鹿児島・五島チャータークルーズ視察リポート

マリンポート鹿児島
市内から車で約20分 数年前に供用開始した人工島の港
錦江湾を一望できるほか、桜島も雄大にみることができます。港では歓迎式典のほかお見送りもして頂けるようですが、内容に関しては当日のお楽しみです。是非デッキに出てお楽しみ下さい。又お土産さんも出展予定ですので港でもごゆっくりできます。非常に広いスペースでゆっくりとバスに乗車できます。この場所で様々な歓迎式典やイベントが催される予定です。


マリンポートより桜島を望む
船が着岸していない時は市民の憩いの場となっています。
島内にサッカー場ほどの広い芝生広場があります。


指宿名物「砂蒸し風呂」
指宿と言えば「砂蒸し風呂」が有名です。
浴衣に着替え仰向けに寝ると上から砂をかけて?(乗せて)
くれます。横に寝ただけで背中が熱く、上と下両方から熱ったまります。約10分〜15分を目安となっていますが、実際10分程度が我慢の限界と感じました。
尚、血圧の高い方、心臓の悪い方、肌の弱い方、多量に飲酒された方は入浴をお控えください。


砂蒸し風呂を自力で抜け出した後は隣の温泉プールに浴衣ごと入浴し砂を落とします。その後再度浴衣に着替え空中?展望浴場へ 
汗と砂を洗い流した後は、同ホテルのレストランでご昼食です。冷たいビールがたまりません!

OP:指宿砂蒸し風呂体験コース


お土産(さつまあげ)
鹿児島のお土産と言えば、さつまあげ、かるかん、焼酎が代表的です。指宿へ向かう途中さつまあげと焼酎の工場へご案内します。
できたてのさつまあげは、アツアツほくほくでとても美味です。冷たい泡の肴に最高?!ご案内する工場のさつまあげは、防腐剤が入っていないので購入後はお部屋の冷蔵庫に保管してお持ち帰りください。


かるかんも出来立ては柔らかくて美味しい!
かるいのもお土産に最適?
OP:一日観光ツアーすべてご案内します。(半日観光除く)


鹿児島・五島チャータークルーズ視察リポート [五島地区3部]に続く




投稿者名 LEI 投稿日時 2011年06月01日 | Permalink

鹿児島・五島チャータークルーズ視察リポート

長崎鼻から開聞岳を望む
バス下車後なだらかな坂を少し下ったところに開聞岳をバックに写真撮影できる場所があります。あいにくこの日は曇天で頂上を拝むことができませんでしたが、晴天の場合は客船の船長も絶賛するほどの世界有数の美景です。当日の好天を祈ります。坂の途中には土産物屋さんが並びぶらぶらお買い物しながらバスへ向かいます。OP:指宿砂蒸し風呂体験コース、小京都、知覧散策コース


知覧武家屋敷
麓一帯を庭園化した美しい町並みで、古来「薩摩の小京都」とたたえられている反面、生垣及び屋敷は有事の際には塁、防壁として役立つように作られています。名勝に指定された7つの庭園の中で森氏庭園のみが池泉式で、ほかは全て枯山水式となっている。石垣の上にはイヌマキの生垣がきちんと剪定してあり、武家らしく整然とした約700mの屋敷群です。余談ですが、イヌマキは外からの侵入も難しく又遮壁にもなりかつ風通しも良いそうです。OP:小京都、知覧散策コース


知覧茶
知覧のお茶は古くから静岡や宇治と並ぶ銘茶といわれています。武家屋敷の中でも試飲及び販売をしています。
600円〜 冷えた知覧茶のペットボトル(150円)もあります。


知覧特攻平和会館
太平洋戦争末期の沖縄戦での陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺品、手紙等の貴重な資料を展示しています。ゆっくり一つずつ見てまわる時間は残念ながらありませんが、この日は学芸員が戦闘員のプロフィールと彼が親近者にあてた手紙の内容を紹介頂き多くの方が聞き入っていました。説明には3時間でも不足との事でした。じっくりと見たい方は個人的に訪れてみたい場所です。OP:小京都、知覧散策コース


     陸軍三式戦闘機「飛燕」


鹿児島・五島チャータークルーズ視察リポート [五島地区1部]に続く




投稿者名 LEI 投稿日時 2011年06月01日 | Permalink

種子島・天草クルーズ現地視察リポート 天草編

天草四郎陣中旗

天草四郎陣中旗

10月1日〜4日までのぱしふぃっくびいなす種子島・天草クルーズの事前視察のため、6/26-29まで両地区に行ってきました。天草宝島観光局、天草城観光バスの協力を得て短い滞在期間でしたが、効果的に視察することができました。天草のイメージは天草四郎をはじめとする島原の乱、隠れキリシタンの歴史があまりにも有名ですが、観光ポイントも多くまた海産物の種類も豊富で新鮮!グルメファンにとっても魅力ある寄港地です。天草地方全体に歓迎色が強く感じられま船が入港する牛深港は特に歓迎度が強く、ヘタしたら帰らせてもらえないかも・・です。


対岸より崎津天主堂

対岸より崎津天主堂

全国でも珍しい漁村にある崎津天主堂 ゴシック様式の教会
中はこれも珍しい畳敷きの教会 狭い道幅なので大型バスは村へ入ること自体が禁止されているので、絵になる対岸にまわって車窓からの見学としました。


 

 

こんな狭い路地の先にある天主堂です。個人的またはタクシーにて行かれる方は住民の方に十分ご配慮ください。(特に当日の朝は日曜日の為ミサが行われていますので、特にご注意をお願いします。)


大江天主堂

大江天主堂

崎津天主堂より車で約5分
こちらの天主堂は丘の上に建つロマネスク様式の教会
天主堂へ行く前にバス駐車場横のロザリオ館にて天草でのキリスト教の歴史をわかりやすく3Dにて紹介しています。
是非館内をぐるっと見学してから天主堂に行けば、より理解できると思います。ロザリオ館から約150mの距離(軽い山登り)に大江天主堂がありますが、天主堂前では屋台のデコポンジュースが冷えていてとても美味。約10分のウォーク後に飲むジュースは格別です。是非お試しください。


十三仏公園

十三仏公園

北に妙見浦、南に白鶴浜海水浴場を望む西海岸の景勝ポイント。与謝野鉄幹(天草の十三仏のやまに見る 海の入日とむらさきの波)・晶子(天草の西高浜のしろき磯 江蘇省より秋風ぞふく)夫妻の歌碑もある。駐車場からすぐに展望台なので便利。晴れていたら海の色が美しくもっとすばらしいパノラマが望めます。


イルカウォッチング

イルカウォッチング

天草下島北部のイルカウォッチング
ほぼ100%の確率でイルカの群れに遭遇することができます。
なぜなら、ここの海域にはイルカの餌になる鯵などの小魚が豊富に生息しているためイルカが常駐しているためです。
我々は出港してからイルカと遭遇するまで約15分程度かかりましたが、運がよければ出港後すぐに出会えることもあるそうです。


よーく拡大して見てください。

よーく拡大して見てください。

我々と同じ漁船に乗船されていたのは3世代の家族でした。
この日は風が強く少々揺れがあり、お婆ちゃんが少し怖がっておられましたが、イルカの顔を見た途端今までの少しの酔いもわすれてしまったようで騒いでいました。という小生も少し感激しました。見学船が漁船である理由は間近にイルカを見ることができるためです。でもdon't touchです。写真を拡大してイルカを確認ください。なかなかシャッターチャンスが難しいのでとにかく連写することです。こんなイルカを見ていたら話題の映画「コーブ」は考えさせられます。


 

 

海鮮バーベキュー:イカ・帆立・海老・サザエ・獲れたての丸鯵
ホカホカで匂ってきませんか?オプションで鮑の踊り焼はいかが?


 

 

海鮮どんぶり:きびなご、海老、イカ、鯛などテンコ盛り
あなたはバーベキュー派それとも丼派?悩ましい選択です。
その他、レストランによってうに丼も(食事内容はオプショナルツアーのコースによって異なりますが、どこも美味しい海鮮が主となっています。)


 

 

天草はタコも有名
タコといえば明石のタコが全国的に有名ですが、天草の地元の人によると過去明石海峡でタコが絶滅の危機に陥った際、天草のタコの子供を大量に放流し移民させたそうです。現在の明石のタコの祖先は天草??と皆さん口を揃えて主張されます。是非食べ比べて感想をお寄せください。


 

 

牛深海中公園
牛深港に停泊中のサブマリン号
船自体は乗りやすく安定しているので誰でも乗船可能です。
この海中公園散策ツアーにご参加の方には、ぱしふぃっくびいなすに横付けしてもらう予定です。(牛深コース:定員に達しチャーターできた場合)


 

 

半潜水なので海の中の様子が見やすい 残念ながらこの日は外海が荒れていたので運休 係留中の船内からは岸壁であるにも関わらずグレなどの魚がうようよ悠然と泳いでいた。釣り好きの筆者には羨ましい環境です。


 

 

牛深港番外編1
2009年ぱしふぃっくびいなす牛深港入港時の漁船団による歓迎パレード 本年もお願いしています。


 

 

牛深港番外編2
牛深港は錨泊となり通船を利用します。この小さな船に安全に乗降する為の台船です。牛深港のご配慮です。


秋の種子島・天草クルーズ4日間<10月出発>  電子パンフレットです。クリックしてください。


天草宝島観光協会オフィシャルサイト

投稿者名 LEI 投稿日時 2010年07月03日 | Permalink