「瀬戸大橋」の検索結果

秋の瀬戸内海クルーズ


今年は台風が多くやってきますね。
「飛鳥IIで航く秋の九州隠岐クルーズ」は台風のおかげで航路が大幅に変更となりました。
本来9月30日に横浜から10月2日に博多、隠岐、長崎へと向かう予定でしたが、さすがに日本船最大の飛鳥IIも台風に立ち向かうのは厳しく、10月2日大阪港天保山からの瀬戸内海クルーズとなりました。
関東のお客様も、博多から乗船予定の方も大阪港から出港。でも、郵船トラベルの九州のお客様は頑張って大阪まで新幹線で行って乗船された値打ちがありました。

昨日の10月3日は晴天に恵まれたべた凪に瀬戸内海を終日航海というまたとないチャンスとなり、ゆったりと朝食の時間に瀬戸大橋の下をくぐりました。
終日航海の船内では、たくさんのイベントが目白押しです。
飛鳥IIオリジナルのクルーズカードホルダーを作ったり、ハリウッドシアターでウクレレ教室が催されたり。
お客様が一人ひとりウクレレをもって、飛鳥IIクルーズディレクターの指導のもと、はじめてのコードに挑戦しましが、30分後にはもう全員で「みかんの花が咲くころ」を大合奏。

瀬戸内海に落ちる最高の夕日を見た後は、夕食後に関門海峡通過のハイライトも見ることができ、すばらしい終日航海の一日。

クルーズは、夜になっても楽しみがつきません。 メインショーが終わったあとパームコートでは、飛鳥IIスタッフのフラダンスショーが始まり、お客様とともに飛鳥IIの楽しい夜が更けていきます。




投稿者名 陸(おか)船長 投稿日時 2018年10月04日 | Permalink

高松港寄港地ツアーなら 〜琴平訪問〜

金比羅歌舞伎 金丸座


江戸時代にタイムスリップ?


四国こんぴら歌舞伎 お練り後の挨拶にて

こんぴらふねふね〜。高松港から車で1時間以内で琴平市に到着。ここの観光ポイントは785段の石段がある金刀比羅神社、そして昔ながらの建物で開催される金刀比羅歌舞伎。神社へは足腰に自信があっても、石段を登り切った時は、、ため息。是非、元気なうちに身を持って感じてください。神社の側には海運会社が奉納した数多くの絵馬が、、日本の客船も目にできます。金刀比羅神社は最近では海の神様だけでなく、全ての事から身を持ってくださる神様として崇められているようです。ご利益!ご利益! 頂上からは遠くに瀬戸大橋も望めます。そして、疲れた身体には、讃岐うどんがおススメで〜す。



讃岐うどん&名物おでん


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年04月23日 | Permalink

高松港から寄港地ツアーなら 〜倉敷編〜

倉敷美観地区


桃太郎からくり博物館入口

あれ~、ここは江戸時代か?って感じ。四国から瀬戸大橋を渡るとそこは江戸幕府の直轄領で白壁の屋敷、柳並木、倉敷帆布、デニム、江戸の風情を感じさせてくれる倉敷市の美観地区。国内で人気上位となる大原美術館も川沿いに位置しており、ゆっくり散策して2時間程。そして、岡山県と言えば桃太郎ゆかりの地。四国・高松に寄港して、本州の倉敷まで観光できるとは、やはり瀬戸大橋に感謝です。中々、倉敷まで足を運ぶツアーは企画されないと思いますが、いつか弊社チャーターで案内してみたいな~。夜のライトアップも最高です!さて、岸の向こうから桃太郎侍の声が聞こえてきませんか、、、。


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年04月16日 | Permalink

瀬戸大橋開通30周年を迎えて

陸上から移動


海上(船上)から移動

今年は本土と四国を結ぶ瀬戸大橋が開通してから30周年目を迎える記念すべき年です。地元では4/7-8には記念行事が開催される中、偶々、車で橋を通過。この橋が完成するには長い年月、多額の工事費用等が掛かったことは言うまでもありません。現在、客船で高松港に寄港した際、この瀬戸大橋を利用した寄港地ツアーも楽しめます。詳細は次回にご案内します!


投稿者名 ねずみ 投稿日時 2018年04月09日 | Permalink

瀬戸大橋が開通30周年!

昨日は、ぱしふぃっく びいなす就航20周年のお話でしたが、おめでたいお話をもうひとつ!

日本のエーゲ海と称される瀬戸内海のシンボル、瀬戸大橋が2018年4月に30周年を迎えます。
これを記念して橋の香川県側にある坂出港沖で2018年4月7日(土)に花火大会が実施されます。
1万5千発の花火が予定されており、華々しく記念日を祝うとのこと。今から楽しみです。

クルーズでは、ぱしふぃっく びいなすの船上からこの花火を見ることができます。
瀬戸大橋開通30周年記念花火大会クルーズ 4日間<2018年4月7日出発>

各コース人気の花火鑑賞クルーズですが、4月の花火鑑賞クルーズはこのコースのみとなります。
ご希望の方はどうぞお早めにお問合せください。



投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2018年01月05日 | Permalink