臨海副都心に新しい客船ふ頭

クルーズ客船の大型化が進む中、時々ニュースになるのが「大きすぎてレインボーブリッジやベイブリッジをくぐれない船」や「客船ふ頭に接岸できず貨物ふ頭を利用する客船」の話題。
私も以前、ボイジャー・オブ・ザ・シーズの日本発着クルーズに乗船した際、東京港、横浜港共に客船ふ頭に接岸できない為貨物ふ頭から乗下船するという面白い経験をしました。
現在の客船ふ頭の建造当時には予測だにしなかった規模で客船の大型化が進んだということでしょうし、船の大きさを実感できるエピソードではありますが、やはり移動の負担があることは否めません。

そんな中で2015年4月には博多港にクルーズ客船専用ターミナルがオープンするなど、日本国内の港でも巨大な外国船を受け入れるための体制が徐々に整えられています。
東京港でも現在、臨海副都心に22万総トン級の船も受け入れ可能な新しい客船ふ頭を整備中です。
「首都の玄関口」をコンセプトに、4階建て、約15,000平方メートルの解放感溢れるターミナルビルとなる予定で、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会までにオープンする計画とのことです。楽しみですね!

http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/



投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年06月01日 | Permalink

晴海埠頭の展望台


登ってみようかな…。
晴海埠頭の客船ターミナルビルにはそう思わせる何かがある、と思うのは私だけでしょうか。
開放的な幅の広い階段が建物の上まで続き、気が付いたら7階の展望台まで登っていました。


快晴で気温も上がったこの日は絶好の展望台日和で、お台場のフジテレビ本社ビルやレインボーブリッジを背景に船がゆっくりと動いている風景はなかなか素敵です。晴海ふ頭にお越しの際はぜひ大階段を上ってみてください♪



投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2016年05月27日 | Permalink

仙台の武将隊!


クルーズ船が寄港すると、港ではご当地ならではのパフォーマンスやイベントで歓迎やお見送りをしてもらえることがあります。

この写真は先日飛鳥IIで寄港した仙台にて。
最高のお天気の中、美しい松島を遊覧船で観光し、「ずんだどら焼き」を食べ、牛タンのランチをいただき、お土産を山のように買い込み、仙台を満喫。もう1日いたいなぁ、と名残惜しい気持ちで迎えた夕方の出港時間。
仙台港では武将隊がお見送りのパフォーマンスを披露してくれました。飛鳥IIのすぐそばの岸壁で時々乗客と言葉を交わしながら華麗な舞を見せてくれました。かっこよかったです!
ゆるキャラのむすび丸くんもカワイイ。
1日の滞在では味わいつくせなかった仙台。また行きたいな~。
皆さん、どうも有難うございました!


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2015年11月07日 | Permalink

和太鼓でお見送り~飛鳥II @博多港

11月3日、文化の日の祝日、突き抜けるような青空のもと今年4月に新しくできた博多港クルーズターミナルに飛鳥IIが姿を現しました。
飛鳥IIにとって久し振りの博多寄港。これから博多発着 2泊3日の境港クルーズに出発します。



岸壁では福岡市早良区(さわらく)を中心に活動をしている野和太鼓(のわだいこ)の小学生や、女子中学生を中心にしたメンバーが勇壮な和太鼓のパフォーマンスでお見送りです。



広々とした港に小気味よい太鼓の音色が響き渡り、軽快なリズムが出港のワクワク感を盛り上げます。


出港の夕方5時。色とりどりの紙テープが舞う中、飛鳥IIは夕焼けに染まった博多港を境港に向けて出港して行きました。



昨年の博多は、すごく良い天気でも空を見るとなんだか曇っているような日々が続いていたのですが、大陸からの空気がきれいになったのか、今年は青空の日々が続いています。


投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2015年11月05日 | Permalink

長崎港にて〜今年はボイジャーが来るゾ!!


今日の写真は長崎港です。緑豊かな山を望む、気持ちのいい景色の港ですね。

今年は、日本発着クルーズが話題となっているアメリカのクルーズ客船ボイジャー・オブ・ザ・シーズが【ボイジャー・オブ・ザ・シーズで航く 釜山・長崎クルーズ】で長崎港に寄港します。


ちなみにこのクルーズ、5月3日(金・祝)東京発、5月8日(木)横浜着というゴールデンウィークを利用して乗船できる日程で「超おすすめ」です。

長崎寄港は5月6日(月・振休)で、長崎に1日停泊します。

ツアー詳細
電子パンフレット
PDFパンフレット


ところで、このボイジャー・オブ・ザ・シーズ、とにかく大きいのです。どのくらい大きいかというと、全長約311メートル、幅48メートル、高さ63メートル。これは日本最大の飛鳥IIよりも更に70メートル長く、18メートル幅広いという巨大さ!横浜のランドマークタワー(約296メートル)を横にしたよりまだ長いのです。
その大きさゆえに、例えば東京港なら通常クルーズ船は晴海ふ頭に停泊するところ、ボイジャー・オブ・ザ・シーズは大黒ふ頭に停泊する、といったように超大型船を受入可能なちょっと珍しい埠頭に停泊するというおまけ付き。お近くにお住まいの方は、港に見に行ってみては!?



投稿者名 アヒル船長 投稿日時 2013年02月15日 | Permalink