にっぽん丸で八丈島に行こう!~パッションフルーツの季節が到来します~



 皆さんは生のパッションフルーツを食べたことはありますか? かなり前のことですが、クリスタル・シンフォニーの添乗で南アフリカのケープタウンを訪れた際、ホテルの朝食で頂いたフレッシュジュースがパッションフルーツだったことが筆者との最初の出会いです。オレンジジュースとは異なる、爽やかで甘酸っぱい風味に魅了され、日本でも飲めないものかと探したところ、国内では沖縄、鹿児島、八丈島が栽培地であることを知りました。そこで、にっぽん丸の八丈島のクルーズに乗船することになっていた両親に頼んでジュースを買ってきてもらったことがあります。ただ、それはケープタウンで頂いたものと似て非なるもの・・・ジュースは濃縮還元だったので仕方ありません。ますます、生果実を食べてみたくなりました。


パッションフルーツの花はトケイソウです。

 パッションフルーツは熱帯、亜熱帯地域の果物で最大の生産国はブラジルです。あ、なるほど情熱の国が原産地なのでPassion Fruit(情熱の果物)なのだな、と思うのは早計、少しややこしいのですが、Passionのもう一つの意味は「キリストの受難」を表す神学用語。
 え?キリストの受難とどう関係あるの、と思いますよね。これはパッションフルーツの花の名、Passion Flowerから由来します。雌蕊が十字架に磔されたキリストに見えることから、16世紀のイエズス会士が名付けたとされています。和名は「トケイソウ」、一時期、そのユニークな花の姿から家庭栽培がブームになりましたが、とてつもなく繁殖力の強い蔓が庭を占拠し、お手上げ状態になった方も多いようです。


果実が赤くなったら食べ頃です。

 パッションフルーツは八丈島では7月以後に本格的な果実の収穫が始まります。主にハウス栽培しているので収穫時期は長く、秋ごろまで生を食べることができるようです。八丈島を訪れたら機会があれば直売所で生の果実を購入してはいかがでしょう?まずは、半分に切ってゼリー状の果肉をスプーンですくってそのまま食べてみて下さい。種子も食べることができます。森永製菓の研究によると種子にはポリフェノールの一種、ピセアタンノールが豊富に含まれ、様々なアンチエイジング効果が期待されるようです。この他に果肉を炭酸で割ったり、ヨーグルトやアイスクリームにかけて頂くのもおすすめです。酸味が気になる方は糖分を加えてお召上がり下さい。

 日本にいながらにして南国気分が味わえる八丈島、この島の訪問を得意とするにっぽん丸で訪れてみませんか?今回は八丈島のキャンプ場でにっぽん丸のお客様限定のグランピングパークをオープンするそうなので、夏のバカンス気分を盛り上げます。
 8月7日発「にっぽんの楽園クルーズ」4日間
 人気クルーズのため、残室がわずかとなっています。お急ぎお問合せ下さい。

ご興味のある方、ご旅行をご検討中の方、お問い合わせ・お申し込みは下記クルーズセンター、またはコース詳細の【旅行代金・お申込み】から!! お待ちしております!!
■東 京☎ 03-5213-9987 
■神 戸☎ 078-251-6218
■福 岡☎ 092-475-0011
無料パンフレット請求はこちらからどうぞ!!


投稿者名 emix-remix 投稿日時 2021年04月19日 | Permalink

にっぽん丸チャータークルーズ 郵船トラベルスタッフのおすすめ:奄美大島②

郵船トラベルチャータークルーズ にっぽん丸 夏の奄美大島・天草諸島と四万十クルーズ

寄港地奄美大島の視察に行ってまいりましたのでご紹介させていただきます!
第二回目のテーマは特産品とグルメです。

<奄美の特産品>
・大島紬
視察で訪問させていただいた「大島紬村」では、泥染めの方法や実際に職人の方が目の前で機織り機を使用しているところも見学できます。
実際に大島紬村で作られた最高級の着物もその場で購入できます。
お土産にはコースターや扇子などの小物がいいですよ(^^)


泥染めの様子











・黒糖
サトウキビの栽培が400年も前から行われているそうで、
奄美のお土産人気ランキングに必ず入っているのが黒糖です。
かりんとうなど黒糖を使用したお菓子は外れナシ!お土産ショップで是非購入してくださいね。

「黒糖焼酎」も有名な特産品です。
奄美諸島のみで製造されています。ほんのりと甘い味わいで、女性にもおすすめです。
たくさん種類があって迷われる方も多いかと思います。試飲ができるお店もありますので、
お気に入りの一本を見つけてみては?
私は飲み比べミニサイズのセットを購入しました!

<奄美のグルメ>
・鶏飯
地元の方に聞くと必ず名前が挙がる「鶏飯」。奄美大島の郷土料理です!
日本各地で食べられる「鶏めし」と違ってこちらは「けいはん」と読みます。


炊き立てのご飯に鶏肉、錦糸卵などの具材、薬味をのせ、丸鶏を煮たスープをかけていただきます。
具材の配分や、スープをかけるかかけないかはお好み次第です。
お茶漬けのような感覚でさっぱりしていて食べやすいです!

奄美でいただいた鶏飯が美味しかったので、フリーズドライの鶏飯を買って帰りました。バラマキ土産にもおすすめです♪





奄美大島のご紹介シリーズ、次回は番外編です。
奄美大島を離れて寅さんのロケ地となった加計呂麻島をご紹介します!


投稿者名 チョコ 投稿日時 2020年04月03日 | Permalink

<<速報>> リニューアル後のにっぽん丸 2020年上期クルーズ発表☆彡

にっぽん丸 2020年6月~2020年9月出発の全クルーズが発表されました(*'∀'人)♥*+

             ❀❀❀ 発売開始11/27(水) ❀❀❀
               只今、事前受付中です!!
パンフレットは11月中旬頃完成予定です。お気軽に各クルーズセンターまでお問合せ下さい☎



。.:*゚:*:✼✿。゚:*:✼.。✿.。*+*・゚゚・*::*゚:*:✼✿。゚:*:✼.。✿.。゚
■ 東京クルーズセンター TEL:03-5213-9987 
■ 横浜クルーズセンター TEL:045-640-6560
■ 名古屋クルーズセンターTEL:052-561-1354
■ 大阪クルーズセンター TEL:06-6251-5881
■ 神戸クルーズセンター TEL:078-251-6218
■ 福岡営業所      TEL:092-475-0011
※営業時間:平日09:30~18:00 
*+*・・*:.:*゚:*:✼✿。゚:*:✼.。✿.。*+..:*゚:*:✼✿。゚:*:✼.



投稿者名 ココちゃん 投稿日時 2019年11月06日 | Permalink

2019にっぽん丸チャーターで島めぐり!

郵船トラベルチャータークルーズ 新緑の九州・瀬戸内 島めぐりクルーズ 屋久島・上五島・小豆島 6日間
<2019年5月12日出発>


お待たせいたしました!
明日9月14日から2019年にっぽん丸チャータークルーズを発売開始致します。

美しい自然と屋久杉が幻想的な屋久島、今年新たに世界遺産登録が決定した上五島、
そしてオリーブの島の小豆島を巡るにっぽん丸のクルーズです。
郵船トラベルのにっぽん丸チャーターでは久しぶりとなる首都圏発着(横浜発着)です!



小豆島のオリーブ公園

ばんば・ひろふみさんのショーなど豪華なゲストイベント、
さらにハウスフィットネスや盆踊り大会の船内イベントも予定しております。
郵船トラベルのチャータークルーズならではの寄港地オプショナルツアーにもぜひご参加ください(^^)

既に多くのお客様から事前受付のご連絡をいただいております。
また、早期全額支払い割引は12月28日(金)までですので、ご検討中の方はお早目に!
お問合わせお待ちしております!


パンフレット請求はこちらから↓
にっぽん丸 新緑の九州・瀬戸内 島めぐりクルーズ ~屋久島・上五島・小豆島~ <2019年5月12日出発>


お問合せ先:
■東京クルーズセンターTEL:03-5213-9987 
■横浜クルーズセンターTEL:045-640-6560
■名古屋クルーズセンターTEL:052-561-1354
■大阪クルーズセンターTEL:06-6251-5881
■神戸クルーズセンターTEL:078-251-6218
■福岡営業所TEL:092-475-0011
※営業時間:平日09:30~18:00


投稿者名 チョコ 投稿日時 2018年09月13日 | Permalink

世界遺産登録記念クルーズ・ハイライト!

にっぽん丸 「神宿る島」沖ノ島・宗像と軍艦島、長門仙崎と天草諸島クルーズ5日間の船旅、
無事終了しました!

世界遺産登録記念クルーズとして、
初入港の長門仙崎~天草(本渡)間では軍艦島を、
天草~門司間では沖ノ島を航行しました!

今回のクルーズのハイライトをお届けします!


神戸港出港セレモニー


初日から曇りで、天気が心配だった今回のにっぽん丸チャータークルーズですが、
寄港地では何とか持ちこたえることができました...!

長門仙崎ではパワースポットへ!
123基の鳥居が奉納されている元乃隅稲荷神社です。


赤い鳥居ときれいな海...まさに絶景です!

天草に寄港する日の早朝は軍艦島を周遊しました。
皆様朝早くからデッキに集まり、熱心に解説を聞いていらっしゃいました。


朝から軍艦島で釣りをしている方々がいました!

門司港入港時は大雨...
そんな中ゆるキャラ「スナQ」がお出迎えしてくれました!


世界遺産、宗像大社も参拝しました。
宗像大社周辺は筑豊炭田で栄えた地域です。
門司港の雰囲気とは違い、自然が豊かでとても長閑な場所でした。


宗像大社などの世界遺産だけでなく、
寄港地でのツアーや船内イベントなど盛りだくさんのクルーズで、
添乗員として乗船した私も楽しませていただきました!


郵船トラベルの今年度のにっぽん丸チャーターは終わってしまいましたが、
にっぽん丸2018年下期クルーズ、まだまだ予約受付中です!
ぜひ、ご検討ください!
https://www.ytk.jp/cruise/tours/by_pamphlet/1203069_1760.html