イロイロ(フィリピン パナイ島)のディナギャン・フェスティバル [味覚で巡るアジア]

ディナギャン・フェスティバル〈イメージ〉


2019年のぱしふぃっく びいなす海外ロングクルーズ「輝けるアジアクルーズ」の寄港地でちょっと面白いイベントがあります。
毎年1月第4週の土曜日と日曜日にフィリピンのパナイ島(Panay)イロイロ市 (Iloilo)で開催されるお祭りで、フィリピンとキリスト教の寓話をベースにした踊りとステージが競技会形式で披露されるのですが、これが何とも派手で熱狂的なのです。

土曜日は「カサジャハン・フェスティバル(Kasadyahan)」といって、パナイ島や周辺の島々の部族が地元の特産物を身にまとって踊ります。踊り手は主に女性です。

日曜日は「ディナギャン・フェスティバル(Dinagyan Festival)」といって、イロイロ周辺の部族の男性が全身を植物から作った天然染料で黒く塗り、先住民の煌びやかな衣装を身に着けて、100人もの太鼓隊のリズムに合わせて踊る「アティアティ(Ati-ati)」のコンテストが行われます。
旧庁舎前のコンテスト会場では、移動式の階段状ステージを駆け上ったり飛び降りたりしての躍動感ある迫力満点のパフォーマンスが披露されます。

最近では海外からも注目を集めるようになり、「参加したい」とイロイロを訪れる観光客が増えフィリピン観光省の「ベスト観光イベント」に何度も選ばれています。

ぱしふぃっく びいなすのお客様には専用の観覧席がご用意されますので、どうぞお楽しみに!

さて、本日のご当地グルメは、イロイロ名物をご紹介します。


ルンピアン・ウボッド<イメージ>

ルンピアン・ウボッド(Lumpiang Ubod)
揚げ春巻きのようなお料理で、エビ、タケノコ、タマネギ、ニンジンから作った具材が詰まっています。

バッチョイ(Batchoy)
レバーやモツを具材にした塩味スープのラーメンです。現地ではインスタントもあるほどの定番メニュー。

パンシット・モロ(Pancit Molo)
ワンタンスープのようなスープ料理で、お肉やエビ入りのダンプリング(餃子)が入っています。

イロイロのお料理は中国料理の影響が強いようです。


お祭りなので食べ物の屋台もあります♪


ぱしふぃっく びいなす 輝けるアジアクルーズ
Aコース(横浜)
旅行期間:2019年1月16日(水)~2019年2月19日(火)
日数:35日間

Bコース(神戸発着)
旅行期間:2019年1月17日(木)~2019年2月18日(月)
日数:33日間


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年04月22日 | Permalink