クリスタルセレニティ ビザンチンとカタロニアの栄光〜朝食〜

今回は、クリスタルセレニティのご朝食について
ご案内します。

セレニティでも、船内に日本食のスペシャリティレストラン
「シルクロード」がございますが、
ご朝食でも日本食やアジアメニューが召し上がって
いただけます。

まず右の写真は、日本食の朝食セットです。→
ご飯・お味噌汁に、焼き鮭、お漬物が付いてきます。
お醤油も持ってきてくれますので、安心する味になります。


そして、
←「鶏肉のおかゆ」もあります。
「白かゆ」と、その他1種類のおかゆ、上の朝食セットは
アジアメニューとして、毎日ダイニングルームで
用意されています。


ダイニングルームでは、他にも朝食メニューは充実して
いて、お好きなものをメニューからオーダーいただけます。

右の写真は、「サーモンオムレツ」。→


←左の写真は、「フレンチトースト」です。
朝ゆったり時間のある日には、港の景色を見ながら、
時間をかけ朝食をいただくのもおすすめです!


観光にお出かけで、朝早い日・時間のない日には、
ルームサービスもお勧めです。

ルームサービスの朝食は、専用のオーダーフォームが
お部屋に備えつけてあります。お好きなメニューや、
持ってきてほしい時間をチェックするだけの簡単なものです。そのフォームを前日の深夜までにお部屋の外の
ドアノブに掛けておくだけで、朝には朝食を
運んできてくれます。

クリスタルクルーズは、クルーズ代金に、このルームサービスも含まれています。

他にも、リドカフェでは、
ビュッフェの朝食が頂けます。そちらにも、
おかゆ等のアジアメニューが用意されている日もあります。
ぜひ色々お試しくださいね。


投稿者名 黒うさぎ 投稿日時 2010年10月22日 | Permalink

北欧・サンクトペテルブルグへ VOL.4 〜ヘルシンキ〜

日本から最も近いヨーロッパの国、フィンランド。
その首都、ヘルシンキへ入港しました。
公園や水辺などの、自然との調和も保たれた、「バルト海の乙女」の愛称を持つ美しい街です。


シベリウス公園。
作曲家、ジャン・シベリウスを記念した公園です。


シベリウス公園

シベリウス公園

シベリウス公園

シベリウス公園

市場

市場

 
市場では、海の幸がたくさん並んでいます。
生ものなので、日本に買って帰れないのが残念。
 
マーケット広場では、クレジットカードは利用できませんが、
お値打ちでかわいい品が色々売られています。


ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂

 
ヘルシンキ大聖堂。
この日もお天気が良く、青い空に白い建物が映えてとてもきれいでした。


テンペリアウキオ教会

テンペリアウキオ教会

 
テンペリアウキオ教会。
ダイナマイトを使って岩を掘って造られた、
岩の教会とも呼ばれるめずらしい教会です。
入口は、言われなければ、教会と気づかずに素通りしてしまいそう。
音響効果がいいらしく、コンサートなどにも利用されるそうです。


テンペリアウキオ教会

テンペリアウキオ教会

テンペリアウキオ教会

テンペリアウキオ教会

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ショッピングを楽しみたい方は、エスプラナーディ通りで。
フィンランドには、
マリメッコ・ムーミングッズ・アルテック・イッタラなど、
かわいいおみやげがたくさんあります。


今回は、
お客様のご希望で"LAPPONIA"へ、
現地在住日本人ガイドのお勧めで"ANNIKKI KARVINEN"へ、
それぞれショッピングに行きました。


"LAPPONIA"は、フィンランドを代表するジュエリーメーカー。
デンマークの"GEORG JENSEN"と並んで、北欧全体で人気が高いと言われています。
洗練された、素敵なアクセサリーがたくさん並んでいます。


"ANNIKKI KARVINEN"では、
「ポッパナ織り」と呼ばれるコットン生地を割いて染色したフィンランドの伝統的な織物を扱っていて、
すべて手織りという高級感あふれるカラフルな洋服を購入することができます。


投稿者名 白うさぎ 投稿日時 2010年10月20日 | Permalink

ダイヤモンドプリンセス 東アジア鉄道巡りと美食クルーズ

2010年9月26日(日)〜10月5日(火)10日間のダイヤモンドプリンセス「東アジア鉄道巡りと美食クルーズ」へ添乗に行ってまいりました!


今回のツアースケジュールは
室蘭 ⇒ ウラジオストク ⇒ 釜山 ⇒ 青島 ⇒ 大連 ⇒ 天津(北京) ⇒ 室蘭です!
ツアータイトルの通り、各国で鉄道に乗りながらクルーズで旅をするという少し変わった企画でした(^^)
乗車する鉄道は3種類!ロシアのシベリア鉄道と韓国のKTX、そして中国は天津北京間を走る京津都市間高速鉄道〜!!もちろん旅のベースとなるプリンセスクルーズも、3回の終日航海日で思う存分お楽しみいただけるようなスケジュールでした!


ウラジオストク港に停泊中のダイヤモンドプリンセス

ウラジオストク港に停泊中のダイヤモンドプリンセス

26日に室蘭港を出航し、初めの寄港地はロシア・ウラジオストクです。ウラジオストクとはロシア語で「東方の支配地」という意味を持つ港町です。坂が多く起伏が激しい所から、長崎によく例えられます。
今回、すべての寄港地で郵船トラベルオリジナルオプショナルツアーが用意されており、現地ガイドさん先導の下、少人数のお陰もあり皆様仲良く和気藹々と観光をされていました♪
そしていよいよシベリア鉄道へ乗車!!ほんの少しの時間でしたが、車内ではボルシチや靴下(なぜ!?)の販売があるなどセンセーショナルな印象を受けました。ちなみに皆さん、モスクワからウラジオストクはどのくらいの距離だかご存知ですか?
シベリア鉄道で計算すると…9288Kmにもなるそうです!!ちょっと想像がつきませんね。。


趣のある車両

趣のある車両

9288Km碑

9288Km碑


駅構内

駅構内


KTX

KTX

続いての寄港地、釜山では韓国版新幹線KTXに乗って漢方薬の街、東大邱(トンテグ)を観光しました。ご昼食は体に良い漢方キノコ鍋料理!韓国の料理だけあってとっても辛かったです。また東大邱は漢方薬の街だけあって、漢方薬ストリートなるものがあります。その中心に漢方展示館があり、様々な漢方薬を見て学ぶことができます。本場の漢方薬販売では皆様、漢方キャンディや漢方チョコレートを購入されてました!


下船場所、天津からは中国版新幹線の京津都市間高速鉄道に乗車しました!青島・大連・北京共に感じましたが、中国ではどこでも高層ビルなどの建設中の建物を見ることができます。そして、そのどれもが大きいのです。例外になく天津の駅も巨大でした。中国に来ると本当にその勢いを肌で感じます。


巨大な天津駅!

巨大な天津駅!


天安門も大きい。

天安門も大きい。

ところで、京津都市間高速鉄道は何Kmのスピードが出ると思いますか?実はMAX380Km出るんです。私たちが乗っていた区間は天津北京間115Kmですが、所要時間は実に30分!あっという間でした。
北京では飲茶のご昼食後、天安門から紫禁城を抜けて故宮までの約2時間の散策をしました。しかし、この頃ちょうど国慶節の時期と重なり観光地は人人人…ものすごい人でした。。国慶節とは中華人民共和国の成立が宣言されたことにちなんで制定された日で、この日をはさむ約1週間が大型の連休になるのです。皆様もその人だかりの中、グループから逸れないように必死で歩かれていらっしゃいました。ある意味で、その人だかりと活気が一つの観光になったかも?しれません。


その後、古き良き北京の面影が残り伝統的家屋建築が建ち並ぶ胡同地区を人力車で遊覧。歩き疲れた後の夕方の涼しい風と、観光客のあまりいない素朴な北京の風景に皆様ご満足いただいておりました。北京での宿泊は1900年代初頭からの長い歴史を持つ老舗ホテル・北京ラッフルズホテルです☆最終日はゆったりとお過ごし頂き、翌日日本へと帰国をしました。


今回は室蘭から天津までの10日間のツアーでしたが、来年5月には逆のコースで天津から室蘭までの11日間のツアー室蘭からアリューシャン列島に沿ってカナダ・バンクーバーまでのアラスカクルーズ16日間を計画しております!!詳細につきましては後日WEBでも掲載させていただきます♪また、お問い合わせいただきましたら、パンフレットをお送りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください☆



投稿者名 afro donald 投稿日時 2010年10月15日 | Permalink

クリスタルセレニティ ビザンチンとカタロニアの栄光 〜サントリーニ編〜

ドンキー

ドンキー


次の寄港地は「サントリーニ島」
エーゲ海の島では、抜群の人気を誇る島です。

ここでの、今回の私達の思いでは「ドンキー(ロバ)」です・・・。

サントリーニ島へは、セレニティより
テンダーボートで上陸します。

テンダーボート下船場所から、島の中心「フィラ」の街へは、
580段の階段を徒歩で上る、ロバで上る、ケーブルカーで
上る、と3種類の方法があります。





この日は、ロイヤルカリビアン・MSCと大型客船も
着いていて、島はすごい人・・・。

ケーブルカーは、ツアーに出発する方も使われるので、
30〜40分待ちの長蛇の列。

今回は、ご人数も少なく、自由行動にご一緒させていただいて
いたので、ロバに挑戦することにしました。

でも、このロバ達は本当に気分屋!
いきなり走りだしたり、徒歩で上っている方に激突したり、
かと思えば止まってしまったり。

私も、乗りかけた瞬間に暴走され、それはそれは
恐怖体験をしました・・・。


なので、すごくお勧めはできませんが、体力に自身のある方は
ぜひ一度乗ってみてください。

結局帰りも、ケーブルカーは1時間待ち以上?の長蛇の
列なのでロバで下りました。

船へのテンダーの中では、皆「ドンキー?」と苦笑い。。。
そうです。皆でドンキーのカオリを漂わせてきたのです。。。

素敵なサントリーニ島ですが、こんな思い出も
旅のおもしろさですね!



そんな苦労して上ったフィラの街の景色は素晴らしい♪


カフェで休憩したり。。。
今回停泊中の3船も見渡せます。


お土産屋さんを冷やかしてみたり。。。
サントリーニでは、オリーブの木のから作った器や、
オリーブオイル、コットンの真っ白なシャツ等々。。。
ギリシャらしいお土産が並んでいます。

何をするでもなく、ブラブラとゆったり過ごすことが
地中海クルーズの魅力かなと思います。


投稿者名 黒うさぎ 投稿日時 2010年10月14日 | Permalink

北欧・サンクトペテルブルグへ VOL.3 〜サンクトペテルブルグ〜

クリスタルクルーズ(クリスタルシンフォニー・クリスタルセレニティ)は、
サンクトペテルブルグへ入港すると、2晩停泊します。
乗下船日を含め、3日間滞在することができますので、
ゆっくりと、サンクトペテルブルグをお楽しみいただけます。


私達の乗船したコースは、1日の終日航海日を挟んで、
サンクトペテルブルグへ入港しました。


モスクワよりも観光客は多く、
聖イサク寺院・ピョートル夏の宮殿・エルミタージュ美術館・
地の上の教会・エカテリーナ宮殿など、見どころの多い都市です。


ピョートル夏の宮殿の庭園には、100を超える数の噴水があります。
とても美しい庭園で、よく晴れた空に噴水が上がり、とてもきれいでした。
これは、ポンプなどは使わず、土地の高低差を利用して水が噴き上げられているそうです。


いたずら噴水

いたずら噴水

また、
「いたずら噴水」というユニークな噴水もあります。
どれかの石を踏むと水が吹き出るという噴水です。
子供達が一生懸命、その石を探して遊んでいました。
しかし、この噴水。水が噴き出るのには理由があるのですが‥。
ぜひ、現地で確認してみてくださいね。


エルミタージュ美術館外壁の一部

エルミタージュ美術館外壁の一部

エルミタージュ美術館、エカテリーナ宮殿も、特に人気の観光地です。
エルミタージュ美術館の数多い美術品はもちろんその建築物も見ごたえがありますし、
エカテリーナ宮殿の琥珀の間は圧巻です。
(琥珀の間は残念ながら撮影禁止)


エカテリーナ宮殿

エカテリーナ宮殿

いずれの場所も、あまり大きな手荷物は持ち込めませんので、
お気をつけください。
また、
日本の美術館でイメージされるほど、冷房は完備されていません。
私が今年訪れた日はとても天気がよく、気温も30度前後まであがり、
お客様もたくさんいらっしゃったので、館内は部屋によっては蒸し暑い部屋もありました。


エカテリーナ宮殿では、            床保護の為、靴カバーを着用します。

エカテリーナ宮殿では、            床保護の為、靴カバーを着用します。

天候や混み具合によっては、そんな事もありますので、
服装は、調整できる服装で行かれることをお勧めします。


投稿者名 白うさぎ 投稿日時 2010年10月14日 | Permalink