり、縦は (64-1) × 111km = 6,993kmの移動幅をクルーズすることになります。今回は北半球だけクルーズなので赤道から北極までの距離、約10,000kmの70%に相当します。
 世界一周クルーズの全航行距離を計測するのは少し難しいので、赤道を一周する距離、つまり地球の円周とすると約40,000kmとなります。この距離から宇宙に目を向けてみましょう。


太陽、水星、金星、地球(月)、火星、木星、土星、天王星、海王星

 地球から月までの距離は平均384,400km。世界一周クルーズに10回乗船すると月まで行くことができる距離を移動したことになります(壮大ですね!)。また、太陽系最大の星、木星での船旅なら、地球での世界一周クルーズ11回乗船で「木星世界一周クルーズ」を達成することになります。飛鳥ファンのお客様はすでに1,000泊以上乗船されている方がいらっしゃるので、距離に換算すると木星一周クルーズを達成されているようです。
 
 今回は古代マルケサス人のカヌーでの移住から木星一周まで、ちょっと極端なお話でしたが、元有名アパレル会社のCEOが月旅行を計画しているように、知らないところへ行きたい気持ちは恐らく人間の本能の中に備わっているのではないかと思います。月旅行のように特殊な訓練は必要ありませんが、いつか世界一周クルーズに出かけることができる日まで、どうか長い時間をかけて楽しみながら準備をされてはいかがでしょうか?

 まだまだ新型コロナウイルスの感染が収束していないのでご不安をお感じになられている方も多いかと存じます。飛鳥Ⅱの新型コロナウイルス感染症予防対策については4月12日4月15日4月21日の各ブログをご覧ください。詳細は郵船トラベルにお問合せ下さい。

船旅にご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、または郵船トラベルのホームページをご覧ください。 お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218 
■福 岡☎ 092-475-0011 
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年05月20日 | Permalink